おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

さくらんぼ描きました。

d0012167_13172016.png


Excel2007でさくらんぼを描いてみました。ここ最近はもっぱらWord2007でお絵描きしていたんですけど、手書き風のさくらんぼを描いてみたかったのでひっさしぶりきちにExcel2007でお絵描きしてみました。

Excel2007だとオートシェイプで図形を挿入した時点でフリーフォームに変換できて、そのまま頂点の編集が可能だし、図形の効果もリボンから設定できて便利だし、色を塗りつぶすのに影とかの濃淡やらを出すのに色を重ねるのですがそのときに便利なぼかしのツールも何種類いか揃っているし、図形の輪郭の奥行きとか厚みなんかの質感の設定もExcel2007だと便利です。
それと、Word2007だと他のアプリケーションソフトで描いた絵をコピーしたものや図形としてファイルした絵などを張り付けるときに使い勝手がよくないんですよ。Excel2007だとそこんとこも自己流お絵描きのおくさまにとっちゃ都合もいいし、便利なんですよ。
ただね、色、のグラデーションの設定がExcel2007だとちんぷんかんぷん。Word2007のほうが設定しやすいのと、お手本になる設定方法がネット上にいっぱい公開されているから便利いいんですよね。

まっどっちも手際良く上手に使い分けて描くのが一番なんですが、まだまだいろいろと試行錯誤中なものですから手際がよろしくないもんですからWordとExcelとのはざまでごちゃつき、そして頂点の編集に翻弄されてマウスであっちゃこっちゃと図形を変形しまくらちよ子にしちゃってぐっちゃぐっちゃになりながらもようやく描けたさくらんぼの実の部分は二度と同じものは描けないという奇跡。まっ、パソコンで描けた奇跡の絵はなんぼでもコピーして貼り付けられるので使い回しとかもいっぱいできるってのが一番ありがたいところ。デジタルデータはすばらしい!

とにかくお絵描きには時間と手間がかかります。まぁね、このお絵描きだけは根気勝負だと思っていますのでゆっくり頑張る!人生は長い!んなこともないかもしれないが・・・もう20年は修行を積む覚悟でお絵描きを楽しみたいです。力作をいっぱい描きたいです。

そんなわけで、このさくらんぼ、茎の部分だけはWord2007で描いてからコピーしてExcel2007で描いたさくらんぼの実に合体させさくらんぼを完成させました。手書き感が伝わるといいんだけどなぁ・・・

完成したさくらんぼだけの絵が ↓ です。

d0012167_13172898.png


ただ、出来上がってから思ったんだけど、手書き風に書いちゃうと、お持ち帰りいただいて素材として使ってもらうにはちょっと使い勝手がイマイチかも的な絵になっちゃいましたのでポラロイド風に仕上げたのがこの本文の上のトップの絵です。

普通に撮った写真や、画像や、マウスアートなんかで描いた絵などをポラロイド写真風にしたいときはネット上にいろいろとそのまま自分のパソコン内に保存してある絵や写真や画像のファイルを参照するだけでパパッとポラロイド風に変換してくれる便利で楽しいサイトさんがいくつかありますのでそちらで処理してもいいんですが、それだと、おくさまはついついそこのサイトさんで遊びまくっちゃって、そっちにハマっちゃうので^^自分でExcel2007で図形効果の影というのをオートシェイプの四角に設定してポラロイド風の土台の絵を描いてそこに写真や、描いた絵を貼り付けられるようにしてみました。回転させてちょっとおしゃれに傾けたりもできますしね。自分では結構うまくいったと思っています。

d0012167_13175622.png


↑ こんな感じのポラロイド風の土台を作っておいて、WordやExcelにペッタンコできるように画像としてファイルしておきました。サイズとかも変更できますしね。あと、これを止めるピンなんかも描きたいと思っています。

そんな感じで、ちょっとだけさくらんぼ素材を描いてみました。お気に召されたのがございましたら右クリックでお持ち帰りいただきますよう・・・あっ、↑のポラロイドの土台も、もし、よろしければ、どうぞっ^^

さくらんぼラインとさくらんぼアイコン(ちょっとデカめ)です。
ブログとかの話題を変えるときの区切りとかで使っていただけるといいんだけどなぁ~って、そう思いながら描きました。透過をしていますが、白っぽい背景で使っていただくほうがいいかもです。

d0012167_13181321.png



d0012167_13183333.png




もうちょっと、今回描いたさくらんぼをアレンジしてブログのワンポイントに飾れるようなのを描きたいです。真夏素材もそろそろ何かテーマを決めて描きはじめたいなって思っています。いいのが描けるといいなぁ~応援よろしく♪

今日もご訪問ありがとうございま~す。
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-07-05 13:44 | お絵描き。 | Trackback | Comments(2)
d0012167_12564843.png


7月スタートですね。今日は梅雨の晴れ間が広がっています。青い空です。暑いけどカラッとしています。お洗濯物が良く乾きます。気持ちがいいです。

Word2007で七夕のお絵描きをしました。3日ほど前から描きだしました。笹のお手本がいくつかネット上で公開してくださっているサイトさんがありましたので参考にさせてもらい、完成させました。

短冊には今のおくさまのほんのささやかな^^四つのお願いを書いて笹に結びました。
この四つのお願いが全部揃って導かれる答えが、ひとつの幸せ^^わたしの、そして、全世界のみなさまの幸せを願いながらのタナボタ七夕のお絵描きでございます。

おくさま、七夕で笹に短冊をつるしたりした覚えがありません。七夕の思い出ってのも今まで何にもなくって、Word2007で七夕のお絵描きしながらひとり七夕祭りごっこをひと足お先に楽しみました^^

背景は天の川をイメージしてみたんですけれど、もっと壮大な銀河っぽい感じに仕上げたかったな~まだまだ修行中なり・・・

天の川って、今は住宅街とかでふつーに肉眼で見ることはできないのでしょうね。七夕を意識して夜空を眺めたなんてこともなかったけど今年の七夕は日曜日なんですね、夜空、眺めてみようかな。四つのお願いがすべて叶いますようにってね^^あっ、雨だと困るなぁ^^

そういえばおくさま、天の川を見たことがあるんです。実は高校生のとき、地学部でした。ほんまですよ~^^2年と3年の夏休み、8月になってすぐのころ、研修旅行で岡山県の備中高梁ってとこのそこそこ高いお山に登ってお寺に泊まってで天体観測をしたんです。

真っ暗闇のお山のてっぺんにシートを敷いて仰向けに寝転がって夜空を見ると夜空がまるごと自分だけのものになっちゃったって感じの贅沢な錯覚の中でひと晩中天体ショーが繰り広げられるんです。

こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブ、夏の大三角形と呼ばれる星座たちもはっきりと見えたんですよ。ちなみに、こと座のベガが織姫さまの星、わし座のアルタイルが彦星さまの星ですよね。一年に一度、七夕に天の川を渡って会うことが許されているんですよね。

そのお山のてっぺんから見た夜空にはすぐ手に届くほどの目の前に天の川が流れていてそれだけでも感動ものだったのに、目の前に流れ星が現れて、流れ星ってね、ふいに現れてびゅ~ん!っと流れてきたと思ったら目の前でポン♪と弾けるような感じで消えてしまうって感覚なんですよ。いくつもいくつも続けて目の前にびゅ~ん!と流れてきて、そして、ポン♪ですからね~そんな体験、初めてだったからびっくりやら楽しいやら、おくさまもだけど、女子部員たちは、大はしゃぎの大興奮^^願い事どころの騒ぎではなかったです^^。なんせ、箸が転んでもおかしいってなお年頃でしたからね^^無邪気な昭和の高校生でした。
天体ショーの翌朝、その高いお山のてっぺんから見た日の出のすばらしさや美しさもまた感動でした。

35年前のあの時の興奮や感動は今も忘れられません。貴重で壮大でキラキラとした高校生のときの体験は一生大切にしたい思い出です。けど、ぶっちゃけ、文化部ですからね、かなり暗めの今でいうところのオタク系の部員達でしたけど、今思い出すといっぱい楽しい出来事があったなぁといろんなこと、思い出します。卒業してからもしょっちゅう集まってたんだけど、今はみんなとはすっかり疎遠になっちゃったなぁ~はぐれてしまったって感じです。連絡取れる相手もいないんですよねぇ~なんでこんなことになっちゃったんだろう^^;
みんな50過ぎてるんだよなぁ~どうしてるんだろうかな。達者で暮らしているんだろうか・・・って、なんか、老けたなぁ。わたしも(笑)


d0012167_19335969.png



さて、さて、そんな感じで、今日は今おくさまがハマっちゃっているちょっと古めのテレビのドラマのことをご紹介がてらブログに書き残しておこうと思います。

『おさな妻』というテレビドラマです。(お写真はファミリー劇場からお借りしました)

d0012167_1446678.jpg


1970年に放送されたドラマで全50話だそうです。今、ケーブルテレビのファミリー劇場ってチャンネルで木曜日の朝、2話ずつ、放送していますのでハードディスクに録画して撮り溜めしています。1話目から観逃さず、6月20日に放送された14話分まで3日間ぐらいで一気に観ました。16歳で4歳の娘のいる男性と結婚し、おさな妻になったひとりの女子高校生の日常と成長を描いた物語です。

『おさな妻』という映画もあります。ちょうどこの5月にケーブルテレビで放送されたのを録画しておいたドラマよりも先に観たんですが、映画のほうも1970年公開で主人公のおさな妻・玲子ちゃんを演じたのが関根恵子さまで、旦那さんは新克利さまでした。
主人公の玲子ちゃんがなぜ16歳でおさない娘さんのいる年の離れた男性との結婚に至ったのか、その身の上ばなしをこの映画で初めて知ったのですが、そういうことだったのね~と、納得させられる事情があったので、おくさまにとってはとても意外なストーリー展開でした。
関根恵子さまは当時15歳でおさな妻を演じたそうです。ぷるんとした若さや可愛さも感じられるんですけれど、なんだろう、湿気までもがもう出来上がっちゃっている女優さんという感じがしちゃって新鮮味が感じられなかったのがちょっと残念だったかも。そんな目で見ちゃいけないんだけど、関根恵子さまをついついみだらな目で見ちゃうし、ふけつだわ!ってな感じの登場人物がわんさかで・・・
新克利さまなんてなんだかやりにくそうで、難しい顔してたなぁ~ぎくしゃく感が出ちゃっているような気がしてちょっと気の毒だったかな。子役のまゆみちゃんを演じた子の印象があまり残らなかったです。なんか全体的に、暗くってモワァ~とした独特の蒸れた感じが漂ってたなぁ。大人たちもおさな妻も孤独で少し息苦しささえ覚えるほどの閉塞感もあったけど、この映画の持つどぎつさや独特さはこれはこれでまたいい感じだったと思う。結婚を決めるまでとおさな妻になってからの主人公の玲子ちゃんが抱く戸惑いが関根恵子さまを通してやるせないほど伝わってきたので、すごい女優さんだなと思いました。


さて、テレビドラマのほうの『おさな妻』なのですが、これがまたなかなかのもので・・・意外や意外、めっちゃ、いいんです。
1970年ですから昭和45年ですよね。万博の年ですね。暑いさ中、親の希望でどっかのパビリオンに入るのに並び疲れちゃってへとへとになったこと、意味もわからず「エキスポ!エキスポ!」と連呼してスキップしまくっていたちびっ子の頃を思い出しちゃいました^^おくさま、いわゆる、いちびり世代まっただ中の8歳でしたのでちょうど物心がついたぐらいのお年頃(遅い?)でしたのでこのドラマの当時の時代の雰囲気や空気感は記憶の奥のほうに残ってるんですよ、もちろん、このドラマ、当時に観てなんかなかったけど、今観ていて懐かしいんですよね、それでいて、人々の営みとかそこに流れている風景とか、映像の中のあの頃の時代そのものや人間模様も含めて映し出される何もかもが新鮮な感じがして、社会派ドラマの要素も含んで学園ドラマもからませてホームドラマが展開されて、毎話ごとにいろんなテーマに沿って主人公の16歳のおさな妻、玲子ちゃんがいろんな出来事を経て戸惑ったり悩んだり、時には失敗もして、世間や世の中に揉まれながらも明るく前向きに一生懸命に青春しながらも家庭と学生生活を両立させ、妻として、母として、ひとりの女性として奮闘し、成長してゆくって感じにおはなしがぐんぐん展開していて毎話ごとにわくわくさせられちゃってとても楽しいドラマだと思います。
CGとかで再現されたものじゃなくありのままのあの頃の、ドラマの向こう側に見える実際のあの時代の姿や市井の人々の姿そのものまでもが尊いものだなと思いながらこのドラマを観ています。この頃って勢いのある時代だったんだなってことも感じられます。

主人公の玲子ちゃんを演じるのが麻田ルミさま。好感の持てるウブさがとてもいい感じのしっかりした高校二年の女の子。16歳。ちょっと背伸びしてるところが危なっかしいけど青春まっただ中。
で、1話目にしか出てこなかったんだけど森光子さまがお母さんなんですよ。母娘、たった二人で肩寄せ合って暮らしていたんですがお母さんが急死。
美容院を経営する叔母さん演じる春川ますみさまの家で暮らすことになりました。叔母さんの旦那さんが名古屋彰さま。ちょっとこのおじさんとゴチヤついたので居づらくなってひとりアパートを借りて暮らし始めました。
その同じアパートに住んでいたのが黒柳徹子さま。よぉ~しゃべります^^黒柳徹子さまワールド全開!動きがすごいんです。機関銃のごとくしゃべるし、動くし、なにかにつけて大騒動。最初は玲子ちゃんの旦那さんを狙ってたんだけど、松山栄太郎さま(パパと呼ばないでのチーボーの実の父を演じたひとです。たとえがアレですが^^;)に惚れられ結婚しラーメン店のおかみさんになります。玲子ちゃんが結婚してからもなにかとうるさく^^世話を焼きたがり、世話を焼きまくります。うるさいったりゃありゃしない^^けど、にくめない。黒柳徹子さまの演技はとても貴重な映像ですが独特のペースです。玲子ちゃんはこのペースに決して巻き込まれたりせず、いいお付き合いが続くことになります。そこらへがもう大人です^^

d0012167_1951160.pngアパートで独り暮らしを始めた玲子ちゃんは自分も通っていた幼稚園でアルバイトすることになりました。そこで園児のまゆみちゃんという4歳の女の子と出会います。お母さんを亡くしたばかりで玲子ちゃんに懐きます。このまゆみちゃんという女の子がめっちゃ可愛いんです。身長1メートルぐらいかな、ちょうど、3頭身世代^^。おくさま、子役と動物が主役という映画やドラマは苦手です。そんな子役嫌いなんですが、家政婦の三田さんできいちゃんを演じた子役の女の子にはメロメロになっちゃいましたが、そのきいちゃんを超えるくらいメロメロになっちゃったのがこのまゆみちゃんって女の子です。この子の存在がこのドラマのアットホームな雰囲気をゆるぎないものにしているようにも思えます。。
まゆみちゃんとの出会いが玲子ちゃんの運命を決定づけます。まゆみちゃんの父親と出会い、いろいろありまして、もちろん悩みもしましたし、たくさんの戸惑いもありましたが、結婚することになりました。

旦那さんは吉川さんといって井上孝雄さまが演じています。おくさま初めて観る俳優さんですが江守徹さまの若い頃みたいな感じです(って、また例えがアレですね^^;)。落ち着いた方です。この旦那さんなら、亡くなった玲子ちゃんの母を演じた森光子さまも安心だろうなって思えます。出版社に勤めるサラリーマンです。前妻を亡くして団地でまゆみちゃんと暮らしていました。そこに玲子ちゃんが、嫁ぎました。この旦那さん、とても思いやりのある人です。娘のまゆみちゃんも、思いやりのある子です。この旦那さん、すごく大人です。玲子ちゃんのことをきちんと尊重しています。夫としておとなのアドバイスのできる旦那さんなので家庭もしっかり落ち着いています。ウチの相方、見習ってほしいほどです。
で、まゆみちゃんの祖母が沢村貞子さまで人情味あふれる親分肌のところがあって玲子ちゃんの理解者のひとりです。
そして、おさな妻など認めないってヒステリックに息巻くのが学校の教頭先生の初井言榮さまなのですが、まさにはまり役。上手い演技です。玲子ちゃんが通う学校の同級生の高校生たちってすごく大人っぽいです。しっかりした考えを持っていて、先生に対してでもきちんと自分の意見を言えるってのがすごいなって思いました。おくさまなんて高校の頃はもっと子供だったし、ダサかったし、暗かったし。なんせ、地学部でしたしね^^流れ星に興奮していたくらいですから^^世の中のことも知らないことがいっぱいだった。結婚なんて、おぼこい子やったから考えたこともなかったです。が、大野さんのお嫁さんになりたいという夢は持っていました。大野さんって誰?ってはなしですが・・・ウチのお母ちゃんは掛布ちゃんのお嫁さんにしたかったようです。なんのこっちゃ^^アホな母娘でした。

妻、母、高校生、3役をこなす玲子ちゃんの日常に起こる様々な出来事から当時の社会が見えてきます。結婚したことで世間や世の中との関わりが深くなって苦労もあるけど玲子ちゃんの世界が広がったようにも思えます。
玲子ちゃんを取り巻く周囲の大人たちは玲子ちゃんを吉川さんの奥さんとして、まゆみちゃんのお母さんとして、ひとりのおとなの女性として、おとな目線でおとなのアドバイスをしてきちんと玲子ちゃんと向き合っているってところがこのドラマの好感が持てるところでもあります。
もちろん、玲子ちゃんも、未成年で高校生であっても結婚するということで大人としての責任を負うということもきちんと感じていて一生懸命に生きようとしています。それになんてったって、森光子さまが育てた娘ですからね^^玲子ちゃんはきちんとしつけられた女の子ですのでしっかりしています。ときどき、団地の奥様方でちょっと厄介な集団のみなさまもいらっしゃって頭の痛い問題にも直面したりもしますが、それもまた、世間というものですしね。これからドラマはどのような展開になってゆくのかとても楽しみです。それに毎回、豪華でなじみ深い懐かしい昭和を彩った俳優さんたちが登場してくるようですのでまた数話分を撮り溜めして一気に観るつもりです^^

『おさな妻』からはいろいろ学ぶことが多いです。おくさまは、おいた妻ですが・・・


また長いお話にお付き合いさせてしまっちゃいました。すみません。書きだすと、止まりまへん^^;
今日もご訪問ありがとうございました。それではみなさま、7月もスタートしましたし月曜日の夜ですので1週間がスタートした日です。お疲れ様でございました^^それではおやすみなさい^^あぁ~いっぱい書けて、すっとした~(笑)
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-07-01 23:21 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(2)
d0012167_14593494.png


Word2007で描いた紫陽花です。まだお絵描きを始めたばかりで日々、猛特訓と猛練習あるのみという2年前の梅雨時にネット上で公開されているお絵描きのテキストを参考にさせていただき描いたのを今日、少しアレンジして仕上げました。来年の梅雨にはもっと違った感じの紫陽花を描いてみたいです。

紫陽花の葉っぱに乗っかった滴に苦戦しました。どうにか描けたのですが、この滴をどう配置すればいいのかが今後の問題点です。もっとさりげなく自然な感じに雨上がりの滴を表現できるといいんだけどなぁ~。まだまだこれから、いろいろとお手本を見つけては楽しく柔らか頭で心豊かにお絵描きに精進したいなって思っています。応援よろしくお願いしま~す♪^^

さて、金曜日の夜、「インディペンデンスデイ」が金曜ロードショーで放送されました。ご覧になりましたか。おくさまは地上波で映画は観ない派です。コマーシャルが入るのがちょっといやなんですよ。
この映画は、おくさま、大好きな映画の一本です。スクリーンでは観てはいないのですが図書館でビデオをお借りして観たことがあります。めっちゃ興奮して感動したのでもういっぺん観たいなと思い、先日図書館でDVDがあったのでお借りしてきました。11年ぶりに2度目の鑑賞となりました。やっぱりめっちゃ大好きな映画です。テレビの地上波だと放送時間が2時間ですよね。この映画たっぷり2時間以上の上映時間なんだけど、そこんとこどうなってたのかな。
ちょうど、テレビでこの映画を放送している最中にこのブログを書いています。


ってことで、どんな映画なのかと申しますと・・・

d0012167_16303360.jpg



1996年/アメリカ/145分  SF  原題:Independence Day (ID4)

7月2日、惑星から惑星を渡り歩きながら資源を吸収していく謎の異星人を乗せた巨大宇宙空母が地球に侵入してきました。
世界中の主要都市にやってきた巨大空母はその都市の上空を覆い尽くしてゆきます。それほど巨大な宇宙空母です。
アメリカ政府は異星人とのコンタクトを図ろうとしましたが宇宙空母は一斉に世界の主要都市を上空から容赦なく攻撃しはじめました。
爆破され逃げ惑う人々。廃墟と化す主要都市。地球滅亡の危機が迫ります。人類の運命はいかに・・・
7月4日インデペンデンス・デイ、アメリカ独立記念日にアメリカ大統領の指揮の下、人類は史上最大の異星人退治大作戦を開始します。異星人たちとの壮絶な戦いが展開します。

人類VS異星人。愛と勇気とアメリカが人類滅亡の危機を救うという大スペクタルものでございます。
スケールのデカい破壊力、派手な爆破シーンも多いんだけど、重苦しさがないんですよ。迫力満点で遊び心満載のシーンが続くし、息つく暇もない展開でおはなしがグイグイ進みますので結構時間が長いことや多少のそんなわけないやろってなツッコミどころなんかはこの映画のおもしろさや楽しさを差し引いちゃうとチャラってことになります。
おくさま、こういう映画にはめっちゃ興奮し感動します。『アルマゲドン』や『ディープインパクト』にも似たような興奮と感動がありましたが。こういう映画って無条件に楽しく観れて大好きです。50を過ぎたおばちゃんやのにアドレナリンが噴出し気持ちが若返ってくるのが自分でもわかるほどです。めっちゃ楽しめる一本です♪

初めて観たのが2004年のちょうど今頃です。図書館でお借りしたVHSのビデオで観ました。今回はDVDがあったのでそちらをお借りしてきました。
11年前に観たとき、おくさま、アメリカの大統領はてっきりマイケル・ダグラスさまやと思いこんでいましたが、えらい勘違いしてたことが判明し、自分でもびっくり^^;


d0012167_19244516.jpg


ビル・プルマンさま。という俳優さんです。この映画でしか観たことがないです。

このアメリカの大統領、はっきりいって、かっこよかったです。おくさま、好きです。妻にはすぐにバレバレのかわいいウソついちゃいます。ご夫婦仲は微笑ましく幼いひとり娘がいます。家族を愛しています。

まさにこれから人類初史上最大の異星人退治大作戦で出撃しようとしたときの大統領の演説を真剣に聞き入っちゃいました。これには大感動で胸が熱くなりました。こっぴどい攻撃を受け地球滅亡の危機に晒されもう後のない一か八かの戦いに各国が力合わせて出撃するぞってときにもう勝利を手にしたかのような力強く頼もしい演説に感極まり泣いてしまいました。

そして自ら先陣を切って戦闘機に乗り込んで巨大空母に攻撃していた大統領がめっちゃかっちょよく大興奮でした。なにしろ、元空軍パイロットというから驚きの設定。
そうよ!世界は、こんなリーダーを求めてもいるのよ。と、熱くなりながらも、観終わってからちょっと冷静になってみるとこの大統領ってたんなるおっちょこちょい^^


で、この大統領が一方的に妻を奪ったと思い込んでしまっているケーブルテレビに努めるジェフ・ゴールドブラムさま。

d0012167_20261437.jpg


異星人より、おが顔怖いのとごっついがたいとで迫力ありすぎるんだけど、最初、ちょっとださく、さえないし、かっこ悪いんですよ。で、この人のお父さんがずっとこの人から離れなくって、なにかとごちゃごちゃとこの人にアドバイスするんですよね。ちょっとうざいんだけど、なんかこの親子、にこいちでにくめない。

元妻は大統領の秘書なんです。ジェフ・ゴールドブラムさまは未練たらたら。妻を取られたと思い込み大統領をぶん殴ったとかで・・・

どうやらこのジェフ・ゴールドブラムさまはエンジニアとしては天才のようで、巨大空母の特徴とその弱点を発見します。そしてウィル・スミスさまと、敵の小型宇宙船に乗って地球の外に待機している敵の巨大空母の本体へ乗りこんで弱点を突っつきに行くことになります。
元妻は地球を守るために小型宇宙船に乗るジェフ・ゴールドブラムさまに惚れ直します。地球を守るために決死の覚悟を決めた男はかっこいいです。でもおくさまはこの人、怖くって。幸いにもこの映画でしか観たことがありません。


そして、優秀な空軍パイロットのウィルスミスさま。

d0012167_22284813.jpg


ダンサーのガールフレンドがいてそのガールフレンドには幼いひとり息子がいて3人家族って感じです。このダンサーの女性、めっちゃ可愛い~かしこいし、しっかりしている。

ウィル・スミスさまは若さにあふれています。まだ20代後半ぐらいでしょうか、演技にも若さがいい感じに出ていて可愛げがあってすごくいいんです。
巨大空母を攻撃するために戦闘機で出撃しましたが次々と戦闘機は跳ね返され撃ち落とされます。異星人たちの小型機と戦闘機で一騎打ちとなります。撃墜し一匹の異星人を砂漠で捕らえ、どついてから生け捕りにします。仲間を失った悔しさが破裂していました。気絶した異星人を引きずって砂漠のようなだだっ広い荒野みたいなところを歩き続けます。アメリカってデカいですね。
壊滅された基地を前にし、哀しい表情を見せたウィル・スミスさまにちょっとウルッときちゃいました。おくさま、この映画でしかウィル・スミスさまを観たことがありません。

そして、泣かせてくれましたのがランディ・クエイドさま。

d0012167_23112352.jpg


アメリカのどっかの郊外で農薬を飛行機で撒く仕事をしてますが、お酒におぼれ、宇宙人にさらわれ人体実験されたと騒ぎ、周囲からも子供たちからもすこし疎まれていましたが元はパイロット、インディペンデンスデイにパイロットを志願し戦闘機に乗って戦いに出ます。そしてとどめをさしてくれます。泣かせてくれました。この映画にはランディ・クエイドさまをめぐる浪花節的なストーリーも存在していました。

ってか、この、味のあるおとっつぁん、どっかで見たことあると思ったら『デイアフターツモロー』に気象学者で主演したデニス・クエイドさまのお兄さんでした。びっくり。実は初めてビデオで『インディペンデンスデイ』を観た後すぐに『デイアフターツモロー』スクリーンで観たんですよ。映像はめっちゃすごかったんですけど、人間ドラマがこけてました。比べるってのもアレなんですが『インディペンデンスデイ』のほうがはるかに良すぎました。2004年の梅雨どきごろですが、その時は全く気がつきませんでした。今回新たな発見です。でもこのランディ・クエイドさまもこの映画でしか観たことがないです。

異星人っているのかなぁ。人類以上の科学を生み出した異星人が宇宙に存在してたら怖いな。こっそりと世界のどこかの国とかでは異星人とかに攻撃されたとしても戦えるような研究とかをしているところがあるんだろうか。でもそんな異星人たちに攻め込まれでもしたら逃げるしかないんだろうか。逃げ切れるのかなぁ。いざってときには地球は、それぞれの国はひとつに結束できるんだろうか。難しいかもな。せめて、自分の家族だけでも結束しておこうっと。まずは小さな結束から固めておくのがいいと思うんだけどおくさま、相方と結束できるかなぁ~^^夫婦で足の引っ張り合いばかりしていたらいざって時、どうにもなんないなぁ~^^;ってか、日本が人類を救うとか日本が地球を救うというようなそんな映画ってないのかなぁ。


また今回の更新も長いおはなしになりました。お付き合いくださり、ありがとうございました。

夢中で『インディペンデンスデイ』のことを書き散らかしていたら、日付がかわっちゃいました。
明日はといっても、もう今日ですが、晴れ間が出そうなので、溜まった洗濯物、乾くといいなぁ~暑いのは嫌だけど、やっぱりお日様ってありがたいものです。

ではみなさま、すてきな週末をお過ごしください。天気予報の新しい情報をしっかりチェックして、気をつけて過しましょう。
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-06-22 00:31 | 最近観たちょっと古い映画。 | Trackback | Comments(4)

痛い出費。

d0012167_14145097.png


土曜日でございます~降りそうで降らなさそうでしたがやっとこさでお昼を過ぎてから雨が降り出しました。いい感じの雨です。降り出したらむしむししたきしょく悪さがほんの少し和らぎました。雨もいいもんだなぁなんて思ってしまいました。
なんだろう雨が降り出したとたんにふと雨のにおいが感じられました。言葉では表せないんですけれども雨のにおいというのがあるんですよねぇ~懐かしいというか優しいというか・・・
雨ににおいを感じた事はありませんか?

いい感じの雨です。このまま恵みの雨という感じに降ってくれますようにと願いを込めて傘と雨とアジサイの絵を描きました。描きましたとは言え、傘も雨もアジサイも、2年前にWord2007で描いたのをちょっとアレンジしただけです。去年は5月から今年の2月頃まで、お絵描きもできない暮らしっぷりでしたので今年は梅雨の絵を何か新しいのを描こうと思ってはいたのですが、相方病気大騒動と梅雨入りはしたけれど雨降らずという暑い日が続いたのでお絵描き気分に熱中できず、まだ今年の梅雨の絵を新しいのが描けていません。でももうまた、何か新しい真夏の素材のお絵描きを始めないと季節の流れに追いつかないほどなのでとりあえず、2年前に描いた梅雨の素材をちゃっちゃかちゃぁ~とアレンジして ↑ の絵を完成させました。これがいっぱいいっぱいっちゅうところが、苦しいところなんですが・・・^^;
もしよかったら右クリックでお持ち帰りいただいても結構です。透過はしていますが、サイズとかは、適当にお好みでやってくださっても結構ですので。前回の記事のりんごのウェルカムの絵もお持ち帰りくださって結構ですので^^


さてっと・・・

今日は、前回のブログを更新したときにもちょっと触れましたが、おくさまを襲った悲劇の大出費疑獄事件をブログに書き残しておこうと思います。いかなる長文になろうとも(笑)毎度、毎度のことで、すみません。
ってか、疑獄とはいえ、決して政治がらみや賄賂がらみではございません。それやったら疑獄とはちゃうんですけれど、なんか大げさなタイトルをつけ、小さな出来事を大げさに騒がんことには出費の代償が割りあわんのです・・・オイッ!。
え~っと、前振りがまた長引いておりますが結論からいえばエレベーターがらみの大出費事件が起こってしまったってだけのことなのでございます。って、はなし、長っ!それがどないしたねん!ってことなので、どないしたのかをこれからおはなししたいと思います^^やれやれ、やっと本文でございます^^


それは、10日ほど前のことです。

お昼前、2階で掃除機をかけ終わったとき、相方が営業途中にお昼ご飯を食べに帰ってきたので大慌てでエレベーターに使い終わった掃除機を乗せました。数秒後に自動的にエレベーターの扉は閉じますので掃除機を乗せたまま、おくさまは階段で1階へ降り、キッチンで相方のお昼御飯の用意をしていたんです。そしたらエレベーターから、ピピピピ~ってな音が鳴り始めたんです。エレベーターの異常音です。実はよくへたこいて異常音を鳴らしちゃうことがあるんですよ。。掃除機のコードとかがエレベーターから出っぱなしとかだと扉がひっかかって閉まらずに異常音が鳴るとかってね。だからまたそれやろと思ってたんです。

d0012167_1514163.jpg


おくさまは2階へ階段で上がったらエレベーターの扉は閉まっているんです。けどその異常を知らせる音はうるさいほど鳴り続けエレベーターの扉をあけるボタンを押しても扉は開きません。で、2階で止まっているはずのエレベーターを1階へ下ろそうとしてエレベーターの外に付いている呼ぶボタンを1階から押しましたがエレベーターは動きません。異常音は鳴りっぱなし・・・

思えば、家を建てる前、相方がどうしてもエレベーターをつけると言い張り、そんなもん要らんというおくさまと大喧嘩になりました。でも相方は譲らず、エレベーターをつけました。そのエレベーター、相方は初めの3か月ほどはいっしゅく乗って昇ったり降りたりして無邪気に遊んでいましたが、遊び飽きたらぱたりと見向きもしなくなりました。欲しいと思ったらその時だけしゃかりきに欲しがります。人の意見は聞きません。そういうお人でございます。高いお買い物でした。おくさまはエレベーターは苦手です。狭い密室がまるっきしアカンのです。だからおウチのトイレも開けっ放しで用を足します。万一、ひとりの時に乗って止まってしまったりでもしたらと想像しただけでも寿命が縮みあがります。エレベーターに人が乗らなくなって7年になります。
ウチのエレベーター内には掃除用具(掃除機、ダスキン、クイックルワイパー、ほうき)と高枝切狭、室内洗濯物干しの収納箱となっておりました。たまにケース買いするおビールを2階の冷蔵庫に入れるときとかに乗せて2階へ上げます。

ときどき掃除機のコードはよくエレベーター内からはみ出したりとかしても扉がひっかかって異常音で知らせてくれていましたのでコードをちゃんとエレベーター内に入れたら問題なかったりもしました。だから今まで大きなトラブルは起こらなかったのですが、エレベーターの扉が全く開かない、呼ぶボタンを押してもエレベーターは2階から降りてはこないということなので、とうとう、故障しちゃったのかと思いました。とりあえず、エレベーターのブレーカーを落とし、異常を知らせる音を止め、エレベーターに鍵をかけ自動的に動かないように完全にエレベーターを止め指定のメンテナンス業者へ電話したら夕方、専門技術者がきてくれることになりました。

その間、決して、エレベーターの扉をこじ開けたりはしないようにとのことでした。そして、専門技術者の出動費用が基本料金として25,000円、作業代が1時間につき5,000円、最低税込みで31,500円のお支払いとなりますとのことでした。高っ!しかたないです、メンテナンス契約を結んでいなかったのですから。

エレベーターってね、メンテナンス契約を結んで毎年点検とかしてもらわないといけないのです。けどウチはその契約はずっとしておりませんでした。オイッ!だって、タダ、ちゃいますからね。年に1回点検してもらって緊急出動や修理依頼とかの保障や専門技術者の出動費(部品代金は別途取られますが)がチャラになるとかで年間一括お支払い費42,000円(分割月払いで3,675円/月)という出費になります。


点検もしたことないし、もしかしたらエレベーター撤去ってことにでもなったらどんだけの出費になるんやろ、せめて1時間以内で解決してくれと祈るばかりでございました(祈ってばかり)。

で、夕方専門技術者の方1名と、作業員の方1名、合計2名が来てくださいました。相方も営業途中に自宅へ駆けつけました。こういう作業を見ておくこともお仕事のひとつですから。

d0012167_1602630.jpg


ブレーカーを入れ、電源を入れ、まずは1階のこの赤い部分のエレベーターの設置場所側の扉の上の部分の隙間に技術者の方が懐から出してきた薄っぺらい四角い定規のような金属製のヘラをひょいと突っ込んだかと思ったら堅く閉じていたエレベーターの扉を片手でするっと開きました。約3秒の早業でございました。まるで手品。

「すんません、もう一回、やって見せてください」とエレベーターの扉の開け方をおくさまもマスターしたくなったのでお聞きしましたところ作業員の方が、これは専門の技術を持っている資格のある者でなければやってはいけない決まりになっていますとあっさりと断られちゃいました。ちぇっ。まぁでも当然でしょうね。この技術者の方、頂いたお名刺には昇降機検査資格者認定番号という番号が書かれていました。ちなみに肩書は部長さん。おくさま、肩書に左右されることが多い。すんません。

1階のエレベーターの扉が開きました。2階にエレベーターの昇り降りする箱(かご)そのものが止まった状態だということが確認できたので続いて2階のエレベーターの設置場所側の扉も専門技術者の方がさっき使ったヘラを上部の隙間に突っ込みまたまた約3秒ほどの早業で扉を開いたらエレベーターの箱(かご)側の扉が開いたままになっていてその扉の下のレールに掃除機のコードが引っ掛かっていいました。
そのコードをエレベーターの箱(かご)内に入れ、1階へ降りるボタンを押したらエレベーターの扉は何事もなかったかのように閉じ、見ごと1階へするすると降りてゆきました。約30秒ほどで作業完了。たかがそれだけのことで31,500円ってことです。高っ!なんてこったのぱんなこった・。・


いったいどういうこと?


d0012167_16245385.jpg


エレベーターには設置場所の乗り場(降り場)側それぞれ扉が付いています。2枚扉になっています。その設置場所の中にエレベーターの箱(かご)が入っていて、その箱(かご)が昇ったり降りたりしています。
エレベーター内はエレベータールームと呼ばれているそうです。そのエレベータールームの箱(かご)側にもまた2枚扉が付いていてその扉は昇ったり降りたりするときには閉まります。エレベーターの外側からはその箱(かご)側の扉は見えません。

↑ お写真の赤線の部分、2本が設置場所の扉のレールです。青線の部分、2本がエレベータールームと呼ばれるエレベーターの箱(かご)の扉のレールです。掃除機のコードがちょうど、箱の扉側のレールの上、黄色い○印あたりで引っ掛かっていたことが今回の大騒動の原因です。どうやら一番運の悪い部分に引っ掛かってしまっていたようです。掃除機のコードに当たってしまったので箱(かご)側の扉が閉まらないまま設置場所側の扉が閉まってしまったことからエレベーターは異常を察知し異常音が鳴りだしエレベーターが止まってしまったそうです。エレベーターの設置側、エレベーター内の箱(かご)側、その両方の扉が閉まっていなければ異常ということになるのです。中に人が乗っていたとしたらそのコードを内側から取り除けてエレベーターは普通に動いたそうです。赤線の部分にひっかかっているか、エレベーターの外側に完全にコードが出てしまったとかだったとしたら設置場所側の扉が閉じないのでコードをエレベーターの外側から取り除けたんです。ついてへんなぁ~と思いながらも、待てよぉ~もしかして、このエレベーターの仕組みをからめてミステリーのトリックとかに使えないかなぁ。たとえば、ガリレオとかで(笑)あっ、鍵のかかった部屋の硝子のハンマーとかでもいいかも。どっちも月9(笑)

とりあえず、設置してある電話とか基本的な点検作業してもらって約20分で作業完了。お支払いをしようとしたら、別途請求書を送りますということでした。専門の技術者さんはお客様との間で現金を扱わないことになっているんだそうです。こういうこともございますのでメンテナンス契約をおすすめいたしますのでとおっしゃっておりましたが、なんせ、年間42,000円っちゅうのんは痛い。よく考えてみたら、7年間、契約してへんのですよね約30万円、だから、今回の31,500円の出費、お安いと思おう。

って、思えない。ぜんぜん、思えない。

ってか、なんで、メンテナンス代もこんなに高いんよなぁ~と言ったら相方が「エレベーターちゅうのんは、比較的お金持ちがつけてるだろ、だから高くしてるんだよ。払えそうだからね」と言いましたので、それやったらお金持ちやなかったらエレベーターなんかつけたらあかんっちゅうことやな。と言ってやりました。今回のことで、相方もそういうことを学習したはずだと思いたいです。それやのに「オレでもあんなヘラみたいなのがあったら開かなくなったエレベーターの扉開けられるで。なんかコツあるみたいやし。1回見たらわかる」なんて言い出しました。ほんまにあほなこと言い出します。昇降機検査資格という資格がないとあかんのよ。国家試験なんやで。専門の知識を学んだ学歴もいるし、経験もいるし、難しい資格なんやで。素人のあんたごときが絶対やったらあかんよ。エレベーターというのは人の命を預かってるんやで、財産かって乗せてるんやで、その根本的なものを守らなあかんしな。ほんまにもう・・・なんちゅうこと言い出すやら。

しっかし、痛い出費やなぁ~もっとごっつい難儀な作業したとかちゅうのんやったらあきらめもつくけど、実質、たった30秒ほどの作業やったもんなぁ~でもそういう国家資格を持ってる人やないと開けられへんのやしなぁ~と思ったら仕方のない出費なんやろなぁ。お支払いのほう、まだ、請求書が来ないけど、永久に来なければいいのになぁ~

d0012167_17385475.jpg


もう、エレベーターの中にはなにも入れないようにしよう。掃除機も持ったまま階段昇ろうっと。こんなことになるんやったら2階で使うための掃除機もう一台、買うといたらよかったわ。31,500円あったら、ええ掃除機買えたし、お釣りまで出たのになぁ~痛い出費でした。


ってことで、今日もまた長いお話にお付き合いくださりありがとうございます。

明日は日曜日ですね。こちらは晴れの予報が出ております。みなさま、どうぞ、すてきなビューティフルサンデーをお過ごしください。ではまた・・・
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-06-15 19:32 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(10)
d0012167_1472183.png


まさかもう8月?ってほどの夏空が広がっております。めっちゃ暑いですがすごく気持ちがいいです^^
早くに梅雨入りしたのに梅雨らしい雨が降ることもなく水不足が心配になってきました。窓を開けるとなんだか砂っぽい感じがします。まるで砂漠にいるかのようで、おくさま、ひからび気味でございます。

昨夜はエアコン入れました。寝ようとしても寝苦しくって。タイマーかけて1時間ほどですが気持ちよく寝入ることができました。節電心がけたいし、まだ6月も半ばなのに、けど、こう暑いと・・・それにしてもエアコン入れると気持ちがいいですね。エアコンって、いいお仕事してくれますね。ほんのちょっぴり贅沢ぶっこいちゃいました。

おくさまは5月の後半、相方が連日連夜午前様でしたので、5月分の暮らしっぷりとお絵描きしたのをブログで更新することができたので6月の初めごろは家事はそこそこゆる~くこなしつつ梅雨時のお絵描きに夢中になりながらすてきな暮しっぷりをちんたらちんたら楽しく過ごそうと思っていたのです。

ところがどっこい。

思いもよらない出来事がいつなんどき起こってくるかわからないのが五十路を生きる女の人生なのでございます。


相方がまたとんでもない病魔にいきなり襲われました。人生最大の男の大ピンチに立たされ大騒動をひっくり返しました。その大騒動におくさままでもが巻きこまれるってのが夫婦の宿命とでも申しましょうか・・・

すったもんだのこの半月、相方にさんざん降り回される日々をじっと耐え忍んでおりましたおくさまはへとへとでございます。正直、精魂尽き果てました。

そんなわけで、今日はブログに相方が患った病気とその事の顛末をたとえどんなに長文になろうとも(笑)、きちんと、書き残します。

あらかじめお断りしておきますが、これから書き残そうとしている事実関係はちびっこたちや若いお嬢ちゃま方にとりましてはもしかしたら不適切かもしれないかもしれませんので(って、まわりくどくってごめんちゃい^^;)・・・
そのうえ、かなり、デリケートな領域に踏み込むようなおはなしになっちゃいそうなので大変恐縮なのですが・・・
大人の女性のみなさまにとっても大人の男性のみなさまにとっても何かのご参考にでもなれば幸いと思い、筆をとりました。筆?・・・



発病当日。

5月30日木曜日。相方は休日。何日も前から連日連夜の不摂生が続いていた相方はこの日も午前様でご帰還し、リビングのソファーで力尽き、おパンツいっちょうでソファーで寝ねちゃって、朝方目覚めて休日なのをいいことに寝室まで這って来てまたベットで2度寝してお昼前ごろ起きてきました。

ほんの些細なことからこの世の終わりのような夫婦喧嘩が勃発しおくさまは泣きちぢりながらちゃりんこでスーパーにお買い物に出て午後3時ごろ帰ってきたら相方がベットで丸まってうなっていました。

5分おきにトイレに駆け込んでいます。「熱出てきた」と震え「もやっとするねん」とたまさぶろうを押さえ脂汗も吹き出てますし、相方ってこんなお顔だったかしら?ってな、明らかに形相までもが変テコ。

実はその夜もなんかの会合があってその流れでまた飲みに行く魂胆でしたがあっさり断り、ベットにもぐり混んだかと思ったら、5分も経たずに「じょぼっ」としたおしっこをしに体を丸めてトイレに入りあっちゃこっちゃをおしっこでぽたぽたと濡らしまくり、耐えがたい悪寒に震えています。異様な光景でした。

タウンページを開き「夜でも開いてる泌尿器科・・・夜でも空いてる泌尿器科・・・」と呪文を唱え出す始末。蚊の鳴くような声で「保険証出して」と言いながら午後6時ごろ背を丸め、たまさぶろうを押さえ、保険証とタウンページを抱え、「どこでもええから開いててくれよ~」とか細いつぶやきを残しながら夕暮れの街へ当てもなくお車でひとり出かけてゆきました。あぁ・・・かっこわるぅ~

突然の残尿感と悪寒とお下がやるせないもやっと感に襲われた相方の苦しむ姿を目の当たりにし、もしかしたら、いかがわしい病気、どっかで、もらってきたんかもしれへんなとおくさまはそのとき、ふとそう思いました。えらいことになってしもたんとちゃうんかなぁ~どうぞ悪いもんではありませんようにとただ祈るしかありませんでした。

約1時間後、相方は隣りの市の泌尿器科を受診してから無事に帰ってきました。普通に歩いておしっこも普通に出るようになったようでした。表情はまだ硬いですが。

「座薬入れてもらったら、もやっとした感じが治まったよ。おしっこもちゃんと出るようになったよ」と、ホッとしていました。「点滴撃ったら、熱も下がったし、腹減った」とおっしゃるのでひとまずはごはんにしてあげました。お昼に食べなかったカレーを温めちゃりました。

ごはんのあと、出されたお薬を飲んでいる相方に何のご病気なのか聞きました。

「白血球が異常に高いんだって、炎症、起こしているんだって」と言うのでどこが炎症?と聞きました。

「前立腺にバイ菌が入ったんだって」

急にお声が小さくなった。そんな大事なとこに何のバイ菌が入ったの?なんで?まさかいかがわしいのんとちゃうよなぁ~と聞きました。

「それやったら膿が出るそうだよ。医者に聞いといた」

またお声が小さく聞き取りにくい。なんで、ひそひそばなしなのよ^^;

「ちょっとまた熱出てきたから熱下げる座薬を入れてもう寝る」と言って相方は座薬を自らの手で入れて寝ちゃいました。

まぁ、その日はまだまだ具合が悪いようでしたのでこんなときに尋問してもなんなので事情聴取はもう少し症状が良くなってからにしようと思いました。それにしてもそんな大事な部分が炎症って、治るんだろうか。

この日の泌尿器科でのお支払いは、検査、点滴、出されたお薬、合計6500円でした。ちなみに出されたお薬はレボフロキサシンとかってお薬他。


発病翌日。

金曜日。朝起きてきた相方は「36度も熱ある」と大パニック。平熱が35度ちょいの相方にとって36度は明らかに発熱です。気分も悪そう。ひとまず朝出社してから病院へ行って点滴撃ったんですけれど、体がすごくだるいと言って帰宅後寝込み会社はお休みしました。
午後から少しマシになったので近所の馴染の接骨医で500円を支払って50肩の治療のリハビリ受けました。
夜になってだるくなってきて、またしても悪寒をぶり返し発熱。38度5分。げっ!あまりの高熱に気絶寸前。慌てて寝室のベットに入ったので大丈夫かと心配したおくさまは相方の傍に寄って行ったら「これから座薬を入れたいから、あっちに行ってくれ!」と邪魔者扱いされました。ハイハイわかりました。と^^寝室から出ておくさまはその夜はリビングのソファーで寝ました。めっちゃ、気、遣う・・・

この日、おしっこの検査と点滴とで泌尿器科へのお支払いは1030円。


発病3日目。

土曜日。とりあえず出社し、会社に許可貰って泌尿器科で点滴を撃ってもらったら少しマシになってきたみたいで午後からは出社。夜まただるさと熱っぽさに襲われ座薬を突っ込んで早めに寝てました。「座薬入れるの、慣れてきたよ」と、余裕も見うけられましたがそれでも夜中は無意識にたまさぶろうを抱え込んで背を丸めて難しい顔つきで眠っている姿が見られます。やっぱりまだまだつらく不安定なんでしょうね。ちょっとかわいそうでした。

この日、おしっこの検査と点滴とで泌尿器科へのお支払いは1130円。


発病4日目。

日曜日。稼ぎ時でお仕事でございます。症状はだいぶん和らいできたようで体温計でお熱を測らなくなったのでお熱もそれほど出なくなったのでしょうね。でもまだお顔つきが不機嫌そうなのでまた具合が悪くならなきゃいいのになと気を遣いました。その夜、少し機嫌よく帰宅したのでいったい、病名は何?と相方に事情聴取を開始。

「前立腺炎という病気なんだって」

へぇ~・・・そんでなんのバイ菌が入ったん?と続けて尋問。

「あのな、尻の穴に指を入れる検査をしてもらったよ」

げろげろっ。ってか、そんなことは聞いてへんのですけれども、もしかして四つん這い?

「ちゃうちゃう、診察台で、こんな格好をさせられた」

わぁ~!そんなあられもない格好をソファーの上で再現せんといてください。

えらい姿をみせられちゃってこっちがショックだよ。いらんことを聞くんじゃなかった。

そういえば、おくさまも膀胱鏡検査を泌尿器科で受けた時、あの診察台にはびびりました。女性の婦人科のんと同じような診察台でそんなのに乗る初めての男性やと抵抗あるやろなぁって思ったし。
泌尿器科って人生観180度変わっちゃうほどの検査を受けざるをえないってな抗えない運命が待ち受けてもいるところでございますでしょ。泌尿器科に掛かるってのはなんかせつないもんがあるよなぁ~って溜め息、出ちゃいました。
男性も男性特有のなんらかのデリケートな悩みもあるんだろうなぁ。お下系の病気に罹っちゃったりなんかすると、なんだか、哀しいものがあるような気がして・・・男性もちょっとかわいそうなところもあるなぁ~って思ったら、おくさま、男性のデリケートで哀しい痛みに寄り添ってあげられるような女性になりたいなと思ちゃいました。

「前立腺に炎症起こしてなかったら検査はそんなに痛くないそうなんやけどオレやっぱり痛かった。炎症起こしてるんやろなぁ~」

不摂生ばっかりしてるからやん。体のどっかに炎症起こすってことは自分の体が悲鳴を上げてる証拠。去年の夏かって、ずっと不摂生が続いていて扁桃腺が炎症し続けたまんまやったから扁桃腺膿瘍ってな大惨事なことになって入院騒ぎして、今年もまた不摂生が続きまくってる最中に前立腺が炎症やもん、相方はちょっと上と下とのおち○ち○の付近、要注意やで。そこ、弱いんやろなぁ。

「それにしても、いきなり、しっこ出らへんし、もやっとしてどないもこないもやし、寒気に高熱やし、まいったで。今夜も座薬入れてもう寝る」

自業自得やんか。でも前立腺炎って突然びっくりするほどの嫌な症状が襲ってくる病気でもあるそうなんですって。大人の男性なら誰だって罹るかもしれない病気なんですって。ってか、何のバイ菌なのかまだ判明していないようでした。けど、どうやら相方はそのことに関しては触れられたくないような感じなんですよね。どこで何してるのかわかったもんじゃないですしね^^;バイ菌に関してはおくさまからはあえて聞かないほうがいいのかもしれませんね。お互いのために・・・いらんとこでもめっちゃ、気、遣うなぁ。

この日、病院は日曜で休診。


発病して5日目。

月曜日。かなり元気に出社。会社で許可を得てから泌尿器科を受診。白血球の数値が落ち着いた模様。せっかくやから、念のため、もう一発、点滴を撃ってもらったそうです。もう大丈夫そうでしたがこの病気はしばらく抗生物質を続けて飲んでおいたほうがいいそうです。

この日、お薬が追加されたので、検査と点滴と、合計1520円のお支払い。


発病してから1週間が過ぎた翌日。

6月7日金曜日。初診時の血液検査やらの結果が出るのでこの日、会社の許可を得て営業途中に泌尿器科に受診し、午後は仕事バリバリ。夜、元気に帰宅。

「大腸菌だったよ。大腸菌!」

お声がでかい!帰ってっくるなり何をそんなに吠えてんのかなと思ったら、相方、バイ菌を自白。

なんだ、無罪かよ(笑)あぁ、よかったぁ~

身の潔白が証明されて一番ホッとしたのは何を隠そう相方自身だったりもして。やれやれ・・・

ってか、血液検査の中性脂肪の値が1060ってどういうこっちゃ。ちなみに正常値は50~150。


この日、抗生物質のお薬もまたもう少し追加してもらって泌尿器科にお支払いした合計金額は1700円。


そして発病して約半月が過ぎました。

どうやら急性の炎症だったようで、お薬も効いて、順調に回復して今は何事もなかったかのようにお仕事にお遊びに励んでおります。
何がどうって、相方が大騒動を起こす病気の原因って元をたどればたび重なる不摂生が始まりなのです。自分で、相方自身が食べること、飲むこと、遊ぶこと、少しは節制するようにほんのちょっと意識して心得ること、ほんのちょっとの我慢や努力を積み重ねてくれたらだいぶん違ってくると思うのですが・・・

そういえば、発病の日に勃発した大喧嘩のこと、すっかり吹っ飛んじゃったけど、まっ、もうどうでもいいや^^こうやって、解決しなければならないことをうやむやにしてるうちに気付かないところで大きなしこりになっちゃうんですよねぇ~

今回の病気もまた喉元過ぎればってことにならなきゃいいけど。おくさま、もう相方にごちゃごちゃと注意するのも疲れちゃいました。自己管理もできないのならそこまでのひとですし。ご自分の体のことですからご自分の責任でどうぞ、お好きなようにお遊びください。

そんな感じで相方に振り回され精魂尽き果ててしまっていたおくさまにさらなる悲劇が襲ってきました。病気にまつわる悲劇ではございません。お金にまつわる悲劇でございます(笑)まっ、お金にまつわる悲劇というのはお金で解決がつきます。そんな感じのチキンタッタ約100個分の大出費事件が勃発したのでございます。そのおはなしはまた今度・・・



いつもいつも長い長いお話におつきあいくださり、ありがとうございました。みなさまも、お体、どうぞ大事になさってくださいね。
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-06-14 19:13 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(0)
d0012167_13495078.png


クローバーにも花言葉ってのがあるんですね。四つ葉のクローバーの花言葉は『幸運』なんですって。なるほど!ですよね。やっぱりそうなんだなって感じですよね。でね、三つ葉のクローバーの花言葉が『幸福』なんですって。へぇ~?ほんまけ?ってな感じでちょっとびっくり。でもね、なんか、三つ葉のクローバーの花言葉を知ってめっちゃ幸福な気分になりました。恵まれた幸せの中で生きてるのかもしれないな~なんてふつーの暮らし、あたりまえの毎日に感謝しようって気持ちを込めて ↑のこの絵はWord2007でお絵描きしました。

もう何点かクローバーのお絵描きをしようと思っています。素材になるようなのができたらまたアップしたいと思っています。


さてっと、

5月最後の土曜日でございますがみなさま、いかがお過ごしでございますか?おくさまは雨の季節前のこの時期の晴れ間をたっぷり使っていっぱいお洗濯しまくらちよ子でございます。少々お疲れ気味です。そろそろひと雨欲しいところです。


ってなわけで、

本日は5月のおくさまのすてきな暮しっぷりを発表したいと思います。ろくに更新できていなかったけど、ブログに発表したい日々の出来事はデジカメにどうにかこうにか残していたのですが、日々スローリーでしたがここ数日ちょっと人生のスピードアップを心がけましたのでってか、実は相方の晩ごはんが要らない率が高かったのでようやく日々の出来事とブログの更新が追いついてきました。
毎日ちょこちょこ、こまめに更新してブログに発表していないと自分の日々の暮らしに新鮮味もないですしタイムリーさもないですがこのスタイルでしか更新できないってとこがおくさまのスローリーな性質がもたらすちょっと苦しいブログ事情でございますが今後ともこんな感じで『おくさまのすてきな暮しっぷり』と末永くお付き合いくださいますよう改めてお願い致します^^


5月2日。

d0012167_1629773.jpg


商品券を貰ったおくさまは阿倍野のキューズモールにお出かけしました。相方の肌着やらチキンラーメン柄のタオルやらを買いに行きました。で、ぜんぜん知らなかったのですがちょうど百貨店で北海道展をやっていましたのでこの夜は相方が晩ごはんが要らなかったのでおくさまのおひとりさまの晩御飯に1480円を奮発してこっそり栄養補給。

潮騒の宴でございます。↓は後ろ姿でございます。


d0012167_16405849.jpg


とても美味しゅうございました。ひとり宴を堪能しました。ひとりゴールデンウィークでございます^^


今年の相方のゴールデンウィークは世間でいうところのゴールデンウィーク後半戦だけがお休みでした。
4月の末は休みなしで5月の3日から6日までがお休みでした。食博に行こうと相方が言いましたが、おくさま、4年前に相方と行って恐ろしいほどの行列と混雑と選べないほどの食べ物とに目が回りへとへとに疲れてお腹がぺこぺこで相方も不機嫌で、命からがら生還したという感じで会場から脱出したのでもう二度とごめんだったから、入場券も貰わず、今年は行きませんでした。それに潮騒の宴を相方には秘密にしてこっそり宴贅沢をぶっこいたのでひとり食博を済ませた感じでしたのでぜんぜん行く気がありませんでした。案の定、食博はえらい人だったようです。行かないという選択は正解だったと思っています。そんな感じでゴールデンウィークはどっこも行きませんでした。何の思い出もございません。お金もそんなに使わなかったし相方とも喧嘩もせず平和に過ごせたのでよかったです。


5月5日。

d0012167_16491362.jpg



チーズケーキを貰いました。ご近所主婦がくれました。ありがとうございます。しんぷるなチーズケーキはめっちゃ美味しかったです。


5月ゴールデンウィーク明けごろ。

d0012167_1653959.jpg


ご近所さんの畑で採れたてのえんどうを貰いました。ありがとうございます。

その10日後もまたえんどうを貰いました。かさねがさね、ありがとうございます。

最初にもらったえんどうは殻つきで1.8kg。10日後にもらったえんどうは殻つきで2・2kgでした。
計ったんかいな!はい!おくさま、体重計に乗ってまず、自分の体重を量り、体重計から降り、ビニール袋に入った殻つきのままのえんどうを持ち抱えて体重計に乗り、量り、差し引きして導きだしたえんどうの重量でございます。

殻をむいて洗って水けを切って、ビニール袋に小分けして冷凍にして、ひと夏でえんどうを美味しく食べようと思っています。豆ご飯が好きです。もちろん2合ぐらいへっちゃらです。おビールのアテにもなります。


5月中ごろ。

d0012167_1733031.jpg


今度は、ご近所さんの畑で採れた空豆を貰いました。ありがとうございます。

空豆というのはおたふく豆とも呼びますが、くっさい豆とも呼びます。

こいつら、ふっかふっかのベットのような殻の中で育つんですね。いいなぁ~気持ちよさげにお布団の中に入っているかのようです。

空豆、うっかり計るの忘れちゃいました。でもたくさん貰いました。

d0012167_1781718.jpg


きれいに洗って水けをきってビニール袋に小分けして冷凍にします。そうこうしてたら相方が別のご近所さんから殻むいて軽く塩茹でしてビニール袋に入れた空豆を貰ってきました。少しまだ温かったです。冷めてからそのまんま冷凍にしました。これまたかさねがさねのありがたさにとても幸せでございます。ほんとうにもらいものだけで生きて行けそうな勢いでございます。

空豆はお醤油とお砂糖で甘辛煮にしてさらにくっさくして食べるのが好きです。


そんで、今日。

d0012167_17172731.jpg


ず~っと前からここってなんだろう?それにしても、なんか、きちゃないなぁ~と思いつつもお風呂掃除のたびに見なかったことにしてきた これ ↑

何だと思いますか?おまるの蓋とはちゃいますよ。

お風呂場の天井裏にテレビとかの配線があるんですよ。その部分に付いている蓋です。

d0012167_1719272.jpg


黒い楕円の部分がお風呂場の天井裏です。お写真では暗くって見にくいでしょうけど暗い部分にはテレビとかの配線でごった返しています。ここの部分の蓋の周辺と穴のぐるりがカビだらけだったのにはびっくりしました。家建てて7年、こんなとこにテレビの配線が集まってるなんて知らんかったです。先日、ケーブルテレビのハードディスクを設置してもらう工事のためにここ開けたんですよ。この暗い穴のぐるりもだし、取り外した蓋もだし、まぁ、きっちゃないこときっちゃないこと・・・ちょっと恥ずかしかったです。でもきれいにしました。お風呂場の天井の部分や天井の四隅の部分も掃除したことがないのできれいに洗いたいですがどうやって洗えばいいのかなぁ~水着でないと服もぬれるなぁ~みんなどう掃除してるのかなぁ~お風呂場の天井のいいお掃除方法ってないですか?

今月もなんだかんだと、暮らしに時間と手間をかけました。ちょこまかちょこまか、お家で、自分の好きなようにゆっくり家事して楽しい5月でした。5月も残り、1週間となりました。明日の晴れ間は貴重な晴れ間になりそうです。そろそろ、雨の季節がやってきますね。梅雨入りまでにまだやっておきたいお家の中ことがいっぱいあります。

さてっと、明日は日曜日、もう一日、夏のような一日になりそうな天気予報です。さあ、何を洗おうかなぁ~
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-05-25 18:16 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(2)
d0012167_21544816.png



ラッキーですてきなチャンスに恵まれますようにってな願いを込めてハートフルなクローバーをイメージしてWord2007で描いてみました。
てんとう虫も(あぶら虫とちゃうで!)ハートフルな仕上げを心がけ描いてみましたがもしかしてちょっときしょく悪かったらごめんねぇ~♪かんにんしちゃってください。

無邪気に描き散らかししすぎちゃってごちゃごちゃいっぱいのお絵描きになっちゃいましたし素材として使ってもらえるお持ち帰りいただけるクローバーやてんとう虫の絵が描けていないことに気がつきました。
もう少し、またちょっと時間かけて丁寧に素材になるような単品の絵を描きたいなと思っています。


ってなわけで、今日はこの後、このブログで、おくさまのすてきな暮しっぷり4月編をお楽しみください。

では、はりきって、いってみましょう!


4月初め頃。

d0012167_16495420.jpg


たけのこを頂戴いたしました。掘りたてのたけのこをおくさまは『いのしし』と呼んでいます。皮の産毛の手触りと背中のカーブがイノシシのようだからです。だからっておくさま、イノシシは触ったこともなければ見たこともないです。
ちょっとおはなしが脱線しました。

毎年、こうやって糠までセットにして頂きます。ざざっと身ぐるみ剥がし茹でます。糠はどうしていいのかわからないので(オイッ!)普通にお湯でやるくいになるまで茹でました。とても美味しく茹であがりました。
おくさまはたけのこごはんが大好きです。他の具は油揚げと人参だけで炊きます。おビールのアテにもたけのこごはんです。ひとりで2合はへっちゃらです^^

今年は、4月の中頃にもまたたけのこを頂戴いたしました。たけのこには贅沢させていただきました。
旬のものっておいしいですね~ましてや、もらいものとなるとまたそのおいしさは格別でございます。


4月13日

土曜日、朝早く、2階の寝室で寝てる途中に揺れるというよりもドンドンガガガッと家が何か大きく固いハンマーのようなものでどつかれているような感じがして目が覚めました。
これは大地震だと思ったけど体が動かず「わ~」とか「あ~」とか「お~」とか横で起き出した相方もそう叫ぶだけでベットの中のお布団にもぐりこんで地震が止まるのを待つしかなく妻を守ろうともしない。こっちも当てにはしていない。我が身は我が身でしっかり守ること。
思ったより地震は短く感じました。震度が小さいものでも揺れが長いと、早く止まってと祈るしかないのですが実際、短かったんでしょうね。止まってと祈る間もなく止まったので、でも、もしもあの震度でもっと長い時間揺れていたとしたらと思ったら今でもぞっとします。
阪神淡路の大震災のときはもっと長い時間気持ち悪くなるような揺れが続いたのを思い出しました。あの時は家の中のモノが落っこちたり割れたり動いたりしたものもありましたし庭にあった石の灯篭がずれたり瓦もずれたりしましたが今回の地震では家の中のものもどってことなかったのでほんとうにホッとしました。そして次の日曜日、御用があって電車に乗ったんですが、車窓から見える街は当たり前の普通の風景でした。またホッとしました。

で、地震が止まって、キッチンの棚の中のものを取り出そうとしたら、棚が開かない。

d0012167_1851019.jpg


↑ ここも。

d0012167_1852266.jpg



↑ ここも。

取っ手を引っ張っても開かない。


そんで、リビングのテレビ周辺の壁面収納キュビオスも扉のすべてが開かない。

個々に黒い扉が付いていて中身は隠せてかなりのものが収納されています。


d0012167_18553599.jpg



地震で耐震ストッパーにロックが掛かっちゃったんです。

さあ、このロックの解除、確か、家建ててすぐにメーカーさんが説明してくれたはずなんだけど、どうやってロックの解除するのかをまるっきし思いだせない。なんせ、説明聞いたのは7年前のことだったし・・・。仕方がないのでリビングの収納棚やキュビオスの取扱説明書を探す。これがまたちょっといかんのよねぇ~


ウチの家に設置されているいろんなものの取扱説明書ファイル一式です。↓

d0012167_1953993.jpg


特に黒いファイルはどれも重くって1冊取り出すだけでも手首が痛く腰に負担が掛かります。って、情けない・・・
ってか、こんなもんまでお写真撮っちゃぁるっちゅうのもアレですが・・・

ファイルを何冊もひっくり返し、やっと見つけた解除法が・・・。

すんません!なにしろ、ひと月以上も前のことなので、またしても解除方法をすっかり忘れてしまいました。自分で解除したにもかかわらず・・・

大失敗!ただのあほやん。


d0012167_1915251.jpg


この赤い丸印の部分が耐震ロック。このロック、かしこいですね。電気もコンピューターも使っていないのに揺れを察知して扉を堅く閉めて中のモノが飛び出さないようにして安全を守ってくれているのです。それにひきかえ、相方は妻を守れないし、おくさまはおくさまで、ロックの解除の方法をもうすっかり忘れちゃってるし。学習出来てないなぁ~明日もう一回取説引っ張り出して調べておこうっと。こんな調子やから毎日時間が足りないんですよねぇ~

でもしかし、このロックのお世話にならないといけないほどの大きな地震が来ないようにと祈るばかりでございます。

この日の地震でガスの安全装置が働いてその解除法がわからなくなったというご近所さんがいました。ガス屋さんに電話したらその日はその問い合わせが多かったそうです。

かしこいもの任せにしてばかりでもいけませんね。って、わたくしが言うのもなんなんですが、お前もがんばれよってことですね。えへっ。ってか、ちょっと耐震に関することとかも意識を高めて家の中のことを見なおしておこうと思いました。



4月終わり頃。


d0012167_1943415.jpg



ゴールデンウィークが始まろうとしていた頃のある朝、冷蔵庫のタマゴスタンドの中でタマゴが勝手に割れていたのです。それもこんなに見事な目玉状態に。なかなか目玉焼きする時にこんなにきれいにおくさまは割れません。一体どんな割れ方したのでしょうか。

割れてるのに気がついて、割れていないタマゴを取り出して、割れた殻がへんばりついたまんまのタマゴスタンドを取り出し洗いました。

d0012167_21422412.jpg


冷蔵庫、去年の12月31日に○ョーシンさんで約10万円で約1万円のポイント返還という広告の品でお買い上げしました。買った冷蔵庫は今年の1月4日に届きました。
15年近く使っていた冷蔵庫が去年の秋ごろから半ドアでもないのに警告のピーピー音が鳴りまくり、相方を悩ましていました。おくさまは別にそのままでも少し我慢すればどってことなかったのですが、もう買い替えよう、がまんできないと年末になってから相方が言い出し、「時代はべジータだよ!」の相方の鶴の一声で明日はお正月ってな日にあわただしくお買い上げ。
おくさまはもう少し他の冷蔵庫もゆっくりと余裕持って選んでみたかったんですけれど、相方は欲しいと思ったらすぐ欲しいってひとなので・・・
そういえば15年ほど前にも冷蔵庫を買い替えるときに相方は「時代はパーシャルだよ!」とかって言ってたなぁ~変なひと^^
冷蔵庫もお安くなりましたね。似たような容量で15年前は17万円ほどしましたからね。当時はまだ相方も安月給でしたし、大きなお買い物でしたが、爺さん(相方の父・8年前没)の年金がありましたからね(笑)あれあれ、またおはなししが大脱線・・・

新しい冷蔵庫、いい感じに使っていたんですけれどもね・・・

よ~く見てください。↓


d0012167_1951571.jpg



おビールがよく冷えていますでしょ^^

オイッ!

ええっと・・・

タマゴスタンドの各々の範囲からタマゴが逃げちゃっているのがわかりますでしょうか。タマゴがこのスタンドの縁の中にちょこんと乗っからないのです。

取扱説明書をよ~く見てみたら、タマゴのSサイズはタマゴスタンドを裏返しにしてスーパーで買ってきたときのままパックごと収納するそうなのです。
前の冷蔵庫はSサイズのタマゴでもタマゴスタンドに1個ずつちょこんと収まってたはずだけどなぁ。
せっかくこの新しい冷蔵庫、タマゴスタンドの穴が多いので便利だなって思ってたんですけれどスタンド裏返したらLサイズのタマゴはタマゴだけだと入れらません・・・

なんか、すっきりせえへんのです。まっややっこしいからSサイズのタマゴは買わないようにすればいいかってとこに落ち着きました。ってか、おくさまはタマゴはSサイズってめったに買わないんですけどもたまたま買ったらこんなことになっちゃった。

もうちょっと冷蔵庫、いろいろ他のも見たかったなぁ~でも、ご縁があってウチにやってきた冷蔵庫ですし清潔に大切に使いましょう。


さてっと、4月の暮らしっぷりはこんなもんでした。5月の暮らしっぷりも5月の内にブログで発表できるようにしたいと思っています。

なんか、今日は夜になっても暑いです。あっ、まだウチ、ベットに毛布敷いています。しかも冬用の厚手のです。どうりで朝起きたら寝汗でびっしょり☆いやだわぁ~^^

さぁ、おビール飲んで、寝ましょっと。ではみなさま、おやすみなさい♪




今日もご訪問ありがとうございました。

d0012167_229267.png



明日、何か、いいことがありますように・・・


[PR]
# by pinko_okusama | 2013-05-22 22:12 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(2)
d0012167_14251350.png


掃除して洗濯してごはん作ってふつ~にゆっくり家事して毎日にこにこ過ごしていたら1日の中でブログしてる時間がまるっきし足りなくなっちゃうという日常のありさま・・・
ってか、パソコンを開いている時間がまったく足りなくなってしまうという日々があっちゅう間に間に流れ去り・・・。
どうやらゆっくりしすぎちゃったみたいです。ってか、みたいというか、ゆっくりしすぎでございます。

何をするにも時間がかかるもともとスローリーなおくさま。近頃ますますスローリー。ゆっくりしすぎでございま~す。あぁそれなのにそれなのに、月日の経つのが早すぎまして・・・時の流れに身を任せすぎちゃっています今日このごろでございます。

ちなみに、前回のブログの更新からブログが止まっちゃってからパソコンを開いたのが5回。たったの5回・・・そのうちブログにログインしたのが2回。とりあえずログインするだけでいっぱいいっぱいの精一杯。そんでメールの送受信(というかほぼ受信)したのが3回で1回につき200件ほどの別にどってことのないメールを受信するってだけでもパソコンがアップップ~。受信中に寝ちゃいそうってか寝ちゃいます。朝起きて電源入れっぱなしに気がついてパソコン閉じてまた2度寝・・・あたしゃ寝てばっかしか!
これってプロバイダー料金がもったいないったらありゃしないぜっ。せこっ!!とにかくやりくりまでもがど下手。ゆっくりしすぎは時間もお金も消えてゆく・・・

そんな感じで、お絵描きもいっこもできていません。腕がまた落ちました。

さすがにこんなんやったらあかんと心入れ替え、お絵描きの基本の技を復習するような感じに3月に描いたりんごの絵をちょちょいのちょいとアレンジして↑トップのご挨拶にしてみました。Word2007で描きました。めっちゃかわいくアレンジできました。やっぱりおくさまはお絵描きの天才です。このままおくさまのお絵描きの腕前を埋もれさしては国家の大損害でございます。ゆっくりでもええから、お絵描きだけでも頑張ろうと思っています。応援、よろしく~♪^^

で、4月の初めごろに描きかけてほっぽらかしだった桜の絵を今日は完成させました。Word2007で描きました。汗かきながら・・・なんか今日は暑いです。えらいもんですね~5月も後半となってきますと、湿気もじょじょに含んできました。ちょっとべちょっとしてきました。晴れるとべちょっと暑いです。

では、桜の絵を2点、発表します。

d0012167_1515512.png



d0012167_1516717.png



似たりよったりの絵ですみません^^
来年の春はもっと桜のお絵描き、大作を必ず描きます。お楽しみにしていてくださいねぇ~^^


そういえば、今年の桜って早めに咲いたんですよね~冬がめっちゃ寒かったのにすんなりはやめに桜が咲いて、だからのんびりかまえていたらついついお花見もせずにいつの間にか桜が散っちゃってました。
今、桜前線って北海道の釧路あたりなのかな。ってか、沖縄ってもう梅雨入りしてるんですねぇ~
すごいね。日本列島って。

今年の春って桜が散ってからがめっちゃ寒かったです。おくさま、4月と5月の初めごろの寒かった日はやはり帯状疱疹の後の神経痛が痛くて寝込んじゃう日もありました。春なのに冷たい北風が左の背に容赦なく突き刺さるように痛かったことを思い出します。左の乳首も痛くて困っちゃうほどでした。今もまだ帯状疱疹後の神経痛は鈍痛となって静かに残っています。そのせいなのかどうか、実は左の腕がすんなりと上がりません。まだまだ神経痛は完治していないようですがもう寒い日もないんだろうなと思っただけでも少し気持ちが楽です。もうちょっと痛いのも我慢せんとアカンのかもしれません。

ってことで、

ブログそれなりに更新しようと思っていたんでしょうね。なんかそれっぽいお写真だけはデジカメに残っていますので、今日はこの後、デジカメに撮った春の出来事をパソコンに取り込んで整理整頓して次のブログの更新の時に発表できるようにしておこうと思っています。
それと、桜のお絵描きしたのは文字が入っていますので文字なしのも作っておきたいと思っています。そしたらそれをお持ち帰りいただけますかと思いますので。トップのりんごのウェルカムの絵は右クリックでお持ち帰りはご自由になさってください。透過はしています。

パソコン内の整理整頓もしたいけど、そのまえにこれから、お昼寝したい。眠たくなってきました。今、午後4時を過ぎたところなんでおくさまの晩ごはんタイムまで1時間は寝られそうなので寝ますとします(笑)
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-05-20 16:13 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(4)
d0012167_16304349.png



4月ですね。春がやってきました。
新入生のみなさま、新入社員のみなさま、新婚さんのみなさま、新生児のみなさま・・・
この春、新しい生活をスタートさせたピカピカのみなさま、おめでとうございます。
実りある1年でありますように^^自分の希望に近づけるよう一歩一歩胸張って歩いて行けますように・・・
おくさまもこの春は心入れ替え、せめてもう少しブログの更新率を上げたいです。
お絵描きの腕前も上げたいです。おくさま、51歳の春でございます。何年もあると思うな残りの人生!
とはいえ、じたばたしたところでどうなるもんでもないし。せめて70歳まではどんなに細々とでもブログ更新して遊びたいし、パソコンでもっと楽しいことして遊びたい。ほんのこころもち、焦りもありぃの、それでもぼちぼちゆっくりとって感じに暮らそうっと。おくさま、51歳、春の決意!で、ございます。

さてさて・・・

3月の更新率、低すぎました。もっと更新してると思っていたんですが・・・2件って・。・
お写真いっぱい残ってるしぃ、どうでもいいようなネタもいっぱい残ってるしぃ、今日は相方の晩ごはん、いらんしぃ~って、ソコっ(笑)

ってなわけで・・・

今日は3月のおくさまの暮らしっぷりがどんなものだったのか自分のための記録として、どどどぉ~んとまとめてブログにご披露しちゃいましょう。

めったに更新しないくせに、更新するとこれでもかっちゅうぐらい長い文章を書き散らかしご迷惑おかけします。迷惑ついでに今夜もまたおくさまのお話はまた長いよ~しつこいよ~(笑)さぁ、我慢してね~覚悟はいいかなぁ~では、いってみようっと!

ってか、前置きがまた長すぎましたね。


3月初めの土曜日

d0012167_18383381.jpg


何のお写真なのか、わけわかめですみません。
阿倍野のキューズモールというJR天王寺駅近くの巨大ショッピングセンターの3階(だったと思う)です。

午後1時からジェロさまのインストアライブがあるというのでJR阪和線に20分乗ってのこのこ出かけてきました。
帯状疱疹から5カ月・・・
JRに乗って人ごみに外出するのはお正月明けに大阪天満宮さんへ行って以来。まだ少し体がたよりなかったんですけれどなんせジェロさまやし、タダやし^^、リハビリがてら(笑)

午後1時3分頃、『海雪』をジェロさまが熱唱し始めたころ会場に着きました。まだ人がそれほど集まってなくって係りの人に会場の前に前に背を押されるようにして進んで行ったらなんと舞台で歌っているジェロさまの真ん前で『海雪』を聞くことができました。
目の前にすぐ手の届きそうなところにジェロさまが・・・そして『海雪』が・・・腰砕けましたとろけました^^
ジェロさま、めっちゃ、かいらしい~(「かわゆい」の大阪弁が「かいらしい」です。)お顔、ちっこいです。この人はきっと誰にでも好かれるんやろうなって思いました。
『海雪』の熱唱が終わったら後ろに人がいっぱいになってきたんです。なんせまだ病み上がりゆえ人ごみはまだ自信なかったし、会場ではお写真NGだったので、『海雪』1曲で大満足だったので、もみくちゃになりながら会場から出ました。すごい人すぎたのでサイン会はあきらめてキューズモール内をうろちょろしてたらちょうど入ったお店の窓からジェロさまの会場が見えたのでお写真にぱしゃり☆としときました。


3月半ばごろ

d0012167_19215283.jpg


国税還付金振り込み通知書ちゅうヤツが届きました。

去年、相方もおくさまも病気ばっかりしてました。病院通いが続きました。支払った莫大な医療費を確定申告でなんとしても取り戻したいという相方の一念が通じました^^

相方、2月の末頃、一生懸命計算してました。最初、相方の分だけ計算していたんですが、「おくさまの分も入れてよ」と言ったら「領収書ちゃんとなかったらアカン」ちゅうんです。おくさまは医療費の領収書、きっちり取ってあります。毎年、どんな領収書でも年別にしてきっちり残してファイルしてあります。相方のお給料の明細書も結婚してからずっとファイルにしてあります。「お前なんでそんなにきっちり領収書残してあるんや?」と聞かれたので「昔、事務員してたから」と自慢げに答えました。ほめられました^^

すぐに入金されていました。びっくりしました。戻ってくるもんなんですねぇ~すごいねぇ~うれしいねぇ~とめっちゃ喜んで笑っていたら相方が「笑ろてるばあいとちゃうやろ。こんなに戻ってきたらあかんねん。そんだけ支払ったちゅうことやし、そんだけ病気したちゅうことなんやから」と・・・そう、素直に喜んでいいものではありません^^;

でも、なんかうれしかったのでおくさま、ぽっぽ、ないない♪しちゃいます。これは今の段階で慰謝料として差し押さえておきましょう^^


3月お彼岸ごろ

d0012167_19424623.jpg


相方、ご旅行でお江戸へ行ってきました。3月19日、20日の1泊2日。スカイツリーに昇ったそうです。
お土産の東京ばな奈ツリーチョコバナナ味、「見ぃつけたっ」です。

d0012167_19464620.jpg


ひょう柄やん♪めっちゃかいらしい^^
なんかでもおもろい、東京のにひょう柄って・・・ひょう柄は関西やろ。そやけど、大阪のおばちゃん泣くほど好きやで、コレ^^

リボンなんか付けちゃってさっ。まるでリボンを付けた相方のたまさぶろうみたいやんか(謎)

超・かわいい~食べる前にいじくったろ^^

d0012167_19503026.jpg


見てみぃ~包装紙の絵とまるっきし一緒やで。ってか、それより、リアル。テンションあがるやん♪って、テンションって・。・

食べてみぃ~めっちゃおいしい。触ってもさわり心地がめっちゃええで~。
そんでまたびっくりした~ひょう柄のスポンジがくちびるにふんわりとした触感を残してゆくんです~もうその感触は罪つくり。

ひと箱、8本入りでした。おくさま、7本完食。相方、「おれ、1本しか食べてへん」と怒りました。すまんのぉ!


相方、今回のお江戸のご旅行のこともですが、今まで、いっぱいご旅行しきたことの旅先でのこと、家でおくさまに話してくれたことがありません。おくさまも相方にわざわざ聞きません。味気のない夫婦だなと思ってしまうことがあります。まぁ、おくさまは相方のこと家から一歩外に出たら、世の中ではどんな人なのか、相方の世間でのお姿というのをまるっきし想像できなかったりもします。相方のこときっと3割ぐらいしか(いえ、もしかしたらそれ以下かも)理解できていないというか、相方のこと、知らないんですよねぇ~相方は相方で「おれはおまえのことは何でも知ってる。解ってる」と、おくさまにおっしゃいますが、いっこも解ってないと思います。

さてっと・・・

あんまし包装紙がかいらしいので文庫サイズのブックカバーにしてみました。そんで本に被せて外出するときの御供にしています。


d0012167_20383311.jpg


読んでいる本は今はひみつです。また読み終わったら感想文を書き散らかす魂胆です^^



3月25日(月曜日)

d0012167_20415122.jpg


先日の宝塚でタカラヅカした日の帰りのバスでのビンゴゲームでゲッチューしたヤツです。
さすがは婦人会でございます。ゴミ袋、助かります^^タオルもですけど日用の消耗品ってのがいいですよねぇ~
使っちゃおうっと。

このビンゴゲーム、めっちゃ早くにビンゴしたんですけど、よく考えてみたらゲームの途中にバスの隣りの席の人とカードを交換するというルールがあったんですよねぇ~なんか、申し訳なくって^^;まっ、それも、運。

それと、タカラヅカのあと、神戸酒心館というところに寄ったんですけれど、そのお話はまた次の更新の時にでもご披露したいと思っています。



今夜も長いお話しにお付き合いくださりありがとうございました。

ここ半月ほど、バタバタしていたのでちょっとお絵描きがまたストップしています。トップのお絵描きはWord2007で描きました。いちおう、透過していますが白背景で使っていただくのが無難かもしれません。
右クリックでよろしかったらお持ち帰りしてくださって結構です。マーガレット、描きたくってがんばっていたんですがちょっと苦戦しています。いいのがまた描けたらアップする予定ですのでその時はまた見てねぇ~

今日は午後から雨になりました。夜も雨です。ちょっと冷えます。花散らしの雨なのかな・・・

ではみなさま、春とはいえまだまだ夜は冷えたりもしますので暖かくしてお休みくださいね。

では、こんやはこれで・・・


ご訪問ありがとうございました。
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-04-02 21:08 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(12)

宝塚でタカラヅカ。

d0012167_15324068.jpg



3月25日月曜日。肌寒い日でしたが町内会の婦人会から日帰り親睦バス旅行を楽しんできました。

行先はは宝塚大劇場!!!タカラヅカを観にいきました。
ええ~っとですねぇ、もしかしたらおくさまが勝手に思い込んでいるだけなんかもしれませんけれど、宝塚、ちゅうのは兵庫県の宝塚のことでして、タカラヅカちゅうのんは宝塚歌劇のこと、なのです。まっ、そんなことはさておき・・・

トップの ↑ お写真は宝塚大劇場敷地内の桜です。まだ3分咲きぐらいでした。エレガントざますでございましょ^^清楚でお上品でかわいいらしくってそれはまるでタカラジェンヌのようなお姿でした。いい感じに表現できたわ^^ってか、桜って咲くと花びらは白いんですよね。つぼみは紅いほどの桃色なのに。

で、この桜の木と並んで『宝塚海軍航空隊跡地』という石碑が建っていて記念樹が植えられていました。

d0012167_14171491.jpg


宝塚大劇場って戦争の終わりごろは閉鎖されて海軍さんの予科練に接収されてたってことを聞いたことがあったなと思い出しました。
この場にひっそりと建っている石碑が印象的でした。下を這っているコードみたいなのは何なんだろう?



さて、この日、午前9時に大型のバス一台は町会のご婦人たちを乗せて予定より少し早めに村を出発しました。

おくさまは、バスに酔います。自分が思っている以上に、バスに酔います。なぜか進行方向に向くと酔いがまわります。前のお席だと前から見えてくる景色に酔っちゃいます。なんぎなやっちゃでございます。そやから読書したりデジカメで車窓から横向きでお写真をパチパチしながら前を向かずになんとかして酔いをまぎらします。


d0012167_16222919.jpg


阪神高速で大阪市内のビジネス街を見下ろしながらバスに揺られること1時間余り。
25日やったからビジネス街はお給料日ってとこが多いのかなぁ~がんばれ!日本のビジネスマン!!がんばれ!バスに酔う、わたし!!

とかなんとかいってる間に、ご到着~やれやれ・。・

d0012167_16495169.jpg


予定より早めに着いたので宝塚ホテルでのお昼ご飯の前に全員で記念写真を撮ってから宝塚大劇場でお買いもの。


d0012167_1652294.jpg



d0012167_16544295.jpg


お土産とか買ったり、おしっこしたり。

しばらく時間をつぶして、2列縦隊でのこのこ歩いて宝塚ホテルの貸切ランチバイキングへ。

1時間ほど、食べてしゃべってまた食べて、お写真、撮ってる間がまったくありませんでした。ってか、入るときに宝塚ホテルのお写真を撮りそこなっちゃいました。

ランチバイキングでおビールは観劇中に寝ちゃいそうだったので飲みませんでした。まっ、バスで酔っていますのでなにもアルコールで酔う必要もありませんし。いえ、別に、いじけちゃいませんよぉ~^^

そんな感じでバイキング済ませて、おしっこ済ませて、宝塚ホテルからまたとことこ歩いて宝塚大劇場へ向かい、ってか、戻りました。

d0012167_1754329.jpg



宝塚大劇場を目指し、宝塚大橋をとことこ渡りながら撮ったお写真です ↑ 宝塚大劇場が見えています。

宝塚大劇場の手前の橋みたいなのは線路です。阪急電車の鉄橋です。阪急今津線です。

有川浩さんの連作短編小説『阪急電車』を読まれたことがありますか?映画化もされていて中谷美紀さま、 戸田恵梨香さま、宮本信子さま、芦田愛菜ちゃんさま、など素敵な女優さんがたが出てらして、2011年春に公開されているんですが、ご覧になりましたか?

おくさまは映画は観てません。原作は読みました。阪急今津線が物語の舞台です。この宝塚大劇場もさっきしこたまランチバイキングで暴れ食いしてきた宝塚ホテルも、『阪急電車』という小説の物語に登場します。

d0012167_17163561.jpg


左手の前方に見える宝塚大劇場に向かってとことこ歩きながら渡った宝塚大橋には武庫川が流れています。

この ↑ お写真の左下のほうを見てください。中州という陸地みたいなところに「絆」って字が見えるでしょ。そのちょうど左斜め上のほうの中州には「生」という字が見えるでしょ。「絆」より巨大な「生」が見えますか?ちょっと見づらかったらすみません。

これは石積みアートと呼ばれるものなんだそうです。

「生」は阪神淡路大震災追悼モニュメントとして作成されたものなんだそうです。
「絆」は誰かが積み上げたものなんだそうです。きっとあの日への思いと、東北の被災地へ思いを込めて積み上げられたものなんだろうなと思いました。

宝塚駅から宝塚南口駅の間に車窓から見える武庫川の中州に石を積んで並べて作られた「生」という字のオブジェが小説『阪急電車』の物語の風景の中にあります。

よく行く図書館で見かけるだけだった若い男女が偶然同じこの阪急電車に乗り合わせます。たまたま隣りの席に座ったんです。車窓から見下ろした高架下の中州に見えるこの不思議な「生」のオブジェがきっかけで言葉を交わしあったところから、『阪急電車』という物語が始まります。

映画になる前に小説を読んだのでどんなお話だったのかはもうすっかり忘れちゃってますが、前向きな気持ちになれるヒントを与えてもらったような気分になれた小説でした。

d0012167_17234297.jpg


ここだったんですね~この鉄橋を走る電車の中から始まる物語、旅先で小説に流れる風景と出逢えるなんて思ってもいなかった。めっちゃ感激。
これでこの鉄橋を走る阪急電車のお姿をデジカメに収めることができていたら完璧やったのになぁ~。
そんな奇跡の一枚は撮れなかったけど、旅先でのこんなハプニングこそが奇跡なんだし^^


d0012167_1935112.jpg


そんなこんなで結構、歩かされて宝塚大劇場に到着しましした。

d0012167_1963917.jpg


劇場内で元阪神の赤星さまタイプのこの日の日帰り親睦バス旅行でお世話してくださってる旅行社の添乗員さんからチケットをもらいました。

d0012167_1985691.jpg


座ったらこんな ↓ 感じです。

d0012167_19122845.jpg


後ろから3列目でした。もうちょっと前のお席の事情がはっきりするようなお写真を撮ればよかったんですけれど・・・舞台の横方向に真ん中に近い感じでいいお席だったと思います。舞台上のタカラジェンヌさまがたのお顔はよく見えませんでしたけど、まっ、見れたとしても誰なのか知らないので、このお席で上等だったと思います。次の日知ったんですけれど、2階席というのもあるんですね。当日のこの時には全然気がつきませんでした。

舞台が始まったら当然ですがお写真はNGでございます。

鑑賞したのはこれ ↓ です。この画像は宝塚歌劇のサイトさんから拝借しました。

d0012167_1915447.jpg


モンテクリスト伯というミュージカルは復讐劇でした。

ミュージカルって生まれて初めてです。やっぱりちょっとアレ、かな・・・アレって・。・
実は寝そうになりました。2度ほどヤバかったです。すみません。

おはなしはわかりやすかったです。

レモンを忘れて「わすレモン」とかってのが一生忘れられないタカラヅカの最大の思い出になりました。なんのこっちゃですが・・・

タカラヅカってまったく知らない世界だったのでちょっと気負って観はじめましたけどいい感じに気持ちをほぐれさせてくれる演出とかもあったので好感が持てました。おくさまとしては結末がかなり甘めすぎるような感じがして・・・。でもこれがタカラヅカならではってことなのかなって納得したりもし。

舞台というのはやはり映画とは違うまた特別の値打ちのある迫力と凄みというのを全身で味わえるものなのですね。すごいいい経験になりました。

2部構成になっていて、1時間半ほどのモンテクリスト伯のお芝居があってから20分ほど休憩して2部のレビュールネッサンスという30~40分ぐらいかな、歌や踊りはめっちゃきらびやかで、見ごたえがあってとても素晴らしいと思いました。

2時間半の宙組さまの舞台はあっちゅう間に終わってしまいました。おしっこ我慢できたのでほっとしました。

この後、バスで神戸酒心館『さかばやし』というところに寄ってお酒を買いました。また買ったお酒を飲むときにお写真でご紹介できたらいいなって思っています。

そして神戸の街とお別れし阪神高速湾岸線で帰路に向かいました。

d0012167_2395068.jpg



帰りのバスではビンゴゲームをしました。もちろん帰りのバスにも酔うおくさまはビンゴゲームで酔いをまぎらせられるのでホッとしました。
ゲームは二番目にビンゴし、すてきな景品を貰いました。かなり早い段階でビンゴゲームをクリアしてしまったので酔いをまぎらせなくなってしまい、またバスに酔いました。うまいこといかんもんですね~どなたか、酔い止めのお薬、いいのがあったら教えてくださると、助かります。

ビンゴゲームのすてきな景品はまた後日お写真撮ってご紹介したいと思っています。かわいいのんをゲッチューしました。

6時半ごろ、村に帰ってきました。とてもいいバス旅行でした。バスには酔ったけど、疲れは全然ありませんでした。あたりまえやん!遊んでんのに疲れてどないすんねん!ってか~っ!へへへっ。

この夜、遅くに洗濯したんですけど、その日、相方が穿いていたおパンツ、洗濯してから干そうとしたら破れていました。パンツ破れるほどお仕事頑張っていたんですね~えらいっ!。ってか、長年穿きたおし、くたびれきってから自然に破けたって感じのおパンツでした。そんなおパンツ穿かせてごめんちゃい。ってか、なんでそこまで穿こうとするのでしょうか。新しいおパンツ、いっぱい買ってあるちゅうのに・・・

まっ、なにはともあれ、おくさまはお気楽にバス旅行をたっぷりたっぷりと堪能させてもらってとても幸せなりでございました。宝塚とタカラヅカでとても貴重な体験ができました。いい思い出になりました。ありがとうございました。


長いお話しにお付き合いくださり、ありがとうございました。

今日もご訪問ありがとうございます。
[PR]
# by pinko_okusama | 2013-03-28 16:41 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(4)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama