おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

REDを観ました。

d0012167_15383695.jpg


ひさびさに愛しのブルース・ウィリスさまをスクリーンで大堪能してまいりました。
幸せでございます。

相方とご一緒ではなくおひとりさまで優雅に楽しくレディースデイに映画鑑賞でございます。
誰に気兼ねすることなく(って、誰に?^^)おもいっきし楽しめました。

面白くって何度もブフッ!って笑っちゃっいました。
スクリーンの中の人たちも楽しそうだった。可愛げのある人たちが多かった。


CIAの暗殺対象者になっちゃった元CIA工作員のブルース・ウィリスさまは、元上司のモーガン・フリーマンさま、同僚だったジョン・マルコビッチさま、元MI6スパイのヘレン・ミレンさまらのかつては凄腕で今は引退してしまっている昔の仲間らとチームを再結成し、CIAの巨大な陰謀に立ち向かっていくおはなしでございます。

長いので閉じました。ネタばれもしてますし・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2011-02-26 22:57 | おひとりさま映画鑑賞。 | Trackback | Comments(6)
d0012167_0323819.jpg


予備校受験のために上京していた受験生の孝史。
宿泊したホテルの大火災に巻き込まれ、逃げ遅れた孝史を
炎の中から救い出したのが時間旅行という特殊な能力を持った
平田さんという謎の おっさん 中年男。

孝史は平田さんに連れられ平成6年の現代のホテル火災現場から
昭和11年、2月26日、二・二六事件が起きようとしている雪降りしきる
帝都にタイムスリップしてしまいます。

昭和11年のその当時、現代っ子の孝史が宿泊したそのホテルは陸軍の蒲生大将のお邸でした。
平田さんはその蒲生邸の使用人のひとりとして雇われていました。

二・二六事件の発生で厳戒令が敷かれ蒲生邸周辺の一帯が封鎖されます。

タイムスリップしてしまったことに困惑気味の孝史でしたがとりあえず平田さんの甥として
蒲生邸で過ごすことになります。

本の表紙の女性は蒲生邸のお手伝いさんの、ふき、という、女性です。
なにかと、孝史の世話も焼いてくれる働き者の女性です。
孝史もふきさんに好意を抱き・・・

お邸内にはなにやら意味ありげに複雑なご事情が絡んでいそうな蒲生家の人たち。
降りしきる雪、封鎖された帝都、孤立してしまったかのような蒲生邸そのものが
ぽつんとした密室状態。
お邸の外は二・二六事件、そして、お邸内で一発の銃声が轟き・・・

ここからまた長いので、閉じました。よろしかったらおつきあいしてくださいね。
[PR]
by pinko_okusama | 2011-02-08 00:45 | 読みっぷり。 | Trackback | Comments(8)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama