おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

活字、追っかけ中。

昨日やっとさで晴れたと思ったら、
今日はまた朝からしとしと冷たい雨。
冷えます。
ぽんぽんがぴーですし。

さてさて

雨やしね。お金もないしね。(相方のお給料日はあした。お札、減ってませんように・・・)
家に閉じこもり読みかけの本を一気に読みきってしまいましょう。
図書館でお借りした本は明後日の日曜日が返却日だし。

ってなわけで、

今日は只今必死のパッチで活字を追っかけてる
読書中の本をドドン!と、ご紹介したいと思います。

d0012167_13313266.jpg


めったに読まないノンフィクション。
著者は佐野眞一さん。
佐野眞一さんの『甘粕正彦乱心の曠野』をすんごく読みたいんですけども
図書館で予約してみたんですが一向に順番が回ってこない。
そんなこんなで、まだかなぁ~と待ちわびていたらなんと、
この本、もらっちゃいました。たらら・らっきー♪&さんきゅー・べりまっち♪

陰謀渦巻く満州帝国で関東軍と結託しアヘン取引組織を作り、
巨額の資金を生み出した阿片王と呼ばれた里見甫の人生。

里見甫。
実は、わたくし、全然知らんひとです。すみません。

400ページほどあるんでけども。
なんですか、まだ100ページほどしか読んでませんが
なんといいますか、全体的に胡散臭さが漂っていて、
嫌いじゃない雰囲気なので、というか、お好きな雰囲気なのでずるずると読んでます。
ただ、どうも、里見甫のはっきりとしたお姿がまだ一向に見えません。

甘粕正彦氏とも阿片工作を巡りなにやら深いつながりがあったとか。
川嶋芳子嬢とも交流があったとか。
わたしがちびっ子の頃、テレビなんかでよく登場していた
何者かその当時も今もちゃんと理解できてはいないけど
政界や財界のもすごい大物な人物たちのお名前もちらほらとでてきて
満州を闇で支配していた里見甫とつながっていたようだ。

なんですか、すんごく、不穏な感じで、ぞくぞくしてます。
ゆっくりと、ずるずると、読み続けたいです。


d0012167_14133229.jpg


続けてまたまたノンフィクション。
明日からNHKでドラマが放送されます。

白洲次郎。
実は、わたくし、全然知らん人でした。またまたすみません。

ユムユムさんが白洲次郎さんの本を読まれたとおっしゃってましたので
図書館で白洲次郎さん関連の本を探しましたところ、本書がありました。
伝記のコーナーにありました。

伝記を読むのは、数年前に読んだガンジー以来。
ちなみに、ちびっ子の頃、ベーブルースの伝記を読んで
プロ野球選手のお嫁さんになりたいと夢見たこともあった。

ちょっと、脱線しちゃったわ。

読む前にどんな人物なのか興味があったので調べてみたら
すんごく、かっこいい人物のようでした。
敗戦直後の占領時代にマッカーサーを叱り飛ばした日本人がいたというエピソード、
いつやったかどこかで聞いたことがあったけど
この人やったんか。ふぅ~ん。そっか。それが誰かまでは知らなんだ。

ってか、この方、今の芦屋で生まれてるし、すんごいお金持ちやし。
まっ、それもあったからなんだろうけど、戦前、戦中、戦後直後、
この人の活躍はすごいものがあったんだなって思います。
敗戦直後も日本の未来のことをちゃんと考えてらっしゃった人だし。
戦後の政財界でもすごい活躍された人だし。

今読んでる里見甫氏と似たような時代に生まれて戦前から戦後を生きてるけど、エライ違いやなぁ~

でもなんか、白洲次郎さんという人物に夢中になれないんですよ。
確かに度胸もあるし、見た目もそりゃかっこいいし。おしゃれやし。
なんかねぇ、著者の白洲さんに対する思い入れの強さみたいなのが
かえって鼻についてしまっちゃったわ。そこんとこが邪魔してるみたいな気もしちゃった。

でも、この時代のことをちゃんと知りたいのでいろんなことお勉強になります。
政治はちんぷんかんぷんなんだけど、
わたしでも知ってる昭和の政治家や経済界の大物も登場してくるし、
あっ、この人、あの人の、おとうさんだ。とか、この人はあの人の孫やわ。
とかって今の政治家さんのお顔とかも思い出しながらにやにやして読んでたりもして。
白洲さんがいたから今の総理大臣がこの世に生を受けたんやなぁ~とか。
ある意味、この本は豪華キャスト。ワクワクして読んでる部分もあります。
日本が戦争に負けて、占領されて、その後、復興してゆく、そんな日本の姿と
そこに生きたいろんな立場の人物たちの姿が読める本をこれからはもっと読みたいです。

ってか、まだこの本、3分の1、残ってるし。
急いで読まなきゃ。


d0012167_15151568.jpg


本書もまたまたノンフィクション。

ドラマ化されてこの春、NHKで放送されるそうです。

この本は今朝読み終えました。

涙でぐっちょぐっちょです。
鼻水もぐっちょぐっちょです。

心、乱れ、それやのに、なんや、温かいものがあふれてきちゃいました。

また一冊、心に残る本を読むことが出来ました。

気持ちを落ち着かせてから、後日、たっぷりと、読後感想文を書きたいと思います。

で、本書で著者も読まれた『ワイルドスワン』、わたしも、もう、何年も前に読みました。
20年ほど前に『大地の子』を読んだのですけども、そのときはじめて文化大革命を
知ったのです。お恥ずかしい・・・
で、文革に関する本をそれほど多くはありませんが何冊か読みました。

今日は、ここで、わたしが持ってる文革の時代を生きた方の本、2作も紹介したいと思います。

d0012167_15581688.jpg


文革で娘さんを亡くし帝国主義のスパイとして逮捕され6年以上も独房に監禁された
鄭念(チェン・ニエン)さんがその体験とその時代を回想した『上海の長い夜』です。

d0012167_1605550.jpg


文革当時14歳で紅衛兵を経験したユン・チアン(張戎)さんの祖母、母、娘、三代にわたる家族の物語を自伝的に描いたノンフィクション『ワイルド・スワン』です。

わたしが生まれ、ぬくぬくすくすく育っていた小学生時代ごろの中国で
これほどまでに過酷な文革の嵐が吹いていたなんて衝撃的でしたし、
恐怖すら感じました。
それでも権力に屈することなく信念を堅持し闘い生き抜いた人たちが居ました。
そんなことが隣国の中国で起こってたってことをわたしは20代の終わりに『大地の子』を読むまで知らなかったんです。

自分の人生を自分のために生きられる自由。
わたしはそのために血の滲む努力を強いられたことはない。
平和で自由で、豊かな時代に生まれてあたりまえに平穏な日々を過ごしていられる
今に感謝することも忘れてしまってます。
せめて今を生きていられることのありがたみを見失わないようにしたいです。

30代の頃、『上海の長い夜』『ワイルドスワン』を何度も再読したりして夢中で読みました。
この手で自分のための自由を得るために。(って、なんの?)
いえね、わたし、これでも、30代は結構大変なこともあったんよ。

またこの2作は読みたいです。

でもね、本文の文字がすんごく細かくって・・・
わたしも、老いました・・・
近眼に老眼が混じる40代後半・・・

過ぎ去った年月の長さを感じちゃったり。トホッ・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2009-02-27 16:38 | 読みっぷり。 | Trackback | Comments(10)
d0012167_1626178.jpg


4匹の手のひらサイズの生のカレイが350円(税込)やったので
スーパーで買ってきました。

おくさまはお魚の調理ができません。ええ、まったく。

きれいに洗ってから乾かして
せめて、背中にペケ印『×』を入れようとして
包丁でやろうろしましたが
なんや、硬い。
カレイの背中で包丁は止まり
まな板の上のカレイがぬるっと動く。

あぁ~あぶない。
ペケ印は断念。

やむなく、胡椒ふって片栗粉を塗りたくって揚げてみました。

ちいさなちいさな油の熱い粒がいっぱいいっぱい顔面めがけて撥ねてきて毛穴に直撃。

熱い無数の針が顔面の毛穴という毛穴に容赦なく突き刺さってくるみたいでとても痛かった。



日曜日からずっと雨の日が続いてます。
部屋干しのお洗濯物を乾燥機で乾かしても
たたんでる間にまた湿ってきます。

お日さまに当てたおぱんつをはきたいなぁ~
と、わたしのお尻が、そう申しております。


ちょっと、ブログをおさぼりしてました。
パソコンの前に座る時間がなかったので、ご無沙汰してしまいました。

ここ半月ほど、
相方がほとんど毎晩、家で晩ご飯を食べるので、チンするのに忙しかったからです。

ここだけのはなしにしておいてほしいのですが、

相方、暇みたいなのです。

会社、大丈夫なのかしら・・・

おくさま、ちょっと、心配ですが、今夜もまたチンするのに忙しいおくさまです。
[PR]
by pinko_okusama | 2009-02-25 17:00 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(13)

ちょっと、えっちいーな

セクシー、マウスです。

d0012167_23261833.jpg


Tシャツ、脱がさんと、マウスとしてのおつとめ感度を果たせません。

そやけど・・・

脱がしたら脱がしたで

それほど、たいした事はありません!キッパリ!

ちょっと、使いにくいかも。

脱がすまでが楽しいんよな。
脱がされるってのが、なんだかほにゃらららぁ~だったりもするんですよね。



すっかり、更新が、止まっちゃって・・・

節分が長引きました。

ほげっ・・・


すみません。


ブログを更新するネタも気力も失せちゃって・・・

こんなときは、
読後感想文を書き散らかし、おくさまだぞっ!ってな主張をたいのですが
本も、読んでないんです。とほほっ・・・

本を読まなきゃ、前に進めない。

おくさま、かなり、辛いところでございます。


ってか、今日ってバレンタインデーなんですね。
今年もまた、本命の居ない、本気になれないバレンタインデーなおくさまです。

相方は、
今夜はチョコを求めて夜のネオンに吸い込まれてます。
お高くつくでしょうに・・・
それとも、逆チョコ攻撃なのでしょうか・・・
どっちにしても、結局は、お高くつくでしょうに・・・

なぁ~んちゃって。

まっ、こんなことしてもたついてる場合ではないんですよ。
返却期限が迫ってる図書館でお借りした本を一行でもいいから読み進めて
読後感想文を書きたいんです。もう少し、早く読めたらどんなにいいか・・・

なんだか、急に、暖かいというか、季節が進みすぎちゃって
どないなっちゃってるんでしょうね。でもまた、寒の戻りもあるとか。
ついてゆけるのか!おくさま!

ってか、もう、15日になっちゃったの?あっちゃぁ~
バレンタインデー、終了!
[PR]
by pinko_okusama | 2009-02-15 00:01 | 暮らしっぷり。

雨の節分。

d0012167_181014.jpg


相方が会社のお付き合いで申し込み買った恵方巻。
会社に届いたのをお昼過ぎに営業途中で家に寄って置いてゆきました。

お豆さんはおくさまが98円(税込)でスーパーでお買い上げしてきました。


恵方巻はハーフサイズ3本。

2分の1本ですがずしりと重いです。


d0012167_1814546.jpg


ハーフサイズなので半分に切ってあるんですね。
切り口側のこっち側よりもやはり巻き寿司はしっぽ側が大好き。

d0012167_18171645.jpg


かんぴょうの折り返しがしっぽからはみ出てるのがたまらんのです。

具がいっぱい♪ やっほぉ~♪ やっほぉ~♪


さっき、夕刊取りに門まで出たんですけど。
なにしろごーてい、なものですから玄関から門まで約400メートル・・・

うそでっせぇ~(笑)
たかだか10歩ほど。
雨降ってるけど傘もささずにささっとポストを開けてささっと家に入ろうとしましたところ

ご近所さんのどっかのお家から鰯の焼くにほいが・・・

ウチは節分でも鰯は買わへんのです。
小さな鰯は梅とかと炊くと食べるんですけど
焼いた鰯はちょっと苦手なものですから。
で、ご近所さんの焼いてる鰯のにほいで大満足。
節分らしさを満喫した次第でございます。
なんや、得したなぁ~ご近所さん、ありがとう。

門の内側でぽよ~んと立って鰯の焼けるにほいを くんくん くく くん。
あぁ~ありがたや、ありがたや~

いつまでもにほいをかいでいたら雨に濡れちゃったわ。

ってことで
おくさまは相方の帰りを待たずにひと足お先にこの恵方巻にて晩ご飯。

そのまま丸かぶり。
ええっと、どっち方向を向けばいいのかわかんなかったので
あっち向いたり、こっち向いたりしてかぶりました。
恵方巻は何も喋らず黙ってかぶるのです。
方角は見失いましたんですけどもそのルールはきちんと守りました。

ありゃ、恵方巻きのパッケージに方角示してくれてるやん。
うっかり見落としちゃったわ。へたこいたぁ~

ってか、それって、おくさまの現在地からはどっち方向なんやろか?
おくさま、方向音痴っす!つうか、ただのおばかさん♪ 
あっちゃこっちゃ向いてたら目、回るわ・。・


この恵方巻、とても美味しかったっす。
ハーフサイズでもすんごいボリューム。
ジューシーで海苔がしっとりしていてかぶりやすかったです。
男前だが歯が弱い相方もこれやったら今夜まるかぶりしても歯は大丈夫やろと思います。

今日は午後から冷たい雨になりました。
今も外は冷たい雨です。
こんな冷たい雨の夜はさすがの相方も道草ぶっこかず帰ってくるかと思います。
それに今夜のお外は鬼ばかりでしょうから(笑)

相方が帰ってきてからこのお豆さんでひみつの福は内ごっこをする予定でございます。

みなさんも、よい節分をお過ごしください。



長らくブログをほっぽらかしにしてすみません。

半月ほど耳鳴りで難儀してましてん。

右の耳の奥でぐわぁ~んと鳴り出したら止まんない。
病院でいろいろと検査してその原因を探るのにも時間がかかりました。
処方されたお薬が合わなかったりきつ過ぎたりもしました。

耳鳴りでまっすぐに歩くことも出来れへんかったので怖かったです。
鳴り出すとずっと鳴り続けて自分の喋る言葉が右の頭のなかでこだまするもんですからきしょく悪かったです。
元々弱い集中力も欠きますしね。

丁度去年の今頃も同じような耳鳴りで2週間ほど難儀したんです。
そのときは凝りをほぐすお薬とか副腎皮質ホルモンを補うお薬とか
脳の働きと脳の血管を拡張するお薬でなんとか治ったんですけどやっぱり
原因がはっきりしなくって・・・

今回はちょっと長引きましたがやっと原因がはっきりしたのでちょっとホッとしました。

どうやら耳と鼻を繋いでいる管みたいなのんの通りが悪くそこに外気が冷たいのが
重なって耳鳴りがしていたようです。

本当なら耳から鼻に空気を通す治療をすればもっと早く解決したのですが
なにしろおくさまは怖がりなものですからその治療風景を想像しただけでも
パニくって気絶しそうだったのでお医者様も、それはやはり辞めておきましょうと
決断されて時間が少しかかりましたがお薬でなんとか改善されましたが
なにしろ10日間ほど休みなくなり続けていた耳鳴りの余韻がまだ右側の
頭に残ってしまってるのでちょっと体も不安定です。

でも、じょじょに、体もしっかりしてきました。

やっとブログの更新が出来ましたがなにかと日常の雑事も溜まっちゃって
ぼちぼちとしばらくはちょっとわがままに人生を立て直してゆこうと思っております。

そんなことしてる間に、おくさまは47歳になってました。

ありがとうございます!


ってか、
病院のカルテ見て
あっ、今日、誕生日やわ!と、気づいたりしたお誕生日だったりもしたんです。

哀しい・・・


リンク先の皆様にも大変ご無沙汰しております。

おくさま、まだ、生きてます!

でも、まだ、ちょっと、体が不安定でよろよろというか、にょろにょろしてます。
また日を改めてにょろにょろと遊びに伺いますので、どうぞよろしく。

そんで、もうひとつわがままなリクエストをしちゃってもいいですか?

お見舞いとかお誕生日のお祝いとか励ましのコメント、お待ちしております(笑)
[PR]
by pinko_okusama | 2009-02-03 19:19 | 食べっぷり。 | Trackback(1) | Comments(34)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama