おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

こんばんは。
突然ですが、ヒューマニズムにめざめたおくさまです。

二日続けておくさまの読後感想文にお付き合いさせてしまいますがお許しを・・・

さて、今夜はいつもとはちょっと違いますよ。おくさまは。好ご期待。←自分で言うか?

その前にっと・・・
読後感想文を無性に書きたい日というのはスローリーなおくさまもさすがにやることが少々スピード感を出せます。エライもんですね。やりたいことがあるってことは日常が引き締まります。

ってことで・・・
昨日から煮込んでいた春のたこおでん。

d0012167_18334565.jpg


たこのお味がしゅんでたこがすかすか。
いいのです。おくさまはスジ肉が食べられないから。
すかすかの たこを 吸い尽くす春の午後。

美味しくお昼に頂いてから、感想文に取り掛かりました。
また長いです。
要らん部分に余計な力が入っちゃってます。
だって、今日のおくさまはヒューマニズムにめっちゃ溢れてますから。

本日ご紹介する物語は帚木蓬生さんの『安楽病棟』でございます。
ええっと、「はがきぎ ほうせい」さんと読みます。

d0012167_18431856.jpg


久しぶりに帚木蓬生さんの作品を読みました。
10年ほども前でしょうか戦争(第二次世界大戦)を背景に国家と個人のありかたなんぞをテーマにした帚木さんの力作に心を揺さぶられながら夢中で数冊読んだ時期がありました。

さて、10年ぶりに手にした帚木さんの作品はお得意分野といわれる医学サスペンスでございます。
痴呆病棟で起こった相次ぐ患者の急死にはある陰謀が・・・
ってな、ミステリー。

人間らしく、人間として、生きること、生き抜くこと、そして死ぬこと・・・

おはなしの舞台は痴呆病棟。
痴呆症。
初老を越えたおくさまにとってはいずれ、それも近い将来、確実に我が身に降りかかるだろうテーマがずしりと重くのしかかってくるお話でした。

痴呆症は舅が7年間介護施設でお世話になり去年暮、ポックリ逝ってしまった。入所するまでの数年間でジワジワと症状が進んでしまった舅。舅と同居する嫁のわたくしの日々は痴呆症が実際の暮らしと背中合わせ。決して奇麗事では語れません。次の瞬間、何が起こるか分からない。振り回されるのは日々のこと。いつまで続くんやろうって不安な毎日に自分の人生すら諦めてしまうことも。そんな十数年の日々が蘇りました。

物語の後半で展開される痴呆老人の安楽死。
痴呆老人にとって生き永らえることは不幸な事なんだろうか?
医師の考えだけで安楽死させられる事は幸せな事なんだろうか?
考えれば考えるほど堂々巡りで、読み終わり厄介なテーマの物語に手を出してしまった事に正直少々後悔もし、それでいてこれって帚木蓬生さんに大きな大きな宿題を出されてしまったなと思い、生きているうちに答えが出るのだろうかとも思い。

帚木蓬生さんの本って重いんですよ。
テーマもですがページ数も。
活字の大群の前に、常におくさまはチャレンジャー。
本書も時間がかかるだろうと思いながら読み始めたのですが・・・
ぐんぐん読んでしまいました。ええ、もちろん、めっちゃ時間もかかりましたよ。

では、ここから読後感想文は本番に突入です。
って・・・

そうそう、ネタバレごめん。ですので・・・ホホホッ。

More
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-27 19:04 | Trackback(4) | Comments(18)

繋がれた明日。

朝からお届け物がありまして。
酒屋さん経由で。
届けてくださった酒屋さんがここに印鑑かサインお願いしますとおっしゃる。
差し出されたお届け伝票の備考欄を指差しながらボールペンを差し出した。
サインでいいのねとつぶやきながら備考欄に『おくさま』と走り書き。それも、比較的元気な大きな字で・・・

やっちゃったよ。
ええ、間違いなくわたくし本人ですが。

さすがにハンドルネームのサインなんてちょっとヤバイと思いました。

やっぱり判子にムニャムニャムニャ~とか曖昧に言いながらお届け伝票を持って部屋の奥へ。
慌てて『おくさま』をマジックで塗りつぶし判子に朱肉をつけてからポンと捺印。

ゲッ!
判子の頭でついちゃった。
掘ってない部分、頭ってゆうのかしら、そこに朱肉を塗りたくってた。

長方形に黒く塗り潰した横に小さな拇印がひとつ押されたかのように・・・

落ち着け、落ち着け。

気を取り直してその判子の頭でついた小さな拇印もどきの横にようやく判子をポン。
やれやれ。
ってか・・・
備考欄、汚れる。

ってことで、シュークリーム。タカラブネさんのん。

d0012167_14404485.jpg


定価126円(税込)のが特価で105円(税込)。
抹茶のと小倉のと2個ずつお買い上げ。

抹茶を食べる。

d0012167_14433310.jpg


とっても美味しかった。
冷蔵庫に入れてたのでクリームがひんやりしていて気持ちがようございました。
もちろん、皮もひんやり。

さて皆様、今日もまたお待ちかねのおくさまの読後感想文ネタがあるのです。
嬉しいですね。とっても嬉しいです。本が読めて感想文が書けて。なんて幸せなんでしょう。

本日ご紹介するお話は先月、NHKの土曜ドラマで放送された『繋がれた明日』の原作でございます。

ご覧になられた方もいらしゃるでしょう。
おくさまは読みたかったので見なかったのですがビデオにでも録画しておけばよかったと少々後悔。

著者は、真保裕一さんでございます。
織田裕二さん主演の映画『ホワイトアウト』の原作者でもあります。
おくさまは残念ながら『ホワイトアウト』は未読。
真保裕一さんの作品は『繋がれた明日』で始めて読む作家さんなのです。

d0012167_1675276.jpg


最近、犯人逮捕で事件解決、そして物語が終わるというミステリよりも事件のその後、加害者や被害者、その家族、周囲の人たちをテーマにしたミステリを読む傾向にあります。
それだけ事件のその後をテーマにした物語を描いた作品が多いのかもしれませんね。

事件の当事者である加害者と被害者だけでなく、ひとつの罪が沢山の人を巻き込みそれぞれの人生すら狂わせてしまう。

ひとつの罪が新たな罪を呼び寄せてしまったりそのことでまた新たな加害者や被害者を生み出す哀しい事だけは実社会の中で決して起こって欲しくないと願うばかりです。

物語の主人公は中道隆太。26歳。
19歳の夏、殺人を犯した。
最初に殴りつけてきたのは被害者。
事実とはかけ離れた目撃証言。
殺すつもりは無かったけれどナイフを使った愚かさは深く反省し、殺人を犯したことを悔やみ、被害者にもすまないと思いながらも自分だけが悪かったとは納得できないまま7年の刑期のうち、11ヶ月を残し、隆太は仮釈放となります。
仮に釈放を与えられた刑期の途中であるどこか不安定で危なげな日々の隆太。
周囲の人たちとの関係の中でなんとかしてまじめに働き出した隆太でしたが・・・。


続き、長いです。いつものことですが・・・
あっ。おまけに、ありがたくもないネタバレをしちゃってますので。

More
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-26 16:06 | Trackback | Comments(10)

筍。

ここ数日、朝目覚めると寝違えたかのような痛みが右の首筋に走るので今夜こそ寝違えませんようにと祈りながら眠った昨夜。
得手の左半身を下にして「く」の字型で身体を丸めてすやすや眠るおくさまでしたがなぜか全身が重苦しく息苦しく、その寝苦しさに丑三つ時に目覚めたらこれまた「く」の字型でガォゴォー眠る相方がおくさまの右半身に全身の体重を使って背後から乗っかっりそんなめっちゃ寝相の悪い相方の右腕をおくさまは右肩に背負うようにして胸の前に巻き込み背負い投げのポーズで眠っていた事に気付き、寝技で責める相方をここで投げきっていればおくさまの一本勝ち。って、そんな問題ぢゃなくって。
相方へ・・・起きてるときに乗っかってきて。って、そんな問題でもない。


そんな感じで・・・
いつだったか相方が貰ってきた掘りたてほやほやの筍。

d0012167_15592496.jpg


相方が毎年どなたかから頂くとぶらさげて帰ってくるねんな。
それも、まるで自分が猪を捕らえたかのようにほこらしげに、やねん。

そっと寄り添う猪の夫婦。って感じにデジカメでパシャリ☆

ってことで・・・
適当に裸にして、適当に水から湯がいてホットプレートで焼き筍にしたら美味しいな。
で、早く食べないと相方に全部食べられちゃいそうやったので写真を撮っている場合ぢゃなかったのです。

そんで・・・
その後、お好み焼きを焼きました。

d0012167_16173528.jpg


お好み焼きは最近、ソースやなくってポン酢であっさりと食べてます。
ソースやと、最近、翌朝、喉がめっちゃ渇くのです。
年でしょうか喉の渇きが命取りかなりつらいですから。
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-25 17:19 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(14)

意外とバトン好き。

ヤマボウシさんからバトンをありがたく頂戴しました。

1) 回してくれた方の印象をどうぞ

ヤマボウシさんがお母さんだったらいいなぁ~って思うことがしばしば。
ごめんなさい。年齢的には同世代なのですが・・・
まっすぐで潔い人だとも思うし、こだわるとこはきちんとこだわってる人だとも思う。
悪いことをして姑息な気持ちを抱いたりなんかしたらちゃんと叱ってくれる人だと勝手におくさまは思っております。
ヤマボウシさん、どうぞ、これからもよろしくね。


2) 周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。

● ゆっくりしている子。

もうちょっと自転車を早くこがなきゃ倒れそうだとよく言われる。そうやなと思う。
そういえば・・・
高校生の頃夏休みの宿題を冬休みが終わってから提出して先生に「お前は10年遅れてる」と大目玉くらったことがあります。
ゆっくりというか、遅れてるというのでしょうか・・・

● 諦めの早い子。

今までの人生、辛い事が多すぎました(謎)。

● 他人に頼りすぎる子。

根っからの他力本願なんですよ。
諦めが早いくせに他人に依存しがち。
自慢できる事じゃないですよね。

● ちょっとおもろい変な子。

動くとおもろさ10倍と言われますが・・・なにか?
喋るなといわれても・・・

● 飲まなきゃいい子。

お酒を飲まなきゃいい子なのに・・・と、自他共に認めている。
おくさまの周囲には飲まなきゃいい人なのに、って人が沢山ウロウロしている。


3) 自分の好きな人間性について5つ述べてください。

『知識が豊富』で『頭がよく』って『意志が強く』って・・・
そのくせ、お酒や女性でちょこっと失敗もする人間性?についついほだされますが・・・

なんか、真の強さとは裏腹にどこかに弱い部分がある男性がとても大好きですね。
だから、苦労するのかなぁ~。ってか、好きな男性について述べちゃってますね。


4) では反対に嫌いなタイプは

『自分の失敗を素直に認めない人』って他人の失敗を許さない気がするのです。

人間って完璧な人はいないでしょ。そやのに『他人の小さな粗探しばかりする人』は苦手です。


5) 自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか

ん~・・・
藤原ていさん。

「国家の品格」の著者である藤原正彦さんのお母さん。
正彦さんが2歳のときに5歳の兄と生まれたばかりの妹と幼い3人の子供を連れて敗戦後満州から引き揚げてきたていさんの壮絶な体験を描いた手記の「流れる星は生きている」を読んでから。

極限状態の不公平な環境の中で命を守るために闘う母親の姿に自分もそうありたいと思いましたから。


6) 自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。

ほんとに、わたくしで、いいのですかぁー!


7) そんな大好きな人にバトンタッチ5名

すみません。
ここでバトンは置いちゃいます。ごめんなさい。
もし、お持ち帰りになりたい方がいらっしゃればどうぞお持ち帰りください。

ってことで・・・
なんちゅうか、また夢中になってしまいました。
楽しかったですよ。ヤマボウシさんありがとう。


そんな感じで・・・

今朝はゆでたまごが綺麗に剥けました。
明け方めっちゃ風が強くって雨も降っていてめちゃめちゃなお天気でしたけど朝は晴れてましたけど風が強い。
けど、ゆでたまごが綺麗に剥けたので今日のおくさまは絶好調な予感がしてました。
案の定、夕方までは絶好調でした。
夜、また相方と喧嘩勃発にならなければ今日はきっといい日。

ゆでたまごってな、
茹で上がってまだ暖かいうちに殻を剥くと綺麗に剥けると気がついたねんな。
けどな、何の根拠も無いで。科学的に何か証明とかは無いで。
ゆでたまごの殻剥きで四苦八苦の皆様のご参考になれば・・・

なっ、ぷるるんとしてるやろ。
サンドウィッチにしようと思ったんやけどあまりにぷるるんやからゆでたまご潰すのがもったいなくって・・・

d0012167_1737837.jpg

[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-20 17:50 | 暮らしっぷり。 | Trackback(4) | Comments(19)
d0012167_1211633.jpg


なんだか、落ち着かなかったここ数日・・・
なんちゅうか、集中力も欠き・・・


暮らしに何か大きな変化があったわけでもないんやけど・・・

ちょこまかと小さな用事が重なって毎日がジタバタ。

ちょこちょこと途切れ途切れの空白の時間をうまく使えないからあかんなぁ~。

んで、今日こそはブログをするぞ!とかって思いながら
今日こそは、今日こそはとなかなか落ち着かず・・・

ってか、
ちょっと、寝すぎですけども・・・
俺より先に寝てるし、俺より後で起きてくるし、俺より先に酔ってるし・・・
と、相方に指摘されるも決してくじけない。耐え忍ぶおくさま。

ってか、
ネタも無かったねんな。
愛も無く。金も無く。無い無いづくしの日々。
↑これは相方、あんたのせいや!



ってことで、
遊びに来てくださった皆さん。ごめんなさいです。
コメントのお返事もめっちゃ遅くなってしまいました。ごめんなさいです。
いつもお世話になっておきながらご訪問できなかった皆さんにもご無沙汰しちゃっいました。ごめんなさいです。


そんな感じで
いちごなんですけども
ちょっとお安くなりましたね。
ひとパック250円。
それがな、
午後4時に半額シールを持ったスーパーのお兄さんがそのシール貼ったとたんに
いちごが乗ったワゴンに人だかり。
あー怖かった。差し出した手をパシッ!とはじかれ痛てっ!
けど、案外いい位置にいたおくさまは見事げっちゅー!
こんだけで125円や。22個もあるねん。数えたねん。やったねん!


ついでに
399円の小ぶりなうな重ひとパックを3割引にて見事げっちゅー!

d0012167_1244869.jpg


これも、危ないところやってん。
いちご売り場とうなぎ売り場が離れてたしな。
半額シールがペッタンコしたいちごのパックが入ったカート押しながら
びゅーん!跳んだねん。
決死の覚悟でげっちゅーしたねんな。

スーパーでのお買い物も命懸けや。
けどそれもこれも、いちごもうなぎも、全ては相方のためやもんな。

そやのに!
相方は晩ご飯食べると言っておきながら酔っ払い午前様でご帰還したねん。

もちろん、大喧嘩や。

あんたはあたしのことなんかなんにもわかってへん!
おまえもおれのことなんかなんにもわかってへん!

意味も無く別れる切れるの大喧嘩や。
遠くで午前3時のコケコッコーが聞こえてた。

こんなことやったら、いちごもうなぎも買わんといたらよかった。
いちごにもうなぎにも罪は無いけど・・・

今日はお買い物には行かない。いちごもうなぎもあるしな。
さて、気を取り直してネットして遊ぼうっと。
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-19 13:36 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(18)

ホットプレート。

去年の秋、ホットプレートを買っていたのにほったらかし。

後片付けが意外と厄介な気がするホットプレート。
家族が揃って仲良くないと似合わないホットプレート。

相方に「今夜のおかずは何?」と聞かれ「焼肉」と答えておいた。
我が家ではホットプレートで焼いた料理は肉があろうがなかろうがまとめて「焼肉」ということにした。

ホットプレートを箱から出したんですけど。
タイガーホットプレート<これ1台>なんですけどもね。
3枚プレートとかで・・・
たこ焼きプレートもあるけどたこ焼きは自分で焼いた事がない。
大阪のおばちゃんなのにたぶん、使わないだろうなぁ~。
焼肉プレートは水入れたりとか邪魔くさいなぁ~。肉買ってないし。

色々付属品がありすぎて少々、厄介。

平面プレートだけのを買えばよかった。と、ちょっぴし後悔。

では、平面プレートを使って「焼肉」してみましょう。

d0012167_2154964.jpg



わっ、わびちいぃー。
ええねん。ええねん。
ちょっと調子見るだけやからな。
広いプレートを元気一杯ウィンナーを転がしているとちょっと楽しい。



d0012167_211041100.jpg



なかなか調子がええやん。
おぉー!ぷちっ!って向こう側の1本が跳ねたぞっ。
ホンマヤで。
おっ!焼けたぞっ!
美味しいやん。
し、しまったっ!
ウィンナーこの2本しかないのに全部喰っちゃったぞ!



d0012167_21203693.jpg



もやしと豚バラとちくわ炒め。
なんか・・・地味。
豚バラだけ食べられないから除けて食べた。



以上が今夜の我が家の「焼肉」料理。
ってか、ひとりで何してるんだろうわたし・・・
こんなだだっ広いホットプレートの上でセコセコと・・・

これじゃあ、ちょっと足りないな。

ってことで
海老シューマイをレンジでチン。
ホットプレートで遊ぶのも飽きちゃったしね。


d0012167_21333695.jpg



マルちゃんのチルドとかって海老シューマイ。
これ好きなんですよ。





今、相方からパチンコしてるコール。
帰ったら晩飯、喰うぞっ!
焼肉って言ってしまったもんなぁ~。
えらいこっちゃやわ。
焦げ焦げで縮んだ豚バラがホットプレートに数枚乗っかってるだけやし・・・
とりあえず、冷蔵庫の中にあるもので焼けるものを探さなくっちゃ。
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-10 21:50 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(26)

満開。

家から徒歩3分の黒鳥山公園の桜が満開になりました。
この土日は混むだろうと思い昨日の金曜日に散歩に行きました。
平日にもかかわらず家族連れも多くお花見見物で賑わってました。

この公園には500本の桜があるそうです。数えた事はありませんが・・・
入場料が無料で300台の駐車場も無料。年中無休。
この駐車場が桜が満開になる頃の土日は満車になるんですよ。
高台にあるので市街の眺めが素晴らしい公園です。

徒歩でとことこと出かけたおくさま。
公園までの道中も渋滞して動かない車の横っちょをのんびりと追い抜きこっそり秘密の入り口から公園内へ・・・



d0012167_132455.jpg


宴を張ってます。



d0012167_13175371.jpg


綺麗なお姉さんたちも桜をパシャリ☆




d0012167_13253480.jpg


元気に開いてますね。





満開の桜たちを眺めながら公園の一番天辺のメイン広場へ・・・


d0012167_1331243.jpg


ちびっ子たちも元気に遊んでます。




d0012167_13321917.jpg


何食べよう・・・

あっ・・・
お財布・・・
持ってへんかったんやわ。
散歩やもんなぁ~
シマッタ。シマッタ。

ソースの匂いとかしてくるねん。
けど、何処からか焼肉の匂いもしてくるねんな。




d0012167_13383883.jpg


満開の桜の木の下で焼肉宴会ってええよなぁ~。
お嫁に来た当初はここでお花見焼肉宴会をしたなぁ~。
車が混むのでチャリで道具や材料を運んだなぁ~。
おしっこするのに家にちょっと帰ったりなんかもしたし・・・

おくさまはひとりぼっちのお花見。
鼻炎がちょっと良くなったので焼肉宴会している匂いを吸い込んで楽しんだ。

そういえば・・・
去年、桜が満開になった週末、寒かったからおでん炊いてた宴もあった。
それこそ、いい匂いやったなぁ~。




d0012167_13425820.jpg


雪洞。
9日の日曜日までライトアップされるねん。
夜桜見物したいけど・・・
相方は夜桜に興味なしやしなぁ~。
週末は午前様やしなぁ~。
毎年のことやけど、夜桜は今年もお預け。




d0012167_13462737.jpg


宴会場の場所取りしてる。
「9日午後6時~○○会・宴会場。それまではどうぞご自由にお使いください。」
って書いた看板みたいなのが木のとこに置いてありました。
ご丁寧に携帯の連絡先まで書いてありましたよ。
公共の場やもんな、当たり前のことなんやろうけど・・・
そういうお気遣いって大切やもんな。
○○会の皆さん、日曜日は楽しい宴会になるといいですね。
おくさまも呼んでください。黒田節ぐらいなら舞えます。自己流ですが・・・



d0012167_1444849.jpg





今年も楽しいお花見が出来ました。
ひとりぼっちですが・・・
ええねん、今年もまた桜が見れましたから。

いっぱいお写真をペタペタ貼ってしまった。

次の雨で桜は散っちゃうんやろうなぁ~
桜が散っちゃうのは残念やけど今度はこの公園で緑の季節を楽しもうっと。
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-08 15:01 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(18)

ウォシュレット。


d0012167_16102824.jpg

今日は雨。
春は動きが鈍くなるおくさま。雨だと余計に動きが鈍くなる。

ベランダから外を眺めると所々ほんのりピンク色に染まっている。
あんな所にも、こんな所にも、桜の木があるんやなぁ~。
今日の雨はまだ桜の花散らしの雨ではないらしいので春の雨の中の街のぼんやりとした風情を楽しんでいたら雨があがっていた。
今朝、傘を持っていった世の中の人たちが雨の止んだ夜帰宅するとき傘を忘れないといいなぁ~とかのんびりと考えながら過ぎてゆく春の雨が降る一日もまたそれなりに楽しい。


そんな感じで・・・
昨夜一夜をともにした男前豆腐のテツオをマーボー豆腐にした。

d0012167_16401451.jpg


テツオは木綿だった。
380グラムで138円だった。
男前豆腐とか風に吹かれてのジョニーとかよりもお値段がお安い。
おいしい豆腐だった。今まで食べた木綿豆腐の中で一番美味しかった。
煮崩れもしないし、お豆腐のお味が濃い。ちょっと甘く感じるお豆腐だった。

我が家のマーボー豆腐は鳥ミンチ。
マーボー豆腐の素は丸美屋の中辛。
ネギの切り方が雑。


で、トイレのウォシュレットのことなんですが・・・
お食事中の皆さん、失礼!

「トイレは絶対、TOTOやよな!」とえらい勢いで同意を求める相方。

「どっちゃでもええやん」と答えたおくさま。

「なんでやねんな。TOTOやないとあかんやろ。
ウォシュレットのノズルから噴出する温水がおケツの穴に命中させるのにNationalやとおケツの穴の角度をちょっと移動させなあかんやろ・・・」

こんな感じに・・・と言いながらキュッと微妙な角度へ尻振る相方。

「けど、TOTOやったらう○こさんしてから座ったままおケツの穴に温水が見事に命中するもんな。そやろ・・・」

あかんやろ・・・とか、
そやろ・・・とか、
そう、おっしゃられても。

「ウォシュレットなんかしないからわからへん」と相方に答えたら「うげっ!おまえ、ウォシュレットしてへんのかっ!」

逃げられた・・・

誰のおケツの穴を洗ったか分からないようなのんっておくさまはちょっと嫌だ。
けど相方はウォシュレットがなければ生きてゆけないらしいのです。

なんでも・・・
つい先日もお昼に営業先でう○こさんしたけどウォシュレットが無かったのでヤバイと思っていたら夕方に案の定おケツの穴が切れちゃって痛かったそうな・・・

それって・・・たんなる  
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-05 16:51 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(14)

くもじ。

相方が営業先で菜の花の塩漬けを貰ってきました。

d0012167_19582627.jpg


軽くお水で洗って絞って食べやすい大きさに切ってゴマふって・・・

美味しい。
そのまま食べられる。おしょうゆも何もいらない。とってもいい塩梅。

菜の花の塩漬けを相方は『くもじ』と呼びます。

なんでくもじなの?と何度か相方に聞いたんですが「くもじはくもじだよ」と言うばかり・・・

調べたんですが・・・
女房詞だそうです。
なんのこっちゃですよね。

室町時代、御所に仕える女房たちによって使用され始めた食物や衣服や日常の用具に関する言葉の隠語だそうで菜とかの漬物を『くもじ』と言ったそうです。どうでもいいことですが・・・


今日、瓦がやってきました。
一番最初に屋根を仕上げるのだそうです。
で、昨日、相方が瓦の色を決めたのですが・・・

「コーヒー色にしようね」とおっしゃるので「黒ですね」とおくさまは答えましたが「ちがうよ。この色だよ」とペットボトルに入ったウーロン茶を指差しました。
「ウーロン茶色の瓦ですね」とおくさまは確認しましたが「どうしてっ!コーヒー色だよ!」と相方の声が大きくなりました。一歩も譲らないのです。相方は一体どんなコーヒーを飲んでいるのでしょうか?
でも、決まったようです。「ごっつい いいのになるよ」と相方は満足げ。
おくさまはまだその瓦を見てませんが今週中には屋根が出来上がるとか・・・


で、「瓦の次に2番目に何をするのですか?」と相方にお聞きしましたところ・・・

「エレベーターだよ!」

ニカッ☆と笑った相方の差し歯が光る。

聞くんぢゃなかった・・・

昨日の朝、エレベーターの業者さんと打ち合わせを済ませたそうです。
そんなん、聞いてませんけど・・・
もぉー・・・ちゃっかり者の相方め。
屋根が出来たらついにエレベーターが納入されるのです。もう引き返せない。


気を取り直して・・・
エレベーターの次はお風呂なんですって。

エレベーターもお風呂も先に入れちゃわないとダメなんだそうです。

「魔法びん浴槽に決めてきたよ」
なんですかそれ・・・

「次の日の朝の残り湯も温かいんだよ 朝風呂に入れるほどだよ」
温泉じゃあるまいし・・・

「ひろびろ浴槽だし ゆったり浴槽だしね」
一緒に入ってもくれないくせに・・・

「そうそう、カラリ床だよ 次の日の朝には靴下のまま浴室歩けるよ」
そうやって歩く必要あるの・・・

って・・・好きにしてください。

d0012167_20555925.jpg浴槽はこんな感じ。

この、濃い色目がTOTOでしかなかったのでお風呂はTOTOにしたんですって。

「きらきらですね」と、おくさま。

「きらきらだよね」と、相方。

こんにゃくみたい。こんにゃく風呂。

この浴槽で壁とか床とか相方が決めてくれました。

お風呂はまた出来たときにパシャリ☆とする予定です。
これじゃぁよくわかんないもんね。

そうそう、電気の配線はNationalさんの『宅内LANパネルまとめてねット』ってのに決まりました。

こんな感じで相方は色々勝手に決めてくれます。

昨夜は、昨日決めた事をおくさまにご報告するために午後8時過ぎというビックリするほど早い時間にご帰宅してくれた相方ですが今夜はまたどこかへ夜の蝶を追っかけに行きました。

いいんです・・・

だって、今夜は朝までテツオと一緒ですから・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-04 21:27 | 食べっぷり。 | Trackback(3) | Comments(14)

上棟式の日のこと。

4月ですね。
4月1日のエープリルフールってね、
軽いいたずらで嘘ついて人をかついでもいいけど午前中だけやそうですよ。
そうとは知らず相方め・・・

それはそれでこっちへ置いといて、と・・・




d0012167_052821.jpg



オオシマザクラ系の桜が冷たい風に揺れながらも満開に・・・。

3月最後の日の朝早くデジカメでパシャリ☆としてたおくさまに「オオシマザクラ系の桜ですね満開ですね。」と通りすがりのウォーキング中の年配の男性が教えてくれました。なぜか標準語。解せん。けどこの桜の名前知らんかったからね、おっちゃん、サンキュウ。

この桜はどちらかというと真っ白。なんか、清楚。
ソメイヨシノとはまた違った味わい。

そんな感じの・・・
3月31日金曜日・大安。
冷たい風・・・
でも晴天。


d0012167_23553429.jpg基礎工事を終え、1階の建物の骨組みが出来上がりようやく迎えた上棟式の日。

午前7時30分、現場にて職人さん(大工さん)や工務店の社長さんたちと相方とおくさまたちは棟上までの基礎工事の無事の感謝と竣工までの無事を祈って塩と洗い米とお神酒によるお清めをつつがなく終了。



d0012167_0391583.jpg2階の骨組みをつくってゆきます。
冷たい朝にクレーンの音が響きます。
ご近所さんにはかなりご迷惑をおかけしているがご近所のみなさまは「おめでたいことやから。」とか「新しく家が出来る音は気もちのええもんや。」とか。
有り難いこっちゃなぁ~。




柱や梁なんかに使われる新しい材木の匂いが漂う冷たく綺麗な朝でした。




d0012167_048205.jpg


たっ、高い。

d0012167_0504760.jpg


カーン、カーンと乾いた音が青く高い空に響きます。
お騒がせしますが、ちょっと気持ちがいい音だったりもするのです。
高いところばかり眺めていたので首が凝る。
おまけにお口をぽかんと開けたまま上を見ていたのでアゴまで痛い。嬉しい痛み。


d0012167_0574144.jpgお祝いの御酒が届いちゃったりもして・・・
嬉しい。

おくさまはこんな感じでのんびり楽しんでいましたけど建主である相方はとても忙しくしていました。
なんかやることがいっぱいあるみたいでしたが相方がウチの行事に関しましてはほぼ仕切っておりますので全ての手配は相方が奔走しておりました。
おくさまはご近所のおばちゃんたちとくだらない世間話に花を咲かせたりデジカメでパシャパシャしたり、おめでたい特別な日でも、のほのほのん♪と幸せだけをしみじみと感じながら過ごしていました。



d0012167_1184747.jpg


↑午後になって2階や屋根の骨組みが出来てきました。

d0012167_1212383.jpg


↑玄関側からの角度から見たお家の骨組み。

d0012167_1244350.jpg


↑全体的な骨組みはこんな感じ。


d0012167_1394788.jpg2階と屋根の骨組みが出来上がったので新しい家の祝福と工事に関わる職人さん方達へのねぎらいとこれからの工事の無事と完成を祈願する上棟式がいよいよ始まる。
このお写真の飾り物を2階の棟木へ・・・
相方は職人さんがたや工務店の社長さんや従兄弟たちと2階へ・・・
ウチは省いちゃったけど餅投げするならこのあたりかな。

おくさまは2階へは上がらず・・・
下からは良く見えなかったのでお写真が撮れませんでしたがお清めやお祓いをしてパンパンと成就を祝って手締めで締めくくりつつがなく上棟式が終了しました。

1日の作業もようやく終わりました。

午後6時を過ぎていました。みなさま、お疲れ様でございました。
寒い夕方でしたが実際に自分が暮らす家を建てる様子を実感できて大満足でした。

ってことで・・・
d0012167_265039.jpg
職人さん方の上棟式のねぎらいの宴を催すために家から徒歩2分もかからない村の中にあるお蕎麦やさんへ・・・
本来なら建物の一角に宴を張るのですが、まだまだ寒い時期でもありますしお店を予約しておきました。





d0012167_2214197.jpgお酒がいっぱいありますよ。
こらこら・・・





相方は建主として皆様にご挨拶。
社長さんの乾杯の音頭で乾杯。
そして無礼講。
後は記憶にございません。
このお店のお写真は正体をなくしてから撮影したと思われます。
記憶には無いが記録には残った。はい、反省しております。


というわけで、
皆様のおかげで無事、上棟式が終わりました。
上棟式って建物の生まれる第一歩でもあるそうです。
3月31日は我が家のお誕生日という事になるのでしょうね。
大切な記念日となりました。

皆様、ありがとうございました。
幸せな一日でございました。一生で特別なただ一度の幸せを充分に味わいました。
こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。夢なら醒めないで・・・
この日のことは一生忘れないでしょう。
そんな我が家の上棟式は相方がちょっとかっこよく感じた一日でもありました。
家を建ててもらうということがどんなにありがたく喜ばしいことなのかを強く感じた日でした。
[PR]
by pinko_okusama | 2006-04-02 03:18 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(24)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama