おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アイスとお宮の松。

冬の夜にアイスを食べるとなぜかとっても幸せな気分になる。
夏よりも冬の方がアイスは美味しいような気がするんやけどなんでだろ。

ってことで・・・
週末になるとスポーツ紙を買いにコンビニへ入ってゆく相方。
競馬するんですけどもね。ええ、当たったためしがありません。
で、コンビニで珍しくアイスを買って来てくれましたのよ。

d0012167_2104282.jpg


コーンの尻尾の部分がほんのり湿って美味しかったでございますわ。

d0012167_211179.jpg


中央のチョコの部分がめっちゃ冷え冷えでちょっと固めなので噛み締め甲斐がありましたわ。



で・・・
とうとう我が家のというか元我が家のあったところがキレイサッパリしちゃいました。

d0012167_2151432.jpg


松殿だけが心細く残りました。

そして、そこはまるでお宮の松の舞台・・・

「熱海の海岸散歩するぅ~♪」

ええ・・・
尾崎紅葉さんの『金色夜叉』の名場面『貫一お宮の泣き別れ』の舞台が見事にできちゃいました。思ってもいなかった展開におくさまはすっかり愛欲と金銭欲に葛藤しどちらの欲も手に入れたいと苦悶する文学少女。

ダイヤモンドに目がくらんだお宮演じるおくさま。
「来年の今月今夜のこの月を僕の涙でほにゃららら・・・」の名台詞を残し行方をくらます貫一演じる相方。

いやまてよ。相方にこの台詞を噛まずに言えるかどうかが問題だ。
急募!お宮演じるおくさまの相手役・貫一募集。出来れば男前がいい。


そんなことを楽しく空想していたら晩ご飯も作っていなかったことにやっと気がついたと同時に『金色夜叉』のちゃんとしたストーリーすら知らなかった事にも気がついたがいいブログのネタになった。オチもなんとなく決まったようだし・・・
では、今夜はこの辺で・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-30 21:48 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(16)

晩秋の黒鳥山公園。

d0012167_21113097.jpg


春は桜で賑わう黒鳥山公園。

その公園の麓の地元民だからこそ知る秘密の入り口までチャリで2分。

チャリを適当なところへ停めて公園内をぷらぷらと歩きました。

風が強かったけど晩秋の木々の中を歩いているとぽかぽかしてきました。
午後の柔らかな日差しをたっぷり浴びて気分は北原白秋。
ポエマーなおくさまだが気の利いたポエムは浮かばなかった。残念だ。
ってか、北原白秋ってポエマーだったか自信がない。


こんなちっちゃな可愛いお花さんたちがが咲いてたんですが・・・お花の名前がわからない。

d0012167_21215753.jpg



d0012167_2127762.jpg


d0012167_21272434.jpg


健気さに少しだけ立ち止まる。


桜の紅葉は既に散ってしまってもう少し早く紅葉を楽しめばよかったと後悔。

そんなおくさまが空を見上げれば黄色いいちょうが元気いっぱい。


d0012167_21335192.jpg



そんで、散った黄色いいちょうたちを踏んづけてた事にも気がついた。


d0012167_21441027.jpg


以前・・・
まりんさんが撮影したぽろぽろ落ちた可愛い金木犀とか・・・
プリンセス嬢こと、なおさんが撮影したころんころんとした可愛いどんぐりとか・・・
すんげぇ~かっこで撮影したんだなぁ~なんてね。
ホント足元のネタを拾らおうと必死になれば這いつくばる苦しさもなんのその・・・
お腹がつっかえちゃって・・・絶対に誰にも見せられないお姿でした(苦)。
勾配に腹這いとはこれいかに・・・



帰り道・・・
飛行機雲が道案内。。。。。


d0012167_21203676.jpg

[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-29 21:59 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(24)

恐怖のエレベーター。

家の図面が出来上がり相方とほのぼのと見ていたんですよ。
おくさまはこういったものはちんぷんかんぷんです。
で、相方は工務店の二枚舌営業マンのおっちゃんなんで
こういうことにはかなりうるさい。

で、よく図面を見ると『EV』という半畳程度のスペースが1階と2階にあります。
もしかして変なビデオを鑑賞する部屋なのかしらとぞくぞくそわそわなおくさま。
それって、AV

「これが、噂のエレベーターや!」と、相方。

「え"っ。。。そんなもん、いらんやん。」と、おくさま。

そういえば・・・
つい先日も住まいの展示会なるものに相方の工務店でお家を建てているお客様とご一緒に足を運んだ折、家庭用エレベータがありまして、その施主さまのコセガレが「エレベーターに乗りたい」などと言い出し、相方は「ほな、オッチャンと一緒に乗ろか。」といって楽しく乗り込んで上がったり下がったり・・・。

本気や!

「足腰が弱くなって2階のベランダに洗濯物干すのに便利だよ。」と、相方。

「エレベーターに乗らな、2階へいけないようになったら洗濯物なんかもできるワケないやんか」と、おくさま。

「2階の和室に、お客様をお通しして酒盛りするやろ。そんでお帰りの折にはエレベーターに乗ってもらったら階段で転ぶ事もないし安心や。」と、相方。

「そしたら、エレベーターに乗った酔っ払いのおっさん達を閉じ込めちゃろ。」と、おくさま。

「そら、みんな、びびるで。おまえ、おもろいな!」と、相方。

「恐怖のエレベーターや!」 ギャハハハハッ! と、ふたりでしばし笑いあい・・・

「なっ、楽しいやろ。エレベーター。」と、相方。



いやっ、そうとちゃうねん!あぁ~あっ。これでエレベーターのある暮らしやわ。



すいませんが、エレベーターをご家庭でお持ちの方がいらっしゃいましたら何かご意見をいただけると有り難いです。ええ、否定的なご意見を・・・

エレベーターのある暮らしって・・・いらんやろ!そんなもん。なぁ~みんな!


ってことで、ヒレカツの晩ご飯。
おくさまが揚げてん。でっかいやろ。美味しいよ。


d0012167_185563.jpg


キャベツ添えたかったんやけど・・・
他のお買い物が多くって重かったので軽いグリーンフリーブを買ってん。
グリーンフリーブにつけた赤いソースは「ケチャマヨコチュジャン」。
読んだとおりの材料を混ぜたソースっす。
なんかマイルドなお味やねんな。そんで体がホカホカしてくるねん。

ヒレカツには辛子とブルドッグソース。

「ケチャマヨコチュジャン」はもうひと手間かけて温野菜とかにつけて食べる所を
撮影していたらおくさまも素敵な奥様の一員になれたのになぁ~。

なんちゃって、後一歩のところで手を抜いたことに少しだけ後悔している。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-27 18:26 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(26)

おひとりさま水炊き。

d0012167_18555866.jpg


我が家ではちゃんこ鍋でもしゃぶしゃぶでもとりあえず鍋物料理は全部『水炊き』といいます。

で、我が家の水炊きには出来上がりに必ずとろろこんぶをのっけます。


そんで、水炊きする土鍋は我が家には同じのが2個あります。

d0012167_19395856.jpg


サイズは7号です。(ある意味、羨ましいサイズだったりもしますよね^^)

ってか、引越しの箱がどうしてもまだ2個片付かへんねんな。どうしましょう・・・

まっ。それはそれとして・・・

土鍋のひとりっきり用の6号サイズやと小さすぎるねんな。
100均でも売ってるけど、ちょっと小さいんよなぁ。

で、去年、このふたり~3人用のをひとつ500円(税込)でご購入。
けど、これでも、色々と具を入れたらおひとりさまで楽しめます。

相方は飲んで帰らなくってもご帰還が遅いので
うちではふたりでご一緒にお鍋を囲み、水炊きを楽しむちゅうのちょっと無理やし。

そやから、水炊きのときはわびしくひとり鍋なんやけど・・・

これがな、それなりにおひとりさま鍋で楽しめるねん。

おビールは一本にして(大ビン飲んじゃったよ・・・)飲みながら準備するねんな。
そんで、水炊きが出来上がったらウィスキーの水割りで美味しく頂きまぁ~す。

冬の夜は水割り。安物のブランディ、サントリーの『v.o』なんやけどね。
そんなおくさまのおひとりさま水炊きはめっちゃ幸せやわ。。。


相方ぁ~。いつになったら帰ってくるねんな(怒)。
「打ち合わせ!」「打ち合わせ!」っちゅて、あんたはADかっ!(怒)
ちゅうワケで・・・あなた、早く帰ってねん。夜は長いのよ。ふふふっ。。。
血の雨が降る事もなく 静かに夜はふけてゆくのです。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-26 20:14 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(12)

冬の限定缶。

d0012167_18394890.jpg


家の解体工事が始まって一週間がたちました。
徐々に解体される家を見るのがちょっとせつないので
見ないようにしてたんですが・・・

今日、チャリでお買い物に出たついでに家の前を通ってきました。

ほとんど、解体されてました。

黄色い小型のブルドーザーでゴリゴリしている我が家の敷地の瓦礫の中に
チラリと見えたのは・・・

確かに見覚えのあるお風呂場の桃色のタイル。

ちょっと、泣きそうになりました。。。

ご近所のみなさま。ご迷惑をおかけいたします。
解体屋さん。あと少しですね。よろしくお願いいたします。


そんな感じで・・・
限定とかって言葉に非常に弱いおくさまです。こんばんは~。

カクテルパートナーの冬の限定缶ちゅうのんを買ってきました。

甘いカクテルは苦手ですが、ここのは意外と飲めるんですよね。

ほな、スノーベリーから飲んでみよか。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-24 20:20 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(22)

キャベツのお漬物。

d0012167_14254099.jpg


キャベツを作ってらっしゃるご近所さんの畑でピリリッ!と冷えた朝のとれたてキャベツを頂いた日はお漬物にしちゃいます。

ご近所さんではキャベツや白菜を畑で作っていて冬場はとれたてをいつも頂くので
実は我が家には『必殺!お漬物器』なるものが冬の時期には登場するんやけど・・・

それが・・・
引越しのばたばたで、何処へしまいこんだのかわからなくなって・・・

ってことで・・・
100均でいっぱい買ってあるタッパウエアーを使いました。

d0012167_14384422.jpg


キャベツとにんじんを適当に切ってどさっとタッパへ・・・
そこへ、お塩を少々、そんで、塩こんぶを入れて混ぜ混ぜしました。

塩こんぶはこれまた100均で売ってる安物の乾燥した塩こんぶ。
細切りになってるヤツっす。
キャベツは四分の一程度でにんじんは半分で塩こんぶはふた掴み程度。
あんまし、塩こんぶを入れるとキャベツの色が黒くなるからな。
塩そのものも、塩こんぶを入れるので少々加減してちょこっとだけ・・・


で、ひと晩漬けて、いただきまぁ~す。
塩こんぶの塩とこんぶのミネラルと・・・
キャベツとにんじんの甘さと・・・

美味しい。
あっ。胡麻をふるのを忘れてパシャリ☆としちゃったわ。
胡麻ふればこれまた胡麻の香ばしさ。どんどん♪
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-23 14:50 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(21)
d0012167_15285122.jpg


めっちゃ、寝相の悪い相方とおくさま。
真夜中に眠ったままで布団と毛布の争奪戦が繰り広げられている。
朝目覚めるとグチャグチャの布団と毛布。
一体何があったんだ・・・
乱れていないパジャマにホッとするやら寂しいやら・・・

ってことで、相方とおくさまはおくさまが嫁入り道具で持ってきた
セミダブルベッドで18年間も一緒に寝てます。

何処で何を悪さしてきても眠るときは同じベッドで・・・ 妙な暗黙の了解

そのベッドも古くなったので新居が出来たら新しいのに買い換えたい。

で、実家・母にその事を電話でお話ししましたところ・・・

「ひとつはセミダブルのベッドでもうひとつはシングルベッド。
寝室にその大きさの異なるふたつのベッドを並べたらいいやんかいさ。」

だとさっ・・・

それって・・・

娘夫婦にそんな寝室で一体どんな夜を過ごせというのか!実家・母よ・・・

ってことで・・・
日曜日の昨日の夜は『昔ながらのビーフメンチカツ』。

d0012167_15424914.jpg


なんちゅうか・・・
包装がいい。この紙ってさ、何ちゅうんやったかなぁ。
藁半紙やったかなぁ~。違うかなぁ~。思い出さへんなぁ~。
けど、ホンマに雰囲気出てる。レトロっぽさが滲んだ脂に・・・

サティーで5個入り298円(税込)。


なんや、庶民の洋食って感じやわ。
牛君も笑ってるし・・・幸せやなぁ~。

ほな、ソースかけて食べてみよか。
ソースはもちろんブルドッグソース。

d0012167_15491619.jpg


ええにほいやわ~。
お味は・・・
普通。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-21 15:55 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(25)

『火のみち』を読んだ。

d0012167_1557331.jpg


久しぶりに乃南さんの作品を読んだ。
今までは乃南さんの作品はミステリーばかりを読んでましたが・・・
本書は戦後の混乱と貧しさの中で妹を守るために犯してしまった殺人の罪を
10年間の刑期を終え、出所後、服役中に出合った陶芸の世界へのめりこんでゆく
南部次郎の人生と彼を心から支えてきた妹の人生が昭和の時代の流れとともに
描かれます。

殺人はたとえ刑期を終えてもその罪は決して償いきれるものではないのですね。

生命を吹き込んだ焼物を焼き上げることこそが次郎なりの償いだと人生の全てを捧げてきた。
次郎の孤独な罪の償いと汝窯の再現への執着はずっと支えてくれた妹すら遠ざけてしまう。

次郎が背負った罪の深さと重さ・・・
次郎の孤独な執着心・・・
読み進めるほどに、心に深く、重く、圧し掛かって来る。

許されることのない罪だからこそ孤独の中の孤独に自分を追い込んだのだろうか・・・
千年の時を経ても誰一人として再現できなかった汝窯の虜になってしまう次郎。
自らの手で再現することが罪を許されるたったひとつの道だったんだろうか。
他に、償いの道はなかったんだろうか。
次郎にとっての火のみちとは・・・

晩年の次郎の哀れさに熱いものがこみ上げてきてエピローグで涙がいっぱい流れてきた。

壮絶で壮大な物語だった。

痺れる物語だった。

物語が終わり本を閉じたときに表紙の赤い陽の意味にようやく気がついた。
そうだったのか。って思ったらまた涙がポロリ。。。。

歴史に『もしあの時・・・だったら』は禁句ですが人間の人生だってそうなんだなぁと思いました。

図書館でお借りしたので文庫化されたら買って再読したいなぁって思ってます。


そうそう・・・
日常使う湯呑みをこの前からずっと探していてやっとこれでいいかなってのをみつけた。

d0012167_16344565.jpg


ええ。。。100均っす。
またかいな。
いまいちぱーっとせえへんけど・・・

ん!もう!せっかくの壮大なお話を小さくしちゃった湯呑み2個。
あかんなぁ。陶芸とかの世界はド素人やもんな。
ってか、もうちょっといい湯呑みが欲しいなぁ。はい!もちろん100均で・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-19 16:52 | Trackback | Comments(14)

先のせふにゃふにゃ。

d0012167_16271468.jpg


後のせサクサクにこだわった日清のどん兵衛さん、ごめんなさい。

おくさまは、先のせふにゃふにゃにこだわる。
おまけに、天ぷらが裏返しやん。わやわやぁ~ん。。。

けどな、七味ととろろこんぶ入れたらお出汁と絡まってとっても美味しい。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-18 16:33 | 食べっぷり。 | Trackback(1) | Comments(18)

雲の軍団。

d0012167_14122474.jpg


まるで、冬ですね。
ってか、もう冬なのねぇ~。
「いつまで残暑やねんな!」とかっていってたのはついこの前なのにね。

寒いですね。お風邪などひかれてませんか?

高い所に住んでみてはじめて感じたんやけど
雲って流れているんやなぁ~。なんてね。


今日からついに家の解体が始まりました。
なんか、ちょっと、寂しいなぁ。
家具とか運んで半月ほど誰も住まなかった家の中に入ったら
あぁ、こんなとこでご飯作って、ご飯食べてたんやなぁ~。なんて・・・
そこで暮らしていた事がとっても懐かしくなった。


そうそう・・・
昨夜、テレビを垂れ流してたんやけど
芸人さんたちの歌合戦をちょっと見たら嵌ってしもた。
歌が上手いってのは男性にとってはすごい武器やよなぁ。
恋心がとんでもない方向へ勘違いしちゃうもん。
(えっ?おくさまだけか?)
テレサテンの『つぐない』を男性が歌ってた。
振り絞るような哀しみに包まれてしもたやんか。
不思議な男の色気にイチコロなおくさま。この人、誰?状態やったけど。

うちの相方なんて、『てんとう虫のサンバ』しか歌えないんやもんな。
なんぼ、男前でも、モテナイはずやわねぇ(笑)
おくさま、、、安心するやら、がっかりするやら・・・ブッ!
[PR]
by pinko_okusama | 2005-11-16 14:35 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(16)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama