おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

枝と技。

d0012167_1751328.jpgちょっと前なんですけども、
あるひとりの若い男子がお友達とお店で森永のお菓子、『小枝』を手に取りましてパッケージの
「小枝」の文字を「こわざ」と声に出して読みました。

し~ん・・・・



そのCMのせいで、
「枝」と「技」の区別が
みごとにつかなくなりましたおくさまです。こんにちは~。


小枝ブルターニュキャラメル。期間限定。
カタカナ部分がなんのこっちゃですが・・・
一本だけ味見しましたが、もう、こんなにロングだと小枝とちゃうやん。
大枝、もしくは長枝。

お味は・・・
ぼんやりとした味わい。でちた。

相方はめっちゃ美味しいといっておくさまが一本だけ食べた後、残り全部を食べましたとさ。



d0012167_17223252.jpgってことで・・・
今日のおくさまの読書感想文はミステリーの女王・アガサ・クリスティーの『ゼロ時間へ』です。

同じ、限られた場所に犯人の思惑通りに事件の関係者が集められそれぞれの人間模様を展開しそして殺人事件が起こるおはなしの展開って大好きです。

タイトルの「ゼロ時間」とは、殺人が行われる瞬間のことなんやそうです。
このタイトルの真の意味を知ったときに「あっ。シマッタ!またやられたぁ~。」と苦笑い。

お金目当ての犯行に見せかけてそこには犯人の綿密に計画された
ある人物に対してのゼロ時間への復讐のための悪意の殺害計画が潜んでました。

事件の解決をするのがクリスティー作品でお馴染みの警部さんなのですが・・・
この警部さんの刑事さんとして、人間として積み重ねてきたその人生経験から生まれる
人間や物事を冷静に見抜くセンスとそのひらめきが事件解決への糸口となるのです。

面白いおはなしでしたが・・・
今回もクリスティーのトリックの壁をぶち破る事が出来ませんでした。
最近ミステリーの犯人当てが冴えません。
ってか、一度も自らの手で犯人とそのトリックを見破った事がありませんが・・・
いつかきっと・・・
だからミステリーを読むのをやめられません。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-29 17:40 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(17)

くらげのサラダ。

昨日、電話が鳴ったので「もしもし?」と電話に出ましたところ

電話:「ヒロシです。」

はぁ?・・・

電話:「ヒロシです。」

なんですかぁ?

電話:「ヒロシです。」

チャララララン♪

電話:「ぼく、ヒロシです。ご無沙汰してます。にいちゃん(相方のこと)いてますか?」


ブッ!
なんだよ!親戚のヒロシかよ!
この時期にややこしいヤッチャやなぁ。
名字で名乗れよ!あっ。うちと同じ名字だったとです・・・


ってことで、

d0012167_1964077.jpg酢豚とくらげのサラダ。

おくさまは酢豚のパイナップルを信じません。

信じてらっしゃる方・・・
ごめんなさい。


で、黄色いツブツブは
冷凍のスイートコーン。

うちの酢豚はこのスイートコーンを必ず入れます。
タレと絡まったスイートコーンが好きなのです。

あっ。タレはミツカンの酢豚の素。

d0012167_19265872.jpg

そんで、くらげのサラダ。

主婦的生活のiveveさんにレシピを教えていただきました。



生まれてはじめてつくったくらげのサラダです。

生まれてはじめてレシピどおりに作ったお料理でもあります。


めっさ、美味しかったです。
コリコリとしてブルンブルンとした食感にピリ辛くほんのりと香ばしく・・・

iveveさん、ありがとうございました。

あ~、胡麻ふるのを忘れちゃったなぁ~。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-27 19:42 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(20)

お好み焼き。

d0012167_1317516.jpg


かつお節が踊ってるねん。
動画やとよくわかるんですけどね。


ちょっと涼しい日曜日になりました。お天気はイマイチ。
今日も相方はお弁当持参でお仕事。
売れない物件抱えて四苦八苦!
頑張ってねん。

d0012167_13302533.jpgお好み焼きには紅しょうがとちくわを必ず入れるのがおくさま流。

フライパンを熱して油を入れずに先に豚バラを焼いてその上に生地を乗っけます。
そんで、エビを乗っけます。

おくさまはフライパン、それも蓋つきのフライパンでないとお好み焼きは作れません。


お好み焼きをコテで、ようひっくり返さんからね。関西のおばちゃん失格やわ。

フライパンの蓋にそろりと移して蓋ごとフライパンの中にひっくり返すねん。
ええ、ときどき、具が剥がれて飛び散って・・・グチャグチャっす。

まっ、お好みで何やってもいいのがお好み焼きですしね。



でも、お好み焼きって素晴らしいよなぁ。
豚バラなんて他のお料理やったらよう食べらんのに
お好み焼きに入れたら食べられるねんな。

そんで、今日の相方のお弁当。

d0012167_13423537.jpg


今日のおにぎりは胡麻入りのシソとシャケのほぐしたちょっと生っぽいふりかけ。
おにぎりは似たような大きさに握る事が出来たので嬉しいなぁー。真ん中に梅干2個。
お好み焼きにも使ったちっさなえびと高野豆腐の卵とじがメインなお弁当です。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-25 13:49 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(18)

とらまめ。

d0012167_15525884.jpg秋分の日の祝日でございます。

彼岸の中日です。
ご先祖様を偲んでますか?

世間様では三連休。だとか・・・


うちの相方はお仕事です。
吹けば飛ぶような工務店の腰の低い二枚舌のオッチャンですから。

ってことで、
日祝にはお弁当持参でございます。
今日もお弁当持参ですが昨夜もその前の夜もミッドナイトにご帰還した相方です。
今朝はお顔がむくみ、うなってました。

本日のお弁当のメニューは・・・

◆おひとりさま用レンジでチンした焼きそば。冷凍食品。
◆玉子焼き。うちの玉子焼きにはお味付けは何もナシです。
◆チキンカツ。鳥の胸肉。ケチャップつき。
◆ハンバーグ。お湯に入れて温めました。詰めるときちょっと埋もれて見えません。
◆とらまめの煮たのん。昨日コトコト煮ました。
◆あとはピーマンとかじゃことか梅干とか・・・

みなさん、とらまめって知ってますか?『虎豆』と書きます。

d0012167_1641271.jpgおくさまは乾物類が好きです。
特にお豆類が大好きです。

大豆もとらまめも一駅先の乾物屋さんまでわざわざ買いに行きます。
量り売りしているのを買うのです。

とらまめは1キロ1200円です。
一回に煮るのは300グラムぐらいです。



d0012167_1611475.jpg北海道産やそうです。
半分だけ虎模様なので虎豆といいます。
豆の王様とも呼ばれているそうです。

綺麗ですそんで可愛いです。
好きな柄です。
一粒ずつ繋いでネックレスとかにしたいほどやわ。
でも、そんな趣味の悪い事はしません。

洗ってから水にひと晩漬けて
その漬けた水ごとコトコト20分ほど煮ます。
既にこの段階でつまみ食いすると甘くって止まりません。

おかずの一品にしたいので、
だしの素とほんのちょっとのお砂糖と薄口醤油で味付けして10分ほどコトコト煮ます。



d0012167_16224825.jpgお味は甘くってホクホクしてます。

あっ。埋もれていたと思ってたハンバーグを発見!
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-23 16:33 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(8)
カップラーメンが大好きです。
特に、味噌味が大好きで
特に、このスーパーカップの熟成みそが大好きですが
ちょっと自分にこだわりがあるねんな。

d0012167_2059666.jpg


味噌の液体スープは食べる直前に入れるんやけど、
その液体スープを具を入れてお湯を入れて三分待つ間に蓋の上に乗っけんねんな。

そんで、待つこと、三分後・・・
液体スープもほんのりと熱い。ほんのりやのに熱いってちょっと変やけどな。
まっ、とにかく、そうしておいてニュルリと入れるねんな。

そんで、もとから入っている唐辛子だけでは不満足やから
常にお買い置きをしている唐辛子の一味を振り掛けますのよん。

d0012167_2135257.jpg


一味と七味、どっちでもええねん。それほどこだわれへん。
なんでかって、その違いがよくわかりませんので・・・

ダイナミックにラーメンをすするたびにダイナミックに唐辛子をひとふり。またひとふり。
汁まで全てすすります。空になったカップに赤いツブツブがくっ付いちゃってますのよ。

身体にめっさ悪いです。ええ、最近は歳かしら、むせますわ。


ってことで・・・
今夜もおくさまの要点のまとまらない読書感想文を読んでくれるかなぁ~!

d0012167_2056234.jpg


野沢尚さんの『破線のマリス』。
ほな、いくでぇ~。

っと、その前に、これって黒木瞳さんが主演で映画化されてたそうな。
観てへんで!っと。

で、第43回江戸川乱歩賞受賞作。だそうですのよ。オホホッ!なぜか笑っちゃう。

テレビの映像にはマリス(=悪意)が潜んでいる。映像を信じるな。
テレビドラマの脚本家である野沢さんです。
映像の作り手でもあった野沢さんが
自戒と視聴者のみなさまへの警告のために書いたんやそうです。

野沢さんの作品を読むといつも鋭い警告をぶつけられるわけですけどもね。
真剣に色んなことを考え込んでしまうおくさまですが今回もまた深く考え込む。

送りっ放しと書いて放送だと野沢さんが書いてる。
なるほどなぁ~。そうか、今頃気がついたわ。

んで、視聴率競争に勝ったもの勝ち。
ニュース番組でさえワイドショー化しちゃってるし。

番組を作る側もテレビのあり方を問われているし、
見る側のわたくし達視聴者もまたその映像から事実を見極める力を問われている。

映像技術を利用すれば利用した人間の味付けひとつで真実を曲げられてしまう。
作る側に踊らされたらあかんな。ってか、視聴者をナメンナよ!って怒りが爆発てもたわ。

テレビだけでなく情報っていろんなツールによって豊過ぎるほど氾濫してるもん。
そやからこそ、選択肢を問われてるんかもしれへんな。
簡単に騙されてはなるもんですか。

なんてね。
でも、わたくしだってやっぱり刺激的な情報を求めてる事も確かやし・・・
しっかりしなくっちゃね。

で、お彼岸の期間中なのでお花はリンドウ。
『竜胆』もしくは『龍胆』と書いて「リュウタン」と読むそうですよ。
それがな、「リンドウ」と呼ばれるようになったんやて。
けど、ちょっとムリあると思えへん?なぁ。

で、花言葉を調べましたところ、
「悲しんでいるときのあなたが好き」
だとさ・・・
それって・・・ん?弱みに付け込んでモノにするってことなのかしら。

ごめんなさい。よくわかりません。

あっ。『破線のマリス』のあらすじを書くのを忘れました。
まぁね、書くとネタバレしてしまいますので・・・。
このテで読書感想文のあらすじを免れる事が出来ますね。

ほな、今夜は、このへんで・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-22 21:57 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(12)

彼岸の入り。

d0012167_0304057.jpg9月20日の今日は彼岸の入り。

暑いです。
めっちゃ残暑が続きます。
31度もあるわ。
彼岸やのに・・・

やっぱり、彼岸が終わらんと秋は来ないのかもしれないですね。

ってことで・・・
何でか詳しい事はよくわかりませんが←オイッ!
彼岸のお墓参りと仏花にはお茶の葉と色花をお供えします。

お写真の緑はお茶の葉っぱです。

菊のお値段が先週よりかなりお高くなってました。
白い菊も入れたかったのですが彼岸が明けたらすぐにまたお墓に参るし
この暑さだとお花の水持ちもよくないのでちょっと量が少なめです。

ってことで、午前中にお墓参りも済ませましたが・・・。

お墓は高台にあって大阪湾を遠くに見下ろす事が出来ます。
風は秋色・・・
といいたいところですが・・・
暑い。なんせ、あっつい!
蝉まで鳴いてたし・・・



そんで、昨日の19日なんですが・・・

敬老の日の祝日で相方がまたお弁当でした。
レンジが大活躍した敬老の日の朝でした。


d0012167_0381194.jpgレンジでチンするおひとり様用のスパゲッチィーがめいんのお弁当です。
青海苔のパンチを効かせました。

ちょっと、失敗したのがおにぎりの詰め方。
海苔を巻いたのですが三角おにぎりの底辺から中央へ巻いたので詰めたら三角おにぎりの頂点が真っ白。さっ。寂しいぃ~。


デジカメ構えてからその寂しさに気がついて胡麻をふりました。

ってか、おにぎりっていつ作っても絶対全て形も大きさも揃いません。
なぜだろう・・・いい方法があればどなたか教えてくださいませんか?

あっ。そうそう、三角おにぎりの中身は鰹節の佃煮。頂き物です。ちょっと甘め。美味しい。

なんか、いつもお弁当作ってて思うんですがお弁当の詰め方でワヤになるのがちょっと残念っす。


そんで、午後は姪っ子の誕生日が近いのでプレゼントを渡すのに逢いに行きました。

d0012167_051423.jpgプレゼントは
エンジェルブルーの小物です。
←このキャラクターが
「ナカムラクン」とか言うそうで
なかなかの人気者だそうです。
お店の店員さんが教えてくれました。

中身はヒミツ!
ホントはトレーナーとか買ってあげたいのですが・・・
ここのトレーナー1枚で相方の
勝負パンツが100枚ほど買えるほどのお値段ですので・・・

11歳になる長女がお誕生日なので伯母ちゃんのおくさまは多少、ハリコミました。
2年下の妹がいるのでおそろいの小物をプレゼントしました。

それほど遠くに離れて暮らしているわけでもないのですが
めったにお会いしない姪っ子たちですが
11歳になると女の子ももうひとりの女性ですね。
すっかりお姉ちゃんになっててビックリしました。

ってことで親バカならぬ伯母バカなおくさまです。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-20 23:29 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(18)

残暑の松。

d0012167_17132356.jpgさて、我が家の守り神・松殿の散髪の日がやってきました。

毎年、9月の半ば頃に植木職人さんがやってきます。
我が家の松殿の散髪の日は毎年のことですが暑い一日になります。
今日も、午後からはすんげぇ~暑くなりましたがおふたりの植木職人さんのチョキン♪チョキン♪のリズミカルなハサミ捌きが心地いい一日でもあります。

この植木職人さんたちなんですが、おふたりの会話がめっちゃ面白いのです。
日々の出来事やご近所の井戸端ばなしや時事ネタから世界情勢に至るまで
お話が途切れる事はありません。ネタの豊富さが羨ましくもあります。
で、おふたりのテンポのよいお話の展開には事実は小説よりも奇なりとはこのことなのね
なんちゃって、とても感動いたします。

手八丁口八丁と申しますがまさに職人技でございます。

ってことで・・・
今日の相方のお弁当なのですが・・・

d0012167_17285028.jpgしし唐とジャコ。
イカの焼いたのん。
この二品は昨日、作っておいたのを詰めました。

煮豆は常備菜として煮たのを入れました。

で、ごはんは、しめじごはん。

ここまではおしょうゆ味。


そんで、
おソース味のとんかつ。

そんで、
赤いケチャプの乗ってるのがよろしくね♪のnaokiyo703さんに
作り方を教えていただきました玉ねぎの卵とじでございます。
彼女はバジルで綺麗に盛り付けてらしたのですが我が家にはそのような気のきいいた
こじゃれたのがなかったので黄色と赤を活かしました。
シンプルで美味しいお味です。ありがとうね。プリンセス嬢。



d0012167_17423242.jpgそんなこんなで・・・
午後5時。松殿の散髪が終了しました。

松殿だけでなく、我が家の木々の散髪も終了。
なんてったって、家のこの前の道をだんじりが走りますからね。
我が家の松殿もちょっとお洒落しておかなくっちゃね。





d0012167_1746364.jpg男前の松。
べっぴんさんの金木犀。
などなど・・・

のび放題やったから気持ちよくなりました。

お会計は月末なのですが
例年どおりだと45,000円(税込。内5000円は散髪された葉の処分代金)。
まぁ。年に一度の事ですから・・・
しかし、相方の年間の散髪代よりお高いぞ!
でも、おくさまの年間の散髪代とほぼ、同じだわ!

あっ。相方の変な髪形もだんじり祭りの本番までになんとかしなくっちゃ。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-18 18:04 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(16)
朝から晴れてたのにお昼前に雨が降ってきて夕方晴れてきたが洗濯物がびしょびしょ。
雨が降ると外出するのが嫌になる。ってか、チャリに乗って傘をさす芸当が出来ない。

ってことで・・・

明日の日曜日は
工務店のおっちゃんである相方のかきいれどきでお弁当持参なのだが・・・

朝が苦手なので
今日のうちになにかちょっと明日のお弁当のおかずをこしらえておこうっと。


d0012167_17145184.jpg冷凍室で小さな塊をひとつ発見。

おっ!
輪切りにしたスルメイカやん。

いつのんやろ?
まぁええか。

にんにくが無いのが残念だ。
しょうが醤油とお酒で絡めてから
ジュジュジュ~。


ええにおいしてるけど、
お味見は・・・
やめておこう。


そんで、もう一品。

d0012167_17223758.jpg昨日買っておいた
しし唐とちりめんじゃこ。

ごま油で
ジュ~ジュ~ジュジュゥ~~
仕上げにお酒とポン酢。

いいにおいだ。
これはおくさまの今夜の晩ご飯の
一品にもなるな。



ちりめんじゃこってオメメが青い。
とっても、キュートだわ。


ってことで明日のお弁当にはこの二品とあと、ナニを入れようかしら。
お醤油系が二品あるのでソース系とかケチャップ系とかの何かを入れたいな。

そんなことより、今夜も相方は祭りの寄り合いだ。
おくさまは若いツバメと、はひふへほぉ~~~~~。
ナニを書いてる、なにぬねのぉ~~~~~~~~。

ちょっと。さびしいっす。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-17 17:37 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(10)

北海道の物語とお菓子。

d0012167_1320029.jpg三浦綾子さんの小説が好きです。
とか書いてますがまだ3作しか読んでませんが・・・

30代も後半になってから読むようになりました。
北海道を舞台にしたおはなしのなかで庶民の営みがすんなりと伝わってきます。

残念ながらわたくしはクリスチャンではありません。
聖書だって読んだ事もありません。

が・・・
三浦さんの小説を読むと人間とは、愛とは・・・
なんて自分に問いかけちゃったりなんかしてます。

三浦さんの小説で一番好きなのが『銃口』です。
戦争という大きな歴史の渦に巻き込まれてしまった青年教師の物語です。
激動の昭和を人々はどう生きるのかを問われます。
もう、3度は読んでますが、また再読するつもりですので書店で買った本です。

で、まだ読んでなかった『塩狩峠』を図書館でお借りして読みました。
明治42年、北海道で起きた鉄道事故。
キリスト教信者の鉄道員が自らの命を犠牲にして
乗客たちを救ったという実話に基づいたおはなしです。

心に響くおはなしでしたがわたくしはこんなに立派な生き方も死に方も出来ないです。


「法律にふれない罪でも、法律にふれる罪より重い罪というものがないだろうか」
主人公が二十歳の頃に抱いた疑問が印象的でした。
今の時代にも問われているような気がします。


さて、お菓子ですが・・・

d0012167_1359762.jpg『氷点下41度』です。

小説の『塩狩峠』でもそのエピソードがちょこっとだけ語られてますが旭川で明治35年1月25日に観測された最低気温氷点下41度にちなんで作られた旭川の有名なお菓子です。
この寒気団の影響で日露戦争を前に雪中行軍で青森第五連隊が遭難。この八甲田山の悲劇は映画にもなり好きな映画でもあります。
人間は自然を侮ってもならないし、
大自然を前に人間は謙虚でなければならないなって思いました。
あらあらっ。おはなしが、ちょっとそれちゃいましたね。

このお菓子にこのネーミングだなんて・・・
過酷な寒さを耐える北国の人々の逞しさにけなげさを感じていとおしいくもあります。


ごちゃごちゃ言ってんと、中身のご紹介しなくっちゃね。

お待たせしました。
こんなん、入ってました。

表側です。

d0012167_14175478.jpg


ぎっしりアーモンド。
しっとりアーモンド。


んで、裏側。

d0012167_1420683.jpg


雪?氷?なんか、真っ白!


割ってみよか。

d0012167_14231246.jpg


つなぎにホワイトチョコが・・・
味、濃いわぁ~。
うっへぇ~。
めっさ、美味しいわぁ~。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-16 14:35 | Trackback | Comments(10)

カレーそば。

d0012167_14384330.jpgじゃがいも、
にんじん、
たまねぎ、
豚ヒレ肉、
ごろんごろんとした具のデカい
カレーが好きです。

そんで、
茹でた中華そばの上に乗っけて
カレーそばにして食べるのが大好きです。

青ネギと福神漬けととんかつソースをかけます。




ほな、ちょっと、混ぜてみよか。

d0012167_1448473.jpgカレーそばってな、
なつかしの味なんですの。

高校生の頃、
カレーそばは学校の食堂、学食で、
おやつとして食べてました。




中学まで給食しか知らんかったんで高校ではじめて学食。
学食って給食とはまた全然違うんよな。

学食では青ネギも福神漬けもなかったけど
とんかつソースはどぼどぼっとこれでもかって!ぶっかけてました。

めっちゃ、身体に悪いんやろうけど、味の濃さもほしかったあの頃は若かったなぁ~。

あの頃は、なんでも、よぉ~食べたわ。飢えた女子高校生。
すぐにお腹がすいてお勉強に集中できれへんかったわ。悔しい。

3時間目が終わって早弁、
お昼に学食の定食、
放課後におやつとしてカレーそば、
夕方、帰宅途中の肉屋さんで熱々の揚げたてコロッケ、
んで、ばんごはん、そのあと、またおやつ。
よぉ~食べたもんです。
あの頃の、食べっぷりにあの頃の自分の若さを羨ましく思い出します。

もう、四半世紀も前のことです。

今の学食事情ってどうなってるんやろう?学食なんて死語なんかなぁ?
学生の頃の懐かしい食べ物の想い出って、みなさんには何かありますか?
[PR]
by pinko_okusama | 2005-09-13 14:59 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(16)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama