おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

エビフライ。

まっすぐ立てない。
腰痛です。
昨夜、腰を振りすぎました。


d0012167_1719344.jpg


魚肉ソーセージをフライにしました。

ええ・・・エビフライです。
そうです・・・エビフライです。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-30 17:22 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(20)

賑やかな夜。

左手の人差し指と薬指を寝違えました。
キーボードを撃つのが苦痛っす。イテテッ!

今夜は賑やかな夜です。
ちびっ子のみんな~。待たせたなっ!

d0012167_21101383.jpg


ドラえもんファミリーだよん。。。
スネオがね二個入ってた。
もしかしてスネオって双子?

あらっ。袋の後ろにねスネオの秘密が書いてあって
スネオにはスネツグって弟がいるんですってよ。
そんでね・・・・・・・だってさ。へぇぇ。。。知らんかったわ~。

あのね。これはね・・・
ドラえもんブッセ。お菓子。チョコパイみたいな感じのお菓子。
袋の後ろ側にはそれぞれのキャラたちの秘密が書いてあるねんな。
知りたい?知りたいよな?
でも、袋の表だけデジカメでパシャリ☆。ごめんな。

6個入り198円(税込み)。

そうそう、もうひとつお楽しみが・・・
箱の裏っ側にね、なんかゲームついてるねん。
こんな感じ・・・

d0012167_21125287.jpg


どんなお菓子かな?
と、思ったけど・・・
こう暑いとお菓子もねぇ~・・・
それに、ちびっ子のみんなも夜遅くにお菓子はダメ!ダメ!

では、箱だけご覧あそばせ。

d0012167_21141768.jpg

[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-29 21:16 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(16)

『卵の緒』と母子手帳。

d0012167_17583290.jpg初めて瀬尾まいこさんの作品を読みました。

今の世の中の複雑な人間関係とか家族のありかたとか重いテーマを含んでいるんだけど・・・

なんだろう。
屈託のないさらさらした安堵感・・・
みたいな。。。

常日頃、
ヴァイオレンスとかエロスとかの世界で現実逃避しちゃってますけどこんな感じもいいですね。

とっても素敵なおはなしと出会えました。

いいですね。
瀬尾さんが描く子供たち・・・
ギュッと抱きしめたくなりました。

それと、食卓がいいんですよね。
愛情たっぷりで美味しいひとりぼっちでない食卓なんですね。

表題を含む二編が収められてます。

『卵の緒』は愛情で繋がる家族のおはなし。

『7's blood』は確実に繋がりながらも別れてゆかなければならない姉弟のおはなし。
(この作品はドラマ化されていたそうですが・・・どなたかご存知の方はいらっしゃいませんか?)

二編を読んでキュンとしてポロリと来て・・・
続けて読んだ瀬尾さんご自身のあとがきがまたほろりときちゃいます。

家族に愛される喜び。
家族に愛情を注ぐことの喜び。

そんな喜びを素直に感じられますよ。
お勧めの一冊です。

d0012167_18154895.jpgなんかね。
『卵の緒』って作品を読み終わってから自分の母子手帳を探しました。

かなり汚れてくたびれてますけど・・・
しかたがないですね。
だって43年も前のものですから・・・

あっ。歳がバレちゃったぞ。

どうして母子手帳かって・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-27 18:39 | Trackback | Comments(10)
d0012167_16565567.jpg


おくさまって、どんな感じのおばちゃんですか?

そんな問い合わせが一件もないなんてあんまりでしょ!

だから・・・自ら自分自身を暴露。

ってか・・・ネタがなかったから。

こんなお写真でごめんなさい。

こんなおばちゃんを街で見かけても決してエサは与えないでください。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-26 16:05 | 女っぷり。 | Trackback | Comments(19)
d0012167_18214483.jpgお亡くなりになってから作家さんでもあったんだと知った野沢尚さん。
テレビの脚本家であることぐらいしか知らなかったんですけど
それも野島伸司さんとかぶっちゃってました。反省。

野沢さんの描く女性像がナイスです。

夫・欧太が開発した新興住宅地で二組の家族が失踪しちゃうんですが
その失踪事件には10年前のアメリカでの銀行強盗事件が関わっていて・・・

妻の悠子さんが窮地に立たされた夫を救うために独自の調査を始めるんですが
その先には夫の過去が・・・

野沢さんって一筋縄ではいかない方ですね。
二重、三重の仕掛けと罠、そして罠、それからまた罠、罠だらけで、罠かけすぎ。

読ませます。グングン読ませます。

過去に縛られる夫たちの弱さとは対照的に
夫の過去の姿を知った妻たちのしたたかさはとっても素晴らしい。

夫の狂気の復讐劇・・・
今の幸せを生きてくれず何時までも過去を彷徨っている夫。
わたくしなら、絶対に許せん!そんな夫の帰りを待つことは出来ません。

これって、ドラマ化されてたんですね。
仲村トオルさんと財前直美さん。
知りませんでしたが夫が仲村トオルなら待ちます。←オイッ!
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-25 18:50 | Trackback(1) | Comments(10)

お詫び&そのわけ。。。

d0012167_1933496.jpg


すっかり、更新をさぼっちゃいましたおくさまです。
遊びに来てくださった皆様・・・
コメントをくださった皆様・・・
まことに申し訳なかったです。

実は、うちのお舅さんの入院騒動でパソコンを開いている場合ではくなってしまった次第でござんす。

日頃は介護専門の施設にてほのぼのと暮らしてます舅さんですが
腎盂腎炎にて発熱し、医療機関の病院へ入院しちゃったんですね。
それで、家族が付き添わなければならなくなりました。

日々お舅さんの存在をすっかり忘れちゃっていた鬼嫁のおくさま。。。
えらいこっちゃやがな。。。

朝から夜まではおくさまが付き添い・・・
夜は相方が病院で寝泊りして付き添い・・・

お写真のお花の籠盛はお舅さんの入所している施設の職員さんから頂きました。
ご丁寧に、病院までお見舞いに来てくださったんですね。感謝でございました。

えらいもので、施設の職員さんたちにいらしてもらったときの舅さんの嬉しそうな顔・・・


d0012167_1915986.jpgわたくしたちはおくさま、夫・相方、お舅さんの3人家族でございます。

この3人ですが・・・
泥舟に乗っているようなものです。
いつ沈むかわかんない。
ひとりに何かあると皆コケル。
一蓮托生。。。ってことですが・・・
3人とも強引でマイウエイな厄介なひとたちです。


そんな感じでドタバタしましたが、
見事なお舅さんの回復力によりまして5日間の入院が無事終了。

施設に戻ることが出来ました。

d0012167_1918458.jpg


そりゃこんな素敵なお見舞いをもらったんですものね。

施設の皆さん、医療機関の皆さんどうもありがとうございました。

そして・・・
お舅さん。。。
散髪するたびに遺影の撮影ばかりしちゃってごめんなさい。。。
安心してね。いいお写真が撮れてるから。いつでもいいのよ。

ってことで・・・
まだちょっとバタバタしてますがブログの更新もぼちぼちやりますのでどうぞよろしく。。。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-24 19:27 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(17)

今宵、貴方と大人の夜。

いけないわ。
いけないのよ。
だって・・・わたくしにはオットもアイジンもいるんだもん。

けど・・・
惚れてしもた。

今まで、それほど意識してへんかってん、あんたみたいなオトコ・・・

あんたみたいなワルに惚れちゃダメだってこと、わかってるのに・・・

それやのに・・・


今夜の貴方は素敵だわ。

やっとふたりっきりね。
夜は長いわ。
今宵貴方と大人の夜よ・・・

おおー・・・アル・カポネ!!!












d0012167_2047463.jpg


スーパーにて、99円(税込み)。

ほな。蓋開けて中、覗いてみよか。

d0012167_2173730.jpg


ええにほいやわ~。
ブラックペッパーのかほりやわ~。

おっ。蓋の裏っかわにカールの屑とブラックペッパーがくっ付いてるわ。

ぺろり☆。うっ。。。

(画像なし)



お行儀の悪いことしてんと綺麗に盛り付けて食べてみよか。

d0012167_21132324.jpg


おっ。これは・・・めっちゃおいしいわ。
ちょっと大人のお味やね。

刺激的なお味とたよりない食感。
クセになるわ。
おビールにもぴったしやわ。
ブロッコリーとの色合いもええし。。。

そやけど、指にくっついたブラックペッパー味のカールの屑がおビールの缶にもくっつくわ。

カールって食ったことないけど、これはいける。
ごっついいける。。。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-14 21:29 | 食べっぷり。 | Trackback(1) | Comments(24)
d0012167_20305649.jpg柴田よしきさんの
RIKOシリーズ第二弾。
女性刑事・村上緑子が主人公。
34歳。一児の母。未婚。

今回も厄介で残忍な犯罪に挑む。
刑事モノだけど
濃厚なハードボイルド。




柴田よしきが描く男達やアウトローさが好き。


いろんな問題を抱えて壮絶な人生を歩んでいる登場人物たち。

罪を犯す人間たちの事情と真相を追う人間たちの事情が絡まってせつない。

もの凄い強烈。その強烈さに火照る。。。


辛い恋・・・
こいつらアホか?
ってつぶやきながらも
その泥沼の底なしの闇で苦しみ喘いでいる哀しい吐息が聞こえてきそうだった。

自分の恋に一途に生きる人たちの美しさがとってもいとおしい。

酔って下品になってそして・・・天使になる。
泥に沈もうとしている天使を救うために抱いて一緒に泥の中へ堕ちる。
本当に愛しているのなら・・・

どんなカタチの愛があってもいいと思う。
ひとつの体とひとつの心で愛を営み、
愛を成就するために活きているひとたちのその人生は強く、美しい。

なんちゃって・・・
ほんとはこのRIKOシリーズはよく理解できない部分も多い。
緑子には惹かれてもいるけど受け入れられない部分も多い。
どうでもいいけど彼女には鉄のパンツをプレゼントしたい。

男前がワンサカ登場するのは嬉しいが
若い素敵な刑事さんをあっさり消しちゃうもったいないこともする。
それもまた柴田よしきの潔さ。ニクイ。

ってことで、ちょっと、いいウィスキーを飲んだ。
苦い。やっぱ。ほろ苦い。

火照った心と体に冷やっこいトマトをがぶりと丸かじり・・・
温いごはんにトマトを乗っけて食べていたお子様から大人の女になった。

ちょっと酔いすぎた・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-13 21:10 | Trackback | Comments(8)

マルセイバターサンド。

d0012167_239531.jpg


北海道、六花亭のマルセイバターサンド。
包装紙をはがしましょうね。

d0012167_23135820.jpg


引き出しになってるねんな。
引っ張ってみよか。
うぉ~ぉ。綺麗。そんでレトロ。
なんか嫁入り道具みたいやわ。

d0012167_23145484.jpg


ひとつ取り出して脱がしてみましょうね。

d0012167_23203513.jpg


しっとりしているわね。
ボディがピカテカ☆しているわ。

なんや、艶めかしいなぁ。

ほな、割ってみよか。

d0012167_23235540.jpg

めっちゃ濃厚。ムンムンしてるわ。
フェロモン出てるねんな。

味わいましょう。
ってね。よう食べらんねん。
おくさまこれが食べられない。
干しぶどうがあかんねん。
情けねぇ。。。。。

このレーズンがつぶあんやったらめっちゃ嬉しいんやけど・・・
相方は大好物。一度に二個をぺろり。
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-11 23:32 | 食べっぷり。 | Trackback | Comments(28)

『血と骨』を読んだ。

d0012167_2572487.jpgビートたけしさん主演で映画化されてますね。去年の秋だそうで、映画は未見でして・・・原作を読みました。

すごっ。。。

ヴァイオレンスと官能の世界でもあるのよね。人間の業ってのかしらね。
きっと、映画はごっつい力のはいった出来になったんだろうな。

なんか、タイトルだけで魚肉ソーセージが無性に食べたくなったので
読む前に食べといてよかったわ。読んでからやったら喉を通らへんとこやったわ。

なんでかって、ごっついおはなしやったもん。

どれほどごっついか知りたい?かなり長文ですけど、いいかな?
[PR]
by pinko_okusama | 2005-06-10 04:38 | Trackback | Comments(12)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama