おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:五十路を生きる。( 15 )

d0012167_22412286.jpg


あべのハルカスへ遊びに行ってきました。

みなさま、あべのハルカスって、ご存知ですか?

おくさま、そんなにご存知ではないのですが・・・

とにかく、めっちゃ高いところなんですよ。

春が来て、どっかにお出かけしたくなったのでまりんさんとお誘い合わせて、めっちゃ高い大阪のてっぺん、あべのハルカスへ遊びに行ってきました。

AM10時に近鉄百貨店で待ち合わせて、あべのハルカス展望台入場券当日チケットを買いました。
まだ、混み具合はマシなほうだったようでした。

発券から15分以内にご入場くださいということで、10時01分に買ったチケット握りしめて、登っちゃえってことになって、60階へ、一気にGO!
スタッフさんたちに案内されて、ほどほどにぎゅぎゅ詰めのエレベーターに乗っけられて、びゅ~ん!

あっちゅう間もなく、地上300メートルの大阪のてっぺんにご到着~

d0012167_22592783.jpg


ガラス張りの60階の天上回廊をぐる~っと回るようにして高いところから見学。

なんか、いつまでも耳が変で・・・

エレベーターから降ろされた直後から、きしょく悪さが抜けなくって・・・

耳もやけど、足もやで・・・

足が、宙に、舞うように、浮いちゃって、浮いちゃって・・・
普通に歩いてんのに両足が空回りしちゃってるような、たよんなさ・・・?

足が、地についてへんような・・・

もしかして幽霊になったらとしたらこんな感じで歩いて浮遊するんやろな、おくさまも幽霊になる日も近いし、ってな感じに納得したもんだから、足が地に着かない状態が長続きし・・・

これが地上300メートルの現実・・・

まっ、そんな感じでもやっぱり、ここまできたら、おビール飲みたくなるよねぇ~

てか、ここで飲んどかんと、どこで飲むん^^

お昼、ちょっと前、やったけど、丁度、飲みごろ^^ってんで、おビール飲みました^^

大阪のてっぺんで飲むおビールは、また、格別~

めっちゃ、美味しかったです^^ちょっと飲んだら、また、飲みつついろんなおはなしも、弾みます^^

そんな感じで、地上300メートルのハルカスからパシャ☆パシャ☆したお写真をExcel2007でちょっと加工したりなんかしましたので、↓ ここに、発表しておきたいと思います。

d0012167_23333077.jpg


お写真撮ったんですけど、イマイチ^^;窓越しやしね。高いところやったから、腰引けてたし。ちょっと、小さいけど、硝子越しの広大な景色の雰囲気だけでもお伝えしたくって、ハルカス300からのお写真たちをペッタンコしました。

地上って、ちっこくって、かわいいなって思いました。現実がおもちゃのようで、なんか、いとおしくって。

綺麗な緑の風景には意味もなくホッとしました。緑が多いところは、お寺さんなんですね。ハルカス300から見下ろせるおひざ元の天王寺さんにはお寺さんがたくさんあります。親戚のおっちゃんとか、おばちゃんとかも、この緑の中で祀られています。なんか、こんな上空からお写真撮るってのも、気が引けるんですが、上空からでも綺麗に映る緑に向けて、こんな、上からですけど、まんまんちゃん、あん!も、しときました^^

d0012167_234814100.jpg


いつも天王寺で遊んだ時にとてもお世話になっている、電車の線路とか道路の路線やら、ショッピングモールやら、いろんなビルたち、JRから見ていたいろんな建物の姿をまた違った感覚で、こんな感じに上から目線で見ちゃって、ごめんなさいって感じもしたけど、いいもの見せてもらいましたが・・・

遠くに見える風景は(近場もわかんないとこ多いけど)どこがどこだか、さっぱり理解できてないので窓ガラスに貼ってた透明の案内図を見ても、よくわかってなかったし、チケット買ったときにもらった小さなパンフレットはどうせ見てもわかんないので見てないし。って・・・

長居陸上競技場はしっかりと見えたから、あぁ、こっち方向が、おくさまの、豪邸方向なんだなと、漠然と方角がわかればそれで、満足^^

けど、他の、山やらビルやらが、さっぱぱし、理解できなくって・・・

方向音痴が災いし・・・^^撮影してペッタンコ☆したお写真からちゃんとしたいろんな情報伝えられなくて、ごめんね~

それでも、とてもとても楽しかったです♪10時から11時30分ぐらいかな、そんな滞在?で、大阪のてっぺんで美味しいおビールを飲んで、めっちゃ、満足で楽しみましたけど、景色を見るだけで1日中遊んでいられる場所でもなく、夜景に寄り添いハートを重ねる恋人もいてへんし・・・もう降りよかってことになって。

遥か高い60階のところから見下ろす人間界の風景がおもちゃ箱のようでした。

エスカレータで降りて59階にあるショップでお土産買って。58階の天空庭園で腰かけて、ちょっとおしゃべりしてから、並んで2つあるのエレベータのひとつに振り分けられて乗せられて16階まで降りました。

無料?なのかな、16階までは・・・

16階には美術館やら、屋外に出られる庭園やらもあって、ちょっと、寄り道したりなんかしてぶらついていたらさっきてっぺんで飲んだおビールの酔いもさめきっちゃって、早く次のおビールが飲みたくて(オイツ!)。

で、下まで降りてからまた百貨店のエレベータに乗りかえて近鉄デパートのあべのハルカスダイニング(14階だったかな)で、お昼ご飯を食べました。

d0012167_031551.jpg


そして、おビール^^まっ、どこで飲んでも、おビールはおビールなので美味しいよね~^^
でも、やっぱり、『お外』で飲むおビールはひとあじ違うし、上膳据膳は、最高!

お昼ご飯食べた後は、近鉄百貨店をぶらついて、百貨店内のお店で抹茶パフェみたいなのを食べて、おしゃべりして、夕方まであべので遊びました。

美味しいおビールを一緒に飲めるまりんさんとごいっしょできて、幸せな一日が過ごせました。


そんで、この幸せな一日のことを、ブログで発表しようと投稿記事を書いてる最中に、去年も、まりんさんと美味しいおビール飲んだことを思い出して、お写真撮ってるのにブログに発表してなかった去年の6月のグランフロントでおビールを飲んだ記録も、残しておきます。って、また、古いお話を引っ張り出しちゃって、おつきあいさせちゃいますが・・・

d0012167_0523215.jpg


あの日は、めっちゃ、雨だった。

でも、すごい人だった。でも、各お店に人っ気があまり感じられなかったんで、みんなどこに散らばったんだろうって、感じでした。気楽に、あっ、これ欲しいなってな感じにひょいと衝動的に買っちゃっえそうなお店がなかったなって感じで企業のようなショールームっぽいの?ばっかりだったような・・・??なんか、上手く説明できないんだけど^^;ショッピングを楽しむところでもなかったような・・・

で、そんな、グランフロントでのもう一枚を思い出に残しておきたいので、ここへ貼り付けておきます。

d0012167_0572845.jpg


お昼ごはんに、世界のビールが飲める店ってことで、世界のビール博物館って、お店へ・・・

喫茶店(ってのも、アレですが)でお茶とケーキみたいな感じでおビールとアテでおしゃべりできるような感じのお店なのかな。もうちょっとおビール、お安かったらいいのになぁ^^ってか、まだ今もこのお店、あるのかなぁ~なんて、失敬なこと、書いちゃってるのかも^^;


なにはさておき、おくさまにとっては美味しいおビールを一緒に飲める相手がいるってことがとても幸運だし嬉しいことだし・・・

たくさん思い出を残せるようにまたまりんさんとは美味しいおビールを飲みたいな。って、思っています。



また長いお話にお付き合いくださり、ありがとうございます。いつもご贔屓にしていただき、今日もまたご訪問いただき、ありがとうございます。


GWがスタートしました。明日は、何の日なのでしょう?ってか、もう今日は、ってなお時間なのですが日付が変わってから、雨が少し強く降り出しました。少し、冷えます・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2014-04-29 02:31 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(2)

春の暮らしっぷり。

暖かかったんだか寒かったんだか、なんだかんだと言いながら早いもので、4月も中旬となりましたがみなさま、いかがお過ごしですか。おくさまはあいかわらず、日々、すってんころりんなんだけどすてきな毎日を無邪気に大げさに(?)過ごしております。

さて、ここ数日の春のおくさまのすてきな暮らしっぷりを今日はブログで発表します。

春と言えば、桜・・・

まず、桜たちのお写真のお披露目!

d0012167_14493985.jpg


この春、5年ぶりに近くの公園へ行きました。近すぎて、いつでも行けると思っていたら、尻の重さが災いし、ぜんぜん行けないまんまあれよあれよと月日が流れ・・・ブログで確認したらこの公園、2009年春に行ったっきりだった・・・
ひとりお花見してきました。お写真パシャ☆パシャ☆していたらはらはら桜の花びらが舞ってきます。満開も満開で散り始めてきている桜たちはとてもきれいでした。

お写真撮ったのをパソコンに入れて、そのままブログにアップしようかと思ったんですけど、ちょっとごちょこちょさせてExcel2007でお写真を加工したりしてみました。

でね、前から気になってたんですけどおくさまのパソコンのWord2007やExcel2007には ↓ こんなフォントがあるんですよ。

d0012167_1548284.jpg


なんじゃこりゃ?と思って「あいうえお」と打ってこのフォントを設定しようとしても反映してくれないんです。
せっかく入ってるのに使いたいじゃないですか。なので、意地になっていらいなぶってたら ↓ こんな絵文字になっちゃったんですよ。

d0012167_15553178.png


かわいい~めっちゃかわいい~

これね、半角でabcdefghijklmと入力してこのフォントを設定したらこんな絵文字になったんですよ。他の文字や記号では何も出てこないんですよ。で、この絵文字の左から6つ目の桜のマークをテキストボックスに入力して判子感覚な感じでお写真たちにペッタンコしてみました。
ちなみにこのフォント『FGW FONT』というそうです。どうやらおくさまのパソコンにははじめから入ってるらしくって、(もしお使いのパソコンに入ってない方はごめんなさい。)いいのを、みつけちゃった♪で、調子に乗って黒鳥山公園の桜のお写真をもうひとつ。

d0012167_1663895.jpg





続いて、今年の春の頂きものを発表しちゃいます。

d0012167_16114390.jpg


おくさまにとって春の訪れといえば筍^^買ってまではいらんけど(コラッ!)毎年どっかの山から採れたての筍をもらっちゃうという、なんというラッキーさ^^
幸せでございます。筍ごはんにしたりしておいしくいただきました^^あっ、ほろよいも、もらいもんです^^

そしてこの春はじめてすいかをもらいました。なぜに?すいか?今頃・・・
相方がどっかで飲んできて遅く帰宅したときにぶら下げてきました。一玉もらったわけではないんです。お写真の量だけなんですがどこで貰ったのか相方、酔っ払っていたので聞くの忘れて食べちゃいました。春のすいかはまた美味でした。

筍とすいかのお写真をExcel2007で加工したりペッタンコしたりして3年前の春にWord2007で描いた菜の花の絵を添えてひとつの画像としてブログにアップしてみました。

Excel2007でもいろんなことができて楽しいです。けれど、こんなお遊びばっかりしてるとブログを更新する時間が足りなくなってしまい更新不足になっちゃいます。それにお絵描きする時間も足りなくなっちゃって過去に描いたお絵描きを使い回ししちゃったりするしかないってことにもなったりもします。もちろん、決して、改ざんなどしてはおりませんので、この画像はわたくし自身が出した正真正銘の結果でございますので、そこんとこ、よろしく~なんのこっちゃ^^
ってなわけで、遊びはほどほどにしたいんですけれど、、パソコンでお遊びするのがめっちゃ楽しいのでやめられないんです^^

そんな感じに家で過ごす日が多かった4月前半ですが、ある日のこと、ピンポンが鳴ったんです。

警察です!と手帳を見せられまして・・・

d0012167_1630851.jpg


↑ これを書いてくださいと言われたんです。なんでも緊急時、災害時などのためだとかで、用紙を渡され、警官さんは書けるまで外で待ちます、お家の門の前で待っていますので、と、おっしゃるのでおくさまは家の中に入って書きかけたんですけど・・・

つい先日も、システムのセキュリティのアップグレードのために貴様のアカウントを検証するのでこのアドレスのページから登録し続けましょうってな、どっかの大手銀行の名をかたったあきらかな偽メールが来てたんですよね。お客さまに向かってあの大手銀行が貴様呼ばわりするはずもなく、ってか、おくさま、そんな銀行とは何の関係もないし。とにかく無視して削除したけど、今度はまさかの警察?本物?いや、手帳、見せてくれたしなぁ。あっ、名前なんだっけ・・・

なんだか怖くなってきちゃって、そうなってきちゃうと、この警官さんにはとっとと帰ってくれよと思っちゃって、早く書いちゃってもう終わりにしたいと思っちゃって・・・
で、この用紙、よくみると書けるところだけでもいいような感じのことが書かれてたので勤務先とか電話は書かないで、急いで名前と住所だけ書いて警官さんに渡したら緊急時に必要なので電話番号は書いてほしいと言われたので、しぶしぶ書いて、とっとと、帰ってもらいました。

けど、なんかやっぱり不安で不安で不安感が破裂しそうになったので結局、近くの警察署に電話しちゃいましたところ、まちがいなく最寄りの交番から巡回させていただいているとのことで、おくさまが書いたカードはもうすでに交番に届いていますのでご安心ください。ご協力ありがとうございました。今後ともご協力のほど、よろしくお願いしますと、ご丁寧にご挨拶いただき、大騒動しちゃってごめんなちゃいと心であやまっときました。ほっとしましたが、なんか、すっごく疲れちゃいました。でもこういうのって、警察ですと言ってもやはりその場で書いてすぐに渡さないようにするくらいの余裕を持ってなおかつ慎重に対応ができるようにようにしないといけないなと反省しました。

なんかちょっと、嫌な感じのおはなしになっちゃいましたね。お口直しに焼きカレー^^

d0012167_17552264.jpg


この焼きカレーは、筍ごはん、カレー、とろけるチーズ、そして周辺をシャウエッセン(2本分)のぶつ切りをお皿の丸さに沿って丸く並べて焼いてみました。めっちゃ高カロリー^^ゲップも出ちゃうし屁も出ちゃう。
この焼きカレーをこしらえた夜は花冷えでした。キッチンエリアでは足元に小さな電気ストーブを点けていました。そして、オーブントースターでこの焼きカレーを焼きながら電子レンジで前日炊いた高野豆腐の煮物をチンしていたらキッチンエリアのブレーカーがぶっ飛んじゃいましたとさっ。およよ・。・
花冷えの夜は電気の使いすぎにはくれぐれもご注意を!って、おくさまだけかっ^^;


今夜も長いおはなしにお付き合いくださりありがとうございました。
いつもご訪問ありがとうございます。明日は・・・ってもう、今日(ですね^^)どうぞ、みなさま、ビューティフルサンデーをお過ごしください♪
[PR]
by pinko_okusama | 2014-04-13 00:08 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(6)

初めての劇団四季。

d0012167_14281466.jpg



ライオンキングの券、もらったんです。券ってのもアレですが^^;
2枚もらったのでしかたなく相方と23日日曜日に観に行ってきました。

相方も、おくさまも生まれて初めての劇団四季のミュージカル観劇です。
あんまり観に行く気もなかったんですが・・・オイッ!ライオンキングもなんのこっちゃです。

とりあえず、予備知識まったくゼロで大阪へのこのこと車でやってきました。高速降りてすぐ車を止めて北新地を横切り劇場へとことことGO!日曜日のお昼前の北新地はひっそりしてました。

d0012167_14425364.jpg


大阪駅周辺もそれほどの人出もなくって、休日とかだと、キタよりもミナミのほうが人が多いのかもしれないなと思いながらとこととこ歩いて上ばかり見て^^上ばかりにデジカメ向けてはパシャリ☆^^
気がつけば相方は、はるか向こうへぐんぐん歩いて行っちゃってるし。「早よこんかい!」って、そんなでっかい声出さんでもわかってる!こんな都会のまんなかで声でかいっちゅうの!いなかもんのおっさんやん。せわしないし^^;

大阪の劇団四季劇場ってのは梅田のハービスPLAZA ENTという商業施設の7階にありまして・・・

d0012167_15322856.jpg


大阪駅の真ん前の、こんな大都会の一等地に劇団四季の劇場があるってのをはじめて知ってびっくりしました。
そりゃ券代、高っかいはずやわ。S席一枚9800円。「相撲やったら升席Bほどの値段やで」と相方がぼやく。
「写真、撮ってくれ」って相方が言うのでハービスPLAZA ENTのビルの入り口でパシャリ☆おくさまも撮ってもらおうとしたらもうビルの中にすたすたと入ってしまった相方。自分ばっかし。もぉっ!!!

開場まで1時間ほどあったんでこのハービスPLAZA ENTのビル内にある高級ショップをうろつこうとしたら「おまえ、ひとりで、うろつけ」とつれない相方はカフェラウンジのお席に何も注文せずどんと腰かけ携帯と競馬新聞をにらめっこ。こんなとこまで来ておいてもなおギャンブラー。一緒にいてられへんし。

d0012167_15583071.jpg


四季劇場のある7階のホールからは大阪駅が見えます。電車も見えます。これ以上高いところだとおくさまはちょっと顔色が青白くなっちゃってたかもしれません。

劇場内はほぼ満席で、ちびっこたちが思った以上に多かったです。でもみんなおりこうさん。それにちょっとぐずったりしちゃった場合にちびっこたちのためにブースが用意されていてそこに親御さんと入って観れるようになっていて親御さんたちも気遣うことなく楽しめそうな配慮がされていてさすがは劇団四季だなと思いました。

入場してお席に座ったら舞台が狭いなって思ったんです。でもその狭い舞台がとても大きく感じられるようなミュージカルだったと思いました。作り手や演じた方々の力を感じられました。

人間たちが動物を演じるってのがすごかったと思います。主役のライオンさんたちよりも他の動物や植物がすばらしかったと思います。とくにチーターと麒麟さんたちを演じた方たちがすごいなって思いました。チーターと麒麟さんたちは台詞もなかったんですけど人間が演じたチーターと麒麟さんたちのあの姿はきっと一生忘れられないです。チーターのあの存在感不謹慎だけど、とてもえっちな感じがしたんです。それがまた素晴らしいほどにえっちで、その動きとかもを思い出すと今もちょっとゾクゾクしてきます。動物や植物たちの湿気までが感じられてすごかったです。
ストーリーは、わかりやすすぎて何度か寝ちゃいそうでした。ちびっこたちだって観てるんですもんね^^けど物語の風景のスケールの大きさには迫力を感じられました。すっごく工夫されてるんですよ。舞台を作る人間たちの力のすごさには感動させられました。もし孫がいて孫と一緒に観たら楽しいだろうなと、そんな人生があってもよかったのになとふと思ったりなんかして^^

相方はライオンさんや動物たちに感情移入するのが無理だったようです。なんせ相方、ちびっこと動物とは永遠にフレンドリーな関係を築けないってなおっちゃんですし。

来る前にね、朝昼兼用ごはんでマクドナルドに行ったんですよ。ちなみに相方とマクドナルドに行くの結婚して27年で2回目なんですけどね。日曜日のお昼前やもんちびっこたちがいてるのは当たり前やのにちびっこがいるから1階で食べるのはいやだと言い出し2階へ移動。ファミレスも苦手やもんな、じゃまくさいおっちゃんです。まぁ、ちびっこたちも、こんなおっちゃんがいてたら煙たいやろし。それに、相方、マクドナルド慣れしてないもんですから人生で数回目のマクドナルドでチーズバーガーを注文すると言い出す始末。チーズ、嫌いやろ。それにチーズバーガーはいつでも食べられるのに、期間限定のにしといたらとアドバイスしちゃったら、「ほな、てりたまセット」で、落ち着く。
おくさまはチキンてりたま単品。マクドナルドおくさまもひさかたぶりやったんでびっくりしたんですが結構ボリューミーでした。"たま"がずれるのね。食べにくくって。相方もおくさまも、ずるっずるのべちょっべちょでお腹いっぱい。相方のセットのポテトの食べ残しをその日、ずっと、持ち歩く羽目になってしまい、ライオンキングちゅうも残りのポテトが気になり・・・いやだわ^^;

1時から4時まで休憩時間20分を挟んでの上映でした。その20分で観客さんたちはお土産買ったり売店で飲み食いしたりでごった返し、おビールも売ってるんですよ。グラスで飲んでる人たちがいました。劇場内は飲食禁止なんですけどね。相方は喫煙に行きました。このビルの外でしか吸えないんですよ。1階まで下りて吸ってきたそうです。トイレはめちゃ混みでしたけど職員さんがきちんとナビしてたのと個室が20個ほどあったので次々入れてさばきはいい感じでした。

物語が終わってその余韻にひたるタイプでもなくカーテンコールにぜんぜん興味のない相方は「まだやんか」とほざき、3回目のカーテンコールで相方に「出よ」とうながされ観客の皆さんの盛り上がりをよそに劇場を後にしました。

ライオンキングってすごい人気があるんですね。こんなにお高いのにその人気っぷりはわかりましたけど、一生に一回で十分いい思い出になりました^^もしまた券もらえるのなら、オペラ座の怪人なんかを観てみたいな。ぜんぜんどんなおはなしか、しらんけど^^けど、相方とはもう一緒に行きたくないな。


で、晩ごはんは車やったんで飲めないので外食せずに阪神百貨店のデパ地下でお弁当やらおつまみやら買って帰ろうってことになって・・・

相方とデパ地下なんて結婚して27年で初めて。デパ地下、異様に混んでまして。おくさま阪神デパートぜんぜん知らんし、近鉄やったら慣れてるんやけど・・・
なんか、嫌な予感・・・

デパ地下慣れしていない相方は「早よせぇ、早よせぇ」「今もうここ(の店)で買っとけ」「もうここ(の店)には戻ってこないぞ」とうるさくせかすばかり。「オレはいっぺん通った道をまた戻るってことは絶対にしないぞ!」って、デパ地下でそんな精神論ぶちまけるんやったら買い物はできれへんし!もう嫌!デパ地下、相方とは2度と一緒には行かないと決めました。それが、お互いのためやと思いました。

そんな感じでおくさまはお花見弁当ってのを買いました。

d0012167_17275259.jpg


とても、美味しかったです。


初めての劇団四季は、とても、疲れました。


でも、人生の思い出に残る一日を過ごせて幸せでした。


長いおはなしにお付き合いくださり、ありがとうございました。
[PR]
by pinko_okusama | 2014-03-30 17:56 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(4)
d0012167_15463570.png


Excel2007とWord2007でお絵描きしました。

ホワイトデーって、今日やし、今日ももうすぐ終わっちゃいそうやし^^;でも今ブログで発表しとかんとこの絵、一年間寝かせることになっちゃうんで。ぎりぎりホワイトデーのお絵描きをペッタンコしときます。

もっと早めにホワイトデーのお絵描きを仕上げてもっと早めにブログで発表したかったんですけれど、バレンタインデーからこっち、野暮用続きでめっちゃもたついておりましたのでブログの更新もひと月ぶりってことになってしまいました。毎度ご訪問いただきありがとうございます。大変ご無沙汰いたしました。みなさま、お元気ですか。春は近いようで遠いようで近いですね。って???へへへっ^^

ってなわけで、ほろ甘のチョコマフィンを3種類を描いてみました。左からストロベリー風味のチョコマフィン、アーモンド風味のチョコマフィン、抹茶風味のチョコマフィンです。めっちゃ可愛いのが描けました。
こうやって3つ並べるとまるで3人揃ったキャンディーズのようですね^^春一番が~♪ちゃらららららら~らららららららぁ~♪ちなみにおくさま、ミキちゃんのことが好きってな男性が好きです。なんのこっちゃ^^

描いたチョコマフィンを入れたエレガントな飾り枠はFree-Styleさまよりお借りいたしました。ありがとうございます。

チョコマフィンのチョコとかクッキーとかの質感を出したかったのでExcel2007で描きました。

チョコマフィンの土台の部分を包んだマフィン紙カップの部分のドット模様はWord2007で描いてからひと手間かけて画像(gifファイル)にしました。

d0012167_1945751.jpg


描き方は簡単です。ドット柄は四角形と円だけで↑のように描けばいいですから^^あたりまえのことですがこのままではテクスチャとして使えません。15ピクセル×15ピクセルの画像にして名前を付けて保存します。

d0012167_22175779.jpg


その画像をWord2007に描いた図形にテクスチャとして図形の塗りつぶしに設定します。もちろん、Excel2007でもテクスチャとして図形の塗りつぶしに設定できます。

この絵のドット柄はおくさまのオリジナルのテクスチャです^^まだまだ試作中です。もっといろんな模様のテクスチャを作ろうと日々お勉強しております。チェックとかヒョウ柄とかのも作りたいです^^おくさまは大阪のおばちゃんやからね^^
そんでテクスチャ作成簡単方法とか素材なんかにも使っていただけるようなものについては作成しだいこれからぼちぼちブログで発表してゆけたらなとはりきっております。Wordでいろんなテクスチャ作ちゃおうっな楽しみができました。またひとつお遊びが増えました^^

まっ、そんな感じで、お遊びばかりではなくたまにはちょっと真面目にパソコンを使うときもあったりして・・・

このひと月、ちょっと頼まれて案内状の送付に手間取っておりまして・・・

Excelで名簿を作り、住所録にして、往復はがきを印刷して案内状を送付するという作業に没頭しておりました。名簿の全データ件数は240件ほど。元データはなくその都度住所のデータが追加されます。その結果、案内状の印刷は140件ほど。この先住所のデータが追加されていくことを想定した住所録にしておく必要があります。

おくさま、実はExcelで名簿や住所録を作るのが大好きで特に郵便番号変換ウィザードを使うのが大得意。
ちなみに郵便番号変換ウィザードってのはExcelのアドインメニューなので後からユーザーが追加しないといけないのでダウンロードやインストールといった作業にひと手間かかっちゃうけどこれを使えるようにExcel2007に追加して設定しておけば後々めっちゃ楽ちんだし超~便利。

で、Excel2007で作成した住所録をはがき印刷できるように筆まめに読み込ませるという作業を初めてやりました。逆の作業は筆ぐるめでやったことがあるので、できるはず。
おくさまは筆ぐるめを使っているので筆まめは初めて使います。最初ちょっと使い勝手が悪かったんですが慣れると筆まめのほうが便利だってことに気が付きました。

筆まめにExcel2007で作った住所録を取り込むには元データの項目名とかの設定をちょこっとやり直したり、必要のない項目を削除したり、これまたひと手間かかりましたが、思っていたよりもスムーズに筆まめの宛名印刷に必要なデータをExcel2007で作った住所録から取り込むことができました。

とにかく、Excel2007で住所録を作るときは余計な情報はなるべく省きシンプルに基本のリスト形式で作っておけば後々とても使い勝手がいいですね。140件の往信宛名は思ってた以上に楽に作れちゃいました。
往復はがきの往信側の右側は返信用の裏面になります。返信用の裏面は出欠の返事を頂戴するだけの数行の文書なので筆まめで作りました。

ただ、案内文は地図を入れたりちょっと文章も多いので筆まめではなく融通の利くWord2007で作りました。案内文は往復はがきの返信側に印刷するので返信側の宛名は6件に振り分けたので筆まめを使わなくてもWord2007でも宛名面を作るのにそう手間はかかりませんでしたのでWord2007のほうが上手くゆきました。
また便利なことに往復はがきのテンプレートってフリー素材でネットにいっぱいあったのでめっちゃ重宝しました。試しにいくつかのテンプレートを使ってみましたが印刷しても郵便番号欄のズレもほとんどなかったです。
便利な世の中ですね^^ネットには何でもありますね。

でもね、印刷で気疲れしちゃった。自分ちの年賀状ならもうがが~っと印刷しちゃうんだけど、なにしろ頼まれたものですからね。それにおくさま、往復はがきの印刷って、生まれて初めて。往復はがきは1枚100円(返信は3月31日までに届くようお願いしているので値上がり前だけど)。失敗は痛い。

慎重に印刷し、1枚の失敗もなく、無事140件ほどの往復はがきの印刷ができました。やれやれでした。

送付後のデータの管理が筆まめだと色々と設定できてほんまに便利いいです。

でも、一番しんどかったのが、往復はがきを折るという最後の作業でした。返信面を内側に折って投函しなくてはいけません。140枚ほどの往復はがき。1枚ずつ折るのがとても手ごわかったです。あかぎれできてますからね。3月のあかぎれはまた格別の痛さです。血がつかんように、気、遣いました。手の脂も使いました。かっさかっさになりました。もともとかっさかっさのに・・・まさに、血ぃ出るほど頑張りました。
無事、送付し、返信のはがきが振り分けた6名の宛名に帰ってきてるそうです。ほっとしました。結構疲れました。でもいいお勉強になりました。やはりパソコンは実戦あるのみです。


そんでプリンターが壊れました↓

d0012167_21133155.jpg


電源を入れると右側のエラーランプが5回点滅します。ネットで調べてみたら修理が必要ですとなっておりまして・・・
よう頑張ってくれました。実はもうこのプリンター、今回のこの往復はがきの印刷に耐えられそうになさげでしたのでお正月に新しいプリンターを買っていたんですね。でもまだこの古いプリンター使えそうだったのでそのままどうにか今回、大役を果たしてくれました。おさらばです。お疲れ様でした。って、修理しないの?はい。

ちなみに新しいプリンターはこれ↓

d0012167_21172328.jpg


印刷用紙がプリンターの中にセットするタイプのんです。そんで無線。今時はプリンターもワイヤレスやないとあかんでと相方が電器屋さんで力説。で、このプリンターをお正月に買ったんです。けど、おくさま、ルーター持ってないし、無線の知識も持ってないので壊れたプリンターにぶら下がってたケーブルを使ってパソコンと繋いでる。相方はパソコンとプリンターが向かい合っていればパソコンから電波が飛んでワイアレスで印刷できると思ってるみたいだ。そこまで便利な世の中でもないのでなんか相方に無線の基礎を説明するのもめんどくっさいことなのでもうそう思わせておくことにした。どうせ、この紅いプリンタ、相方には用ないし。おくさまは無線とちゃうかっても気にいってる。でもまだ慣れないから印刷失敗しないようにしないといけない。


そんで今年のバレンタインデーのことなんですけどもね。

d0012167_1654286.jpg


ウチの相方、こんなにいっぱいチョコをもろてきたんですが、決して、ウチの相方がモテモテとかでもなくて、決して、ウチの相方が義理堅いひとだからとかでもなくて、なんとこのチョコたち、義理チョコの残りだそうで・・・なんだかすごく、贅沢でもったいないはなしでございますと思いませんか。

まっ、どんなからくりがあったかはおくさまにはわかりませんが、せっかくですからありがたくいただきました。

へへっ、おくさま、マカロンって、初めて^^いっぺん食べてみたかった憧れのマカロン。けど自分で買ってまでは・・・だってな、ちっこいのにたっかいし。オイッ!だから、夢にまでみたマカロン。

d0012167_1774842.jpg


ウキウキ、ドキドキしながらおひとつ、よばれたんですけど、じゃりって音した。甘すぎた・。・
歯も歯茎も弱いんでめったに甘いものを食べないせいか甘すぎた。角砂糖かじったみたいやった。
そんで下唇から血が出たし。マカロンに下唇の皮持っていかれてしもたし。痛かったぜ。かっこ悪ぅ~。
積み重ねたりしてお写真撮っとけばよかったなっ。マカロン、積み重ねるのが夢やったのに。とんだすってんころりんに見舞われてもっとマカロンと戯れてお写真撮りたかったな。失敗しちゃったぜ。

で、こいつら義理チョコ残りたちはひと月も経たないうちにすべて完食。朝起きるたびに、茶の間に綺麗でかわいいチョコの包み紙やら空箱が転がってました。
相方が夜中に起きだしてはソチ観たり、ビデオに録画してある「隠蔽捜査」とか「僕のいた時間」とか「ロストデイズ」とか観ながら食べちゃいました。とーにょーなのに。そんな相方が言いました「特にそんなに美味いもんでもないな」やて^^


そんなこんなのここひと月のくらしっぷり。

長いお話にお付き合いくださり今夜もありがとうございました。
[PR]
by pinko_okusama | 2014-03-14 23:17 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(0)
d0012167_23353226.png


Word2007とExcel2007で描きました。
お正月の絵。ごっちゃごっちゃと賑やかな絵を楽しく描いてみました。
めっちゃ、無邪気に^^

いや、もう~めっちゃ、いい絵(笑)
みんなが、、だれもが、幸せでありますようにと、想いを込めてせっせこ、せっせこ描いていたら、ちょっと、クドくなっちゃかもで~すね^^

ってことで・・・

旧年中は大変お世話になりました。こんな更新率の低っくいブログに遊びに来てくださった皆様、ありがとうございました。そしてまた、こんな感じのブログなのですがどうぞ今年もよろしく♪お願いいたします。


で、なんのかんのといいなら、調子ぶっこいて、もう、一作!!
お正月らしく、絵馬、描いてみました。Word2007とExcel2007で描いてみました。

d0012167_23453992.png



笑って暮らせる日が一日でも多く・・・

今年もよろしくお願いします。

ってなわけで・・・

去年、年末、2013年12月30日の引き継ぎの儀の模様をブログでお披露目しておきます。

d0012167_2351060.jpg


巳年の額瓦と午年の額瓦の引き継ぎの儀です。

巳年に描いたおくさまのオートシェイプ画のギャラリーと巳年の額瓦。そして、午年の額瓦と我が家のお馬さんたちぬいぐるみちゃん全員集合です。それぞれにご紹介したいのですがおくさま、あんまりお馬さん知らないので、とにかく新しく我が家にやってきた二頭の子たちのご紹介。


d0012167_2421651.jpg


↑この子は2012年の暮に我が家にやってきた子です。はじめまちて(笑)♪
さすらいのギャンブラー相方はパッチ―(パチンコ)もしますしお馬さんもやっちゃいますんでお馬さん好き。そんでもってお馬さんのぬいぐるみが大好きな寂しがり屋で暴れん坊~
競馬場に行くお友達に頼んで毎年一頭ずつこんなお馬さんのぬいぐるみを買ってきてもらっては集めて(自分で行けよ!)ウチにやってきてはほったらかし。それはまるで釣った魚には餌をやらないっちゅう感じ。相方ってのは、欲しがるクセに手に入っちゃうと興味薄れるってな感じでお馬さんもおくさまも同じ。その件に関してはまたじっくりブログで恨み辛みを語るとしまして・・・まっ、それはともかく、お正月ですしね^^
おくさまは競馬、しませんけどこのウチにやってきたお馬さんたちぬいぐるみさんには一緒に過ごせば過ごすほど愛着がわいてきます。2014年、今年はちょうど午年、この子たちに2013年を締めくくる引き継ぎの大役を果たしてもらいました。そして今年の午の年にさらにその存在感を発揮してもらいたいしね。我が家のこの一年をお守りいただきたいですし^^
で、↑のこの子はオルフェーブルちゃんって三冠馬さん。
2013年の有馬記念でぶっちぎりの優勝!!!~ちょっとおっちょこちょいの暴れん坊な男の子のお馬さんですが、その暴れん坊っぷりがまたすごい魅力~でもその有馬記念で引退しました。この子、強くってめっちゃ可愛い~^^

d0012167_302063.jpg


そんで、↑この子が2013年の暮にやってきた新参者^^ええっと・・・なんて子なのか、おくさま、よくわかんない^^;ごめんね~でも、可愛いお馬さん。髪、くっちゃくっちゃですけど、愛着わいてきます。

ってな感じで、今年は午年。どんな年になるのかな。いい年にしたいです。

ってことで、こんなのも↓作ってみたり・・・フォントはKFひま字というフリーのフォントを使用してみました。丸っこさがちょっと暖かみを感じる文字ですね。


d0012167_335556.jpg



こうやってお絵描きしたりお写真の加工をしたりしているとパソコンってめっちゃおもしろいですね。
パソコンで遊ぶってのはめっちゃ楽しいものですね。

今年もいっぱい遊びます。あんまり更新できないかもしれないけど、なるべくいっぱいブログでも、もっと遊びたいです。
そんな感じで今年もよろしくお願いします♪


いつもご訪問ありがとうございます~
[PR]
by pinko_okusama | 2014-01-02 03:33 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(8)
d0012167_23154293.png


Word2007で描いてみました。

クリスマスベルはずっと前に描いたのを分解して(なんのこっちゃ?)ツリーにぶら下げてみました。

ちなみに、ツリーの土台になっている三角形の緑の部分はオートシェイプの図形から三角形を選択して描いたのをサイズを少し大きくしたりなんかの設定をした3つの大きさの違う三角形を重ねて緑色に設定しグループ化し線の色をなしにしたものです。なんの変形もこだわりもございません。

そのツリーを飾るハートとひし形のクッキーみたいなのんはずっと前にExcel2007で描いたのを(かろうじてCD-Rに保存し残してあったのが発見できましたのでそれを『形式を選択して貼り付け』って作業を経て『PNG』形式でWordに取り込み、コピペちゅう感じで)貼り付けました。

Wordでのお絵描きの参考にとクリスマスのフリーのイラスト素材なんかを検索してると、ヒイラギのイラストに出くわすんですけど、この「ヒイラギ」の描き方が難しくって、去年もまた散々苦戦しちゃって、Wordでお絵描きを始めてからずっとずっと、このヒイラギの描き方ってとこでつまずいたもんだからクリスマス素材をWordで描けなくってしまって情けないやら悔しいやらの思い抱えていたんですけれど、この冬、ってか、つい、今しがた、どうにか月の図形をいくつか組み合わせて、それを重ね合わせたりしながらごっちゃつきながらもヒイラギっぽい画像を心もち縮小することで粗もごまかせて(オイッ!)それなりにヒイラギ、描けちゃったような気分♪になっちゃって、正直、いいのが描けて、めっちゃ、満足になったので調子ぶっこいて、いろいろとちっちゃなクリスマス素材の絵(パーツ?)もオリジナルで描きそろえることができたので、何年も描きたいと思い続けていたクリスマスツリー、完成かも^^でございます

色違いの靴下(ちゅうかブーツ?ちゅうか・・・)なんかは参考にさせていただいたサイトさんもありますがほぼ、自作でございますのでよ~く見ればところどことめっちゃ粗だらけのお絵描きではございますが(なんとかごまかしごまかししながら)クリスマスの雰囲気をこのツリーで楽しんでいただけるような絵を描けたとおもっておりますので、とても幸いでございます。いつもありがとうございます。少しでも、クリスマス気分を味わっていただければ、嬉しいです♪


そんな感じで、せっかく、ご訪問いただいたのに、今、しばらく、ブログ活動、もう少しお休みさせてもらいます。
せっかくお越しいただいたのに、なんのお構いもできませず、すみません♪

これからが冬本番でございます。寒い日もつづきますので、みなさま、暖かくして、お過ごしください。
[PR]
by pinko_okusama | 2013-12-12 00:37 | 五十路を生きる。
d0012167_12564843.png


7月スタートですね。今日は梅雨の晴れ間が広がっています。青い空です。暑いけどカラッとしています。お洗濯物が良く乾きます。気持ちがいいです。

Word2007で七夕のお絵描きをしました。3日ほど前から描きだしました。笹のお手本がいくつかネット上で公開してくださっているサイトさんがありましたので参考にさせてもらい、完成させました。

短冊には今のおくさまのほんのささやかな^^四つのお願いを書いて笹に結びました。
この四つのお願いが全部揃って導かれる答えが、ひとつの幸せ^^わたしの、そして、全世界のみなさまの幸せを願いながらのタナボタ七夕のお絵描きでございます。

おくさま、七夕で笹に短冊をつるしたりした覚えがありません。七夕の思い出ってのも今まで何にもなくって、Word2007で七夕のお絵描きしながらひとり七夕祭りごっこをひと足お先に楽しみました^^

背景は天の川をイメージしてみたんですけれど、もっと壮大な銀河っぽい感じに仕上げたかったな~まだまだ修行中なり・・・

天の川って、今は住宅街とかでふつーに肉眼で見ることはできないのでしょうね。七夕を意識して夜空を眺めたなんてこともなかったけど今年の七夕は日曜日なんですね、夜空、眺めてみようかな。四つのお願いがすべて叶いますようにってね^^あっ、雨だと困るなぁ^^

そういえばおくさま、天の川を見たことがあるんです。実は高校生のとき、地学部でした。ほんまですよ~^^2年と3年の夏休み、8月になってすぐのころ、研修旅行で岡山県の備中高梁ってとこのそこそこ高いお山に登ってお寺に泊まってで天体観測をしたんです。

真っ暗闇のお山のてっぺんにシートを敷いて仰向けに寝転がって夜空を見ると夜空がまるごと自分だけのものになっちゃったって感じの贅沢な錯覚の中でひと晩中天体ショーが繰り広げられるんです。

こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブ、夏の大三角形と呼ばれる星座たちもはっきりと見えたんですよ。ちなみに、こと座のベガが織姫さまの星、わし座のアルタイルが彦星さまの星ですよね。一年に一度、七夕に天の川を渡って会うことが許されているんですよね。

そのお山のてっぺんから見た夜空にはすぐ手に届くほどの目の前に天の川が流れていてそれだけでも感動ものだったのに、目の前に流れ星が現れて、流れ星ってね、ふいに現れてびゅ~ん!っと流れてきたと思ったら目の前でポン♪と弾けるような感じで消えてしまうって感覚なんですよ。いくつもいくつも続けて目の前にびゅ~ん!と流れてきて、そして、ポン♪ですからね~そんな体験、初めてだったからびっくりやら楽しいやら、おくさまもだけど、女子部員たちは、大はしゃぎの大興奮^^願い事どころの騒ぎではなかったです^^。なんせ、箸が転んでもおかしいってなお年頃でしたからね^^無邪気な昭和の高校生でした。
天体ショーの翌朝、その高いお山のてっぺんから見た日の出のすばらしさや美しさもまた感動でした。

35年前のあの時の興奮や感動は今も忘れられません。貴重で壮大でキラキラとした高校生のときの体験は一生大切にしたい思い出です。けど、ぶっちゃけ、文化部ですからね、かなり暗めの今でいうところのオタク系の部員達でしたけど、今思い出すといっぱい楽しい出来事があったなぁといろんなこと、思い出します。卒業してからもしょっちゅう集まってたんだけど、今はみんなとはすっかり疎遠になっちゃったなぁ~はぐれてしまったって感じです。連絡取れる相手もいないんですよねぇ~なんでこんなことになっちゃったんだろう^^;
みんな50過ぎてるんだよなぁ~どうしてるんだろうかな。達者で暮らしているんだろうか・・・って、なんか、老けたなぁ。わたしも(笑)


d0012167_19335969.png



さて、さて、そんな感じで、今日は今おくさまがハマっちゃっているちょっと古めのテレビのドラマのことをご紹介がてらブログに書き残しておこうと思います。

『おさな妻』というテレビドラマです。(お写真はファミリー劇場からお借りしました)

d0012167_1446678.jpg


1970年に放送されたドラマで全50話だそうです。今、ケーブルテレビのファミリー劇場ってチャンネルで木曜日の朝、2話ずつ、放送していますのでハードディスクに録画して撮り溜めしています。1話目から観逃さず、6月20日に放送された14話分まで3日間ぐらいで一気に観ました。16歳で4歳の娘のいる男性と結婚し、おさな妻になったひとりの女子高校生の日常と成長を描いた物語です。

『おさな妻』という映画もあります。ちょうどこの5月にケーブルテレビで放送されたのを録画しておいたドラマよりも先に観たんですが、映画のほうも1970年公開で主人公のおさな妻・玲子ちゃんを演じたのが関根恵子さまで、旦那さんは新克利さまでした。
主人公の玲子ちゃんがなぜ16歳でおさない娘さんのいる年の離れた男性との結婚に至ったのか、その身の上ばなしをこの映画で初めて知ったのですが、そういうことだったのね~と、納得させられる事情があったので、おくさまにとってはとても意外なストーリー展開でした。
関根恵子さまは当時15歳でおさな妻を演じたそうです。ぷるんとした若さや可愛さも感じられるんですけれど、なんだろう、湿気までもがもう出来上がっちゃっている女優さんという感じがしちゃって新鮮味が感じられなかったのがちょっと残念だったかも。そんな目で見ちゃいけないんだけど、関根恵子さまをついついみだらな目で見ちゃうし、ふけつだわ!ってな感じの登場人物がわんさかで・・・
新克利さまなんてなんだかやりにくそうで、難しい顔してたなぁ~ぎくしゃく感が出ちゃっているような気がしてちょっと気の毒だったかな。子役のまゆみちゃんを演じた子の印象があまり残らなかったです。なんか全体的に、暗くってモワァ~とした独特の蒸れた感じが漂ってたなぁ。大人たちもおさな妻も孤独で少し息苦しささえ覚えるほどの閉塞感もあったけど、この映画の持つどぎつさや独特さはこれはこれでまたいい感じだったと思う。結婚を決めるまでとおさな妻になってからの主人公の玲子ちゃんが抱く戸惑いが関根恵子さまを通してやるせないほど伝わってきたので、すごい女優さんだなと思いました。


さて、テレビドラマのほうの『おさな妻』なのですが、これがまたなかなかのもので・・・意外や意外、めっちゃ、いいんです。
1970年ですから昭和45年ですよね。万博の年ですね。暑いさ中、親の希望でどっかのパビリオンに入るのに並び疲れちゃってへとへとになったこと、意味もわからず「エキスポ!エキスポ!」と連呼してスキップしまくっていたちびっ子の頃を思い出しちゃいました^^おくさま、いわゆる、いちびり世代まっただ中の8歳でしたのでちょうど物心がついたぐらいのお年頃(遅い?)でしたのでこのドラマの当時の時代の雰囲気や空気感は記憶の奥のほうに残ってるんですよ、もちろん、このドラマ、当時に観てなんかなかったけど、今観ていて懐かしいんですよね、それでいて、人々の営みとかそこに流れている風景とか、映像の中のあの頃の時代そのものや人間模様も含めて映し出される何もかもが新鮮な感じがして、社会派ドラマの要素も含んで学園ドラマもからませてホームドラマが展開されて、毎話ごとにいろんなテーマに沿って主人公の16歳のおさな妻、玲子ちゃんがいろんな出来事を経て戸惑ったり悩んだり、時には失敗もして、世間や世の中に揉まれながらも明るく前向きに一生懸命に青春しながらも家庭と学生生活を両立させ、妻として、母として、ひとりの女性として奮闘し、成長してゆくって感じにおはなしがぐんぐん展開していて毎話ごとにわくわくさせられちゃってとても楽しいドラマだと思います。
CGとかで再現されたものじゃなくありのままのあの頃の、ドラマの向こう側に見える実際のあの時代の姿や市井の人々の姿そのものまでもが尊いものだなと思いながらこのドラマを観ています。この頃って勢いのある時代だったんだなってことも感じられます。

主人公の玲子ちゃんを演じるのが麻田ルミさま。好感の持てるウブさがとてもいい感じのしっかりした高校二年の女の子。16歳。ちょっと背伸びしてるところが危なっかしいけど青春まっただ中。
で、1話目にしか出てこなかったんだけど森光子さまがお母さんなんですよ。母娘、たった二人で肩寄せ合って暮らしていたんですがお母さんが急死。
美容院を経営する叔母さん演じる春川ますみさまの家で暮らすことになりました。叔母さんの旦那さんが名古屋彰さま。ちょっとこのおじさんとゴチヤついたので居づらくなってひとりアパートを借りて暮らし始めました。
その同じアパートに住んでいたのが黒柳徹子さま。よぉ~しゃべります^^黒柳徹子さまワールド全開!動きがすごいんです。機関銃のごとくしゃべるし、動くし、なにかにつけて大騒動。最初は玲子ちゃんの旦那さんを狙ってたんだけど、松山栄太郎さま(パパと呼ばないでのチーボーの実の父を演じたひとです。たとえがアレですが^^;)に惚れられ結婚しラーメン店のおかみさんになります。玲子ちゃんが結婚してからもなにかとうるさく^^世話を焼きたがり、世話を焼きまくります。うるさいったりゃありゃしない^^けど、にくめない。黒柳徹子さまの演技はとても貴重な映像ですが独特のペースです。玲子ちゃんはこのペースに決して巻き込まれたりせず、いいお付き合いが続くことになります。そこらへがもう大人です^^

d0012167_1951160.pngアパートで独り暮らしを始めた玲子ちゃんは自分も通っていた幼稚園でアルバイトすることになりました。そこで園児のまゆみちゃんという4歳の女の子と出会います。お母さんを亡くしたばかりで玲子ちゃんに懐きます。このまゆみちゃんという女の子がめっちゃ可愛いんです。身長1メートルぐらいかな、ちょうど、3頭身世代^^。おくさま、子役と動物が主役という映画やドラマは苦手です。そんな子役嫌いなんですが、家政婦の三田さんできいちゃんを演じた子役の女の子にはメロメロになっちゃいましたが、そのきいちゃんを超えるくらいメロメロになっちゃったのがこのまゆみちゃんって女の子です。この子の存在がこのドラマのアットホームな雰囲気をゆるぎないものにしているようにも思えます。。
まゆみちゃんとの出会いが玲子ちゃんの運命を決定づけます。まゆみちゃんの父親と出会い、いろいろありまして、もちろん悩みもしましたし、たくさんの戸惑いもありましたが、結婚することになりました。

旦那さんは吉川さんといって井上孝雄さまが演じています。おくさま初めて観る俳優さんですが江守徹さまの若い頃みたいな感じです(って、また例えがアレですね^^;)。落ち着いた方です。この旦那さんなら、亡くなった玲子ちゃんの母を演じた森光子さまも安心だろうなって思えます。出版社に勤めるサラリーマンです。前妻を亡くして団地でまゆみちゃんと暮らしていました。そこに玲子ちゃんが、嫁ぎました。この旦那さん、とても思いやりのある人です。娘のまゆみちゃんも、思いやりのある子です。この旦那さん、すごく大人です。玲子ちゃんのことをきちんと尊重しています。夫としておとなのアドバイスのできる旦那さんなので家庭もしっかり落ち着いています。ウチの相方、見習ってほしいほどです。
で、まゆみちゃんの祖母が沢村貞子さまで人情味あふれる親分肌のところがあって玲子ちゃんの理解者のひとりです。
そして、おさな妻など認めないってヒステリックに息巻くのが学校の教頭先生の初井言榮さまなのですが、まさにはまり役。上手い演技です。玲子ちゃんが通う学校の同級生の高校生たちってすごく大人っぽいです。しっかりした考えを持っていて、先生に対してでもきちんと自分の意見を言えるってのがすごいなって思いました。おくさまなんて高校の頃はもっと子供だったし、ダサかったし、暗かったし。なんせ、地学部でしたしね^^流れ星に興奮していたくらいですから^^世の中のことも知らないことがいっぱいだった。結婚なんて、おぼこい子やったから考えたこともなかったです。が、大野さんのお嫁さんになりたいという夢は持っていました。大野さんって誰?ってはなしですが・・・ウチのお母ちゃんは掛布ちゃんのお嫁さんにしたかったようです。なんのこっちゃ^^アホな母娘でした。

妻、母、高校生、3役をこなす玲子ちゃんの日常に起こる様々な出来事から当時の社会が見えてきます。結婚したことで世間や世の中との関わりが深くなって苦労もあるけど玲子ちゃんの世界が広がったようにも思えます。
玲子ちゃんを取り巻く周囲の大人たちは玲子ちゃんを吉川さんの奥さんとして、まゆみちゃんのお母さんとして、ひとりのおとなの女性として、おとな目線でおとなのアドバイスをしてきちんと玲子ちゃんと向き合っているってところがこのドラマの好感が持てるところでもあります。
もちろん、玲子ちゃんも、未成年で高校生であっても結婚するということで大人としての責任を負うということもきちんと感じていて一生懸命に生きようとしています。それになんてったって、森光子さまが育てた娘ですからね^^玲子ちゃんはきちんとしつけられた女の子ですのでしっかりしています。ときどき、団地の奥様方でちょっと厄介な集団のみなさまもいらっしゃって頭の痛い問題にも直面したりもしますが、それもまた、世間というものですしね。これからドラマはどのような展開になってゆくのかとても楽しみです。それに毎回、豪華でなじみ深い懐かしい昭和を彩った俳優さんたちが登場してくるようですのでまた数話分を撮り溜めして一気に観るつもりです^^

『おさな妻』からはいろいろ学ぶことが多いです。おくさまは、おいた妻ですが・・・


また長いお話にお付き合いさせてしまっちゃいました。すみません。書きだすと、止まりまへん^^;
今日もご訪問ありがとうございました。それではみなさま、7月もスタートしましたし月曜日の夜ですので1週間がスタートした日です。お疲れ様でございました^^それではおやすみなさい^^あぁ~いっぱい書けて、すっとした~(笑)
[PR]
by pinko_okusama | 2013-07-01 23:21 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(2)

痛い出費。

d0012167_14145097.png


土曜日でございます~降りそうで降らなさそうでしたがやっとこさでお昼を過ぎてから雨が降り出しました。いい感じの雨です。降り出したらむしむししたきしょく悪さがほんの少し和らぎました。雨もいいもんだなぁなんて思ってしまいました。
なんだろう雨が降り出したとたんにふと雨のにおいが感じられました。言葉では表せないんですけれども雨のにおいというのがあるんですよねぇ~懐かしいというか優しいというか・・・
雨ににおいを感じた事はありませんか?

いい感じの雨です。このまま恵みの雨という感じに降ってくれますようにと願いを込めて傘と雨とアジサイの絵を描きました。描きましたとは言え、傘も雨もアジサイも、2年前にWord2007で描いたのをちょっとアレンジしただけです。去年は5月から今年の2月頃まで、お絵描きもできない暮らしっぷりでしたので今年は梅雨の絵を何か新しいのを描こうと思ってはいたのですが、相方病気大騒動と梅雨入りはしたけれど雨降らずという暑い日が続いたのでお絵描き気分に熱中できず、まだ今年の梅雨の絵を新しいのが描けていません。でももうまた、何か新しい真夏の素材のお絵描きを始めないと季節の流れに追いつかないほどなのでとりあえず、2年前に描いた梅雨の素材をちゃっちゃかちゃぁ~とアレンジして ↑ の絵を完成させました。これがいっぱいいっぱいっちゅうところが、苦しいところなんですが・・・^^;
もしよかったら右クリックでお持ち帰りいただいても結構です。透過はしていますが、サイズとかは、適当にお好みでやってくださっても結構ですので。前回の記事のりんごのウェルカムの絵もお持ち帰りくださって結構ですので^^


さてっと・・・

今日は、前回のブログを更新したときにもちょっと触れましたが、おくさまを襲った悲劇の大出費疑獄事件をブログに書き残しておこうと思います。いかなる長文になろうとも(笑)毎度、毎度のことで、すみません。
ってか、疑獄とはいえ、決して政治がらみや賄賂がらみではございません。それやったら疑獄とはちゃうんですけれど、なんか大げさなタイトルをつけ、小さな出来事を大げさに騒がんことには出費の代償が割りあわんのです・・・オイッ!。
え~っと、前振りがまた長引いておりますが結論からいえばエレベーターがらみの大出費事件が起こってしまったってだけのことなのでございます。って、はなし、長っ!それがどないしたねん!ってことなので、どないしたのかをこれからおはなししたいと思います^^やれやれ、やっと本文でございます^^


それは、10日ほど前のことです。

お昼前、2階で掃除機をかけ終わったとき、相方が営業途中にお昼ご飯を食べに帰ってきたので大慌てでエレベーターに使い終わった掃除機を乗せました。数秒後に自動的にエレベーターの扉は閉じますので掃除機を乗せたまま、おくさまは階段で1階へ降り、キッチンで相方のお昼御飯の用意をしていたんです。そしたらエレベーターから、ピピピピ~ってな音が鳴り始めたんです。エレベーターの異常音です。実はよくへたこいて異常音を鳴らしちゃうことがあるんですよ。。掃除機のコードとかがエレベーターから出っぱなしとかだと扉がひっかかって閉まらずに異常音が鳴るとかってね。だからまたそれやろと思ってたんです。

d0012167_1514163.jpg


おくさまは2階へ階段で上がったらエレベーターの扉は閉まっているんです。けどその異常を知らせる音はうるさいほど鳴り続けエレベーターの扉をあけるボタンを押しても扉は開きません。で、2階で止まっているはずのエレベーターを1階へ下ろそうとしてエレベーターの外に付いている呼ぶボタンを1階から押しましたがエレベーターは動きません。異常音は鳴りっぱなし・・・

思えば、家を建てる前、相方がどうしてもエレベーターをつけると言い張り、そんなもん要らんというおくさまと大喧嘩になりました。でも相方は譲らず、エレベーターをつけました。そのエレベーター、相方は初めの3か月ほどはいっしゅく乗って昇ったり降りたりして無邪気に遊んでいましたが、遊び飽きたらぱたりと見向きもしなくなりました。欲しいと思ったらその時だけしゃかりきに欲しがります。人の意見は聞きません。そういうお人でございます。高いお買い物でした。おくさまはエレベーターは苦手です。狭い密室がまるっきしアカンのです。だからおウチのトイレも開けっ放しで用を足します。万一、ひとりの時に乗って止まってしまったりでもしたらと想像しただけでも寿命が縮みあがります。エレベーターに人が乗らなくなって7年になります。
ウチのエレベーター内には掃除用具(掃除機、ダスキン、クイックルワイパー、ほうき)と高枝切狭、室内洗濯物干しの収納箱となっておりました。たまにケース買いするおビールを2階の冷蔵庫に入れるときとかに乗せて2階へ上げます。

ときどき掃除機のコードはよくエレベーター内からはみ出したりとかしても扉がひっかかって異常音で知らせてくれていましたのでコードをちゃんとエレベーター内に入れたら問題なかったりもしました。だから今まで大きなトラブルは起こらなかったのですが、エレベーターの扉が全く開かない、呼ぶボタンを押してもエレベーターは2階から降りてはこないということなので、とうとう、故障しちゃったのかと思いました。とりあえず、エレベーターのブレーカーを落とし、異常を知らせる音を止め、エレベーターに鍵をかけ自動的に動かないように完全にエレベーターを止め指定のメンテナンス業者へ電話したら夕方、専門技術者がきてくれることになりました。

その間、決して、エレベーターの扉をこじ開けたりはしないようにとのことでした。そして、専門技術者の出動費用が基本料金として25,000円、作業代が1時間につき5,000円、最低税込みで31,500円のお支払いとなりますとのことでした。高っ!しかたないです、メンテナンス契約を結んでいなかったのですから。

エレベーターってね、メンテナンス契約を結んで毎年点検とかしてもらわないといけないのです。けどウチはその契約はずっとしておりませんでした。オイッ!だって、タダ、ちゃいますからね。年に1回点検してもらって緊急出動や修理依頼とかの保障や専門技術者の出動費(部品代金は別途取られますが)がチャラになるとかで年間一括お支払い費42,000円(分割月払いで3,675円/月)という出費になります。


点検もしたことないし、もしかしたらエレベーター撤去ってことにでもなったらどんだけの出費になるんやろ、せめて1時間以内で解決してくれと祈るばかりでございました(祈ってばかり)。

で、夕方専門技術者の方1名と、作業員の方1名、合計2名が来てくださいました。相方も営業途中に自宅へ駆けつけました。こういう作業を見ておくこともお仕事のひとつですから。

d0012167_1602630.jpg


ブレーカーを入れ、電源を入れ、まずは1階のこの赤い部分のエレベーターの設置場所側の扉の上の部分の隙間に技術者の方が懐から出してきた薄っぺらい四角い定規のような金属製のヘラをひょいと突っ込んだかと思ったら堅く閉じていたエレベーターの扉を片手でするっと開きました。約3秒の早業でございました。まるで手品。

「すんません、もう一回、やって見せてください」とエレベーターの扉の開け方をおくさまもマスターしたくなったのでお聞きしましたところ作業員の方が、これは専門の技術を持っている資格のある者でなければやってはいけない決まりになっていますとあっさりと断られちゃいました。ちぇっ。まぁでも当然でしょうね。この技術者の方、頂いたお名刺には昇降機検査資格者認定番号という番号が書かれていました。ちなみに肩書は部長さん。おくさま、肩書に左右されることが多い。すんません。

1階のエレベーターの扉が開きました。2階にエレベーターの昇り降りする箱(かご)そのものが止まった状態だということが確認できたので続いて2階のエレベーターの設置場所側の扉も専門技術者の方がさっき使ったヘラを上部の隙間に突っ込みまたまた約3秒ほどの早業で扉を開いたらエレベーターの箱(かご)側の扉が開いたままになっていてその扉の下のレールに掃除機のコードが引っ掛かっていいました。
そのコードをエレベーターの箱(かご)内に入れ、1階へ降りるボタンを押したらエレベーターの扉は何事もなかったかのように閉じ、見ごと1階へするすると降りてゆきました。約30秒ほどで作業完了。たかがそれだけのことで31,500円ってことです。高っ!なんてこったのぱんなこった・。・


いったいどういうこと?


d0012167_16245385.jpg


エレベーターには設置場所の乗り場(降り場)側それぞれ扉が付いています。2枚扉になっています。その設置場所の中にエレベーターの箱(かご)が入っていて、その箱(かご)が昇ったり降りたりしています。
エレベーター内はエレベータールームと呼ばれているそうです。そのエレベータールームの箱(かご)側にもまた2枚扉が付いていてその扉は昇ったり降りたりするときには閉まります。エレベーターの外側からはその箱(かご)側の扉は見えません。

↑ お写真の赤線の部分、2本が設置場所の扉のレールです。青線の部分、2本がエレベータールームと呼ばれるエレベーターの箱(かご)の扉のレールです。掃除機のコードがちょうど、箱の扉側のレールの上、黄色い○印あたりで引っ掛かっていたことが今回の大騒動の原因です。どうやら一番運の悪い部分に引っ掛かってしまっていたようです。掃除機のコードに当たってしまったので箱(かご)側の扉が閉まらないまま設置場所側の扉が閉まってしまったことからエレベーターは異常を察知し異常音が鳴りだしエレベーターが止まってしまったそうです。エレベーターの設置側、エレベーター内の箱(かご)側、その両方の扉が閉まっていなければ異常ということになるのです。中に人が乗っていたとしたらそのコードを内側から取り除けてエレベーターは普通に動いたそうです。赤線の部分にひっかかっているか、エレベーターの外側に完全にコードが出てしまったとかだったとしたら設置場所側の扉が閉じないのでコードをエレベーターの外側から取り除けたんです。ついてへんなぁ~と思いながらも、待てよぉ~もしかして、このエレベーターの仕組みをからめてミステリーのトリックとかに使えないかなぁ。たとえば、ガリレオとかで(笑)あっ、鍵のかかった部屋の硝子のハンマーとかでもいいかも。どっちも月9(笑)

とりあえず、設置してある電話とか基本的な点検作業してもらって約20分で作業完了。お支払いをしようとしたら、別途請求書を送りますということでした。専門の技術者さんはお客様との間で現金を扱わないことになっているんだそうです。こういうこともございますのでメンテナンス契約をおすすめいたしますのでとおっしゃっておりましたが、なんせ、年間42,000円っちゅうのんは痛い。よく考えてみたら、7年間、契約してへんのですよね約30万円、だから、今回の31,500円の出費、お安いと思おう。

って、思えない。ぜんぜん、思えない。

ってか、なんで、メンテナンス代もこんなに高いんよなぁ~と言ったら相方が「エレベーターちゅうのんは、比較的お金持ちがつけてるだろ、だから高くしてるんだよ。払えそうだからね」と言いましたので、それやったらお金持ちやなかったらエレベーターなんかつけたらあかんっちゅうことやな。と言ってやりました。今回のことで、相方もそういうことを学習したはずだと思いたいです。それやのに「オレでもあんなヘラみたいなのがあったら開かなくなったエレベーターの扉開けられるで。なんかコツあるみたいやし。1回見たらわかる」なんて言い出しました。ほんまにあほなこと言い出します。昇降機検査資格という資格がないとあかんのよ。国家試験なんやで。専門の知識を学んだ学歴もいるし、経験もいるし、難しい資格なんやで。素人のあんたごときが絶対やったらあかんよ。エレベーターというのは人の命を預かってるんやで、財産かって乗せてるんやで、その根本的なものを守らなあかんしな。ほんまにもう・・・なんちゅうこと言い出すやら。

しっかし、痛い出費やなぁ~もっとごっつい難儀な作業したとかちゅうのんやったらあきらめもつくけど、実質、たった30秒ほどの作業やったもんなぁ~でもそういう国家資格を持ってる人やないと開けられへんのやしなぁ~と思ったら仕方のない出費なんやろなぁ。お支払いのほう、まだ、請求書が来ないけど、永久に来なければいいのになぁ~

d0012167_17385475.jpg


もう、エレベーターの中にはなにも入れないようにしよう。掃除機も持ったまま階段昇ろうっと。こんなことになるんやったら2階で使うための掃除機もう一台、買うといたらよかったわ。31,500円あったら、ええ掃除機買えたし、お釣りまで出たのになぁ~痛い出費でした。


ってことで、今日もまた長いお話にお付き合いくださりありがとうございます。

明日は日曜日ですね。こちらは晴れの予報が出ております。みなさま、どうぞ、すてきなビューティフルサンデーをお過ごしください。ではまた・・・
[PR]
by pinko_okusama | 2013-06-15 19:32 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(10)
d0012167_1472183.png


まさかもう8月?ってほどの夏空が広がっております。めっちゃ暑いですがすごく気持ちがいいです^^
早くに梅雨入りしたのに梅雨らしい雨が降ることもなく水不足が心配になってきました。窓を開けるとなんだか砂っぽい感じがします。まるで砂漠にいるかのようで、おくさま、ひからび気味でございます。

昨夜はエアコン入れました。寝ようとしても寝苦しくって。タイマーかけて1時間ほどですが気持ちよく寝入ることができました。節電心がけたいし、まだ6月も半ばなのに、けど、こう暑いと・・・それにしてもエアコン入れると気持ちがいいですね。エアコンって、いいお仕事してくれますね。ほんのちょっぴり贅沢ぶっこいちゃいました。

おくさまは5月の後半、相方が連日連夜午前様でしたので、5月分の暮らしっぷりとお絵描きしたのをブログで更新することができたので6月の初めごろは家事はそこそこゆる~くこなしつつ梅雨時のお絵描きに夢中になりながらすてきな暮しっぷりをちんたらちんたら楽しく過ごそうと思っていたのです。

ところがどっこい。

思いもよらない出来事がいつなんどき起こってくるかわからないのが五十路を生きる女の人生なのでございます。


相方がまたとんでもない病魔にいきなり襲われました。人生最大の男の大ピンチに立たされ大騒動をひっくり返しました。その大騒動におくさままでもが巻きこまれるってのが夫婦の宿命とでも申しましょうか・・・

すったもんだのこの半月、相方にさんざん降り回される日々をじっと耐え忍んでおりましたおくさまはへとへとでございます。正直、精魂尽き果てました。

そんなわけで、今日はブログに相方が患った病気とその事の顛末をたとえどんなに長文になろうとも(笑)、きちんと、書き残します。

あらかじめお断りしておきますが、これから書き残そうとしている事実関係はちびっこたちや若いお嬢ちゃま方にとりましてはもしかしたら不適切かもしれないかもしれませんので(って、まわりくどくってごめんちゃい^^;)・・・
そのうえ、かなり、デリケートな領域に踏み込むようなおはなしになっちゃいそうなので大変恐縮なのですが・・・
大人の女性のみなさまにとっても大人の男性のみなさまにとっても何かのご参考にでもなれば幸いと思い、筆をとりました。筆?・・・



発病当日。

5月30日木曜日。相方は休日。何日も前から連日連夜の不摂生が続いていた相方はこの日も午前様でご帰還し、リビングのソファーで力尽き、おパンツいっちょうでソファーで寝ねちゃって、朝方目覚めて休日なのをいいことに寝室まで這って来てまたベットで2度寝してお昼前ごろ起きてきました。

ほんの些細なことからこの世の終わりのような夫婦喧嘩が勃発しおくさまは泣きちぢりながらちゃりんこでスーパーにお買い物に出て午後3時ごろ帰ってきたら相方がベットで丸まってうなっていました。

5分おきにトイレに駆け込んでいます。「熱出てきた」と震え「もやっとするねん」とたまさぶろうを押さえ脂汗も吹き出てますし、相方ってこんなお顔だったかしら?ってな、明らかに形相までもが変テコ。

実はその夜もなんかの会合があってその流れでまた飲みに行く魂胆でしたがあっさり断り、ベットにもぐり混んだかと思ったら、5分も経たずに「じょぼっ」としたおしっこをしに体を丸めてトイレに入りあっちゃこっちゃをおしっこでぽたぽたと濡らしまくり、耐えがたい悪寒に震えています。異様な光景でした。

タウンページを開き「夜でも開いてる泌尿器科・・・夜でも空いてる泌尿器科・・・」と呪文を唱え出す始末。蚊の鳴くような声で「保険証出して」と言いながら午後6時ごろ背を丸め、たまさぶろうを押さえ、保険証とタウンページを抱え、「どこでもええから開いててくれよ~」とか細いつぶやきを残しながら夕暮れの街へ当てもなくお車でひとり出かけてゆきました。あぁ・・・かっこわるぅ~

突然の残尿感と悪寒とお下がやるせないもやっと感に襲われた相方の苦しむ姿を目の当たりにし、もしかしたら、いかがわしい病気、どっかで、もらってきたんかもしれへんなとおくさまはそのとき、ふとそう思いました。えらいことになってしもたんとちゃうんかなぁ~どうぞ悪いもんではありませんようにとただ祈るしかありませんでした。

約1時間後、相方は隣りの市の泌尿器科を受診してから無事に帰ってきました。普通に歩いておしっこも普通に出るようになったようでした。表情はまだ硬いですが。

「座薬入れてもらったら、もやっとした感じが治まったよ。おしっこもちゃんと出るようになったよ」と、ホッとしていました。「点滴撃ったら、熱も下がったし、腹減った」とおっしゃるのでひとまずはごはんにしてあげました。お昼に食べなかったカレーを温めちゃりました。

ごはんのあと、出されたお薬を飲んでいる相方に何のご病気なのか聞きました。

「白血球が異常に高いんだって、炎症、起こしているんだって」と言うのでどこが炎症?と聞きました。

「前立腺にバイ菌が入ったんだって」

急にお声が小さくなった。そんな大事なとこに何のバイ菌が入ったの?なんで?まさかいかがわしいのんとちゃうよなぁ~と聞きました。

「それやったら膿が出るそうだよ。医者に聞いといた」

またお声が小さく聞き取りにくい。なんで、ひそひそばなしなのよ^^;

「ちょっとまた熱出てきたから熱下げる座薬を入れてもう寝る」と言って相方は座薬を自らの手で入れて寝ちゃいました。

まぁ、その日はまだまだ具合が悪いようでしたのでこんなときに尋問してもなんなので事情聴取はもう少し症状が良くなってからにしようと思いました。それにしてもそんな大事な部分が炎症って、治るんだろうか。

この日の泌尿器科でのお支払いは、検査、点滴、出されたお薬、合計6500円でした。ちなみに出されたお薬はレボフロキサシンとかってお薬他。


発病翌日。

金曜日。朝起きてきた相方は「36度も熱ある」と大パニック。平熱が35度ちょいの相方にとって36度は明らかに発熱です。気分も悪そう。ひとまず朝出社してから病院へ行って点滴撃ったんですけれど、体がすごくだるいと言って帰宅後寝込み会社はお休みしました。
午後から少しマシになったので近所の馴染の接骨医で500円を支払って50肩の治療のリハビリ受けました。
夜になってだるくなってきて、またしても悪寒をぶり返し発熱。38度5分。げっ!あまりの高熱に気絶寸前。慌てて寝室のベットに入ったので大丈夫かと心配したおくさまは相方の傍に寄って行ったら「これから座薬を入れたいから、あっちに行ってくれ!」と邪魔者扱いされました。ハイハイわかりました。と^^寝室から出ておくさまはその夜はリビングのソファーで寝ました。めっちゃ、気、遣う・・・

この日、おしっこの検査と点滴とで泌尿器科へのお支払いは1030円。


発病3日目。

土曜日。とりあえず出社し、会社に許可貰って泌尿器科で点滴を撃ってもらったら少しマシになってきたみたいで午後からは出社。夜まただるさと熱っぽさに襲われ座薬を突っ込んで早めに寝てました。「座薬入れるの、慣れてきたよ」と、余裕も見うけられましたがそれでも夜中は無意識にたまさぶろうを抱え込んで背を丸めて難しい顔つきで眠っている姿が見られます。やっぱりまだまだつらく不安定なんでしょうね。ちょっとかわいそうでした。

この日、おしっこの検査と点滴とで泌尿器科へのお支払いは1130円。


発病4日目。

日曜日。稼ぎ時でお仕事でございます。症状はだいぶん和らいできたようで体温計でお熱を測らなくなったのでお熱もそれほど出なくなったのでしょうね。でもまだお顔つきが不機嫌そうなのでまた具合が悪くならなきゃいいのになと気を遣いました。その夜、少し機嫌よく帰宅したのでいったい、病名は何?と相方に事情聴取を開始。

「前立腺炎という病気なんだって」

へぇ~・・・そんでなんのバイ菌が入ったん?と続けて尋問。

「あのな、尻の穴に指を入れる検査をしてもらったよ」

げろげろっ。ってか、そんなことは聞いてへんのですけれども、もしかして四つん這い?

「ちゃうちゃう、診察台で、こんな格好をさせられた」

わぁ~!そんなあられもない格好をソファーの上で再現せんといてください。

えらい姿をみせられちゃってこっちがショックだよ。いらんことを聞くんじゃなかった。

そういえば、おくさまも膀胱鏡検査を泌尿器科で受けた時、あの診察台にはびびりました。女性の婦人科のんと同じような診察台でそんなのに乗る初めての男性やと抵抗あるやろなぁって思ったし。
泌尿器科って人生観180度変わっちゃうほどの検査を受けざるをえないってな抗えない運命が待ち受けてもいるところでございますでしょ。泌尿器科に掛かるってのはなんかせつないもんがあるよなぁ~って溜め息、出ちゃいました。
男性も男性特有のなんらかのデリケートな悩みもあるんだろうなぁ。お下系の病気に罹っちゃったりなんかすると、なんだか、哀しいものがあるような気がして・・・男性もちょっとかわいそうなところもあるなぁ~って思ったら、おくさま、男性のデリケートで哀しい痛みに寄り添ってあげられるような女性になりたいなと思ちゃいました。

「前立腺に炎症起こしてなかったら検査はそんなに痛くないそうなんやけどオレやっぱり痛かった。炎症起こしてるんやろなぁ~」

不摂生ばっかりしてるからやん。体のどっかに炎症起こすってことは自分の体が悲鳴を上げてる証拠。去年の夏かって、ずっと不摂生が続いていて扁桃腺が炎症し続けたまんまやったから扁桃腺膿瘍ってな大惨事なことになって入院騒ぎして、今年もまた不摂生が続きまくってる最中に前立腺が炎症やもん、相方はちょっと上と下とのおち○ち○の付近、要注意やで。そこ、弱いんやろなぁ。

「それにしても、いきなり、しっこ出らへんし、もやっとしてどないもこないもやし、寒気に高熱やし、まいったで。今夜も座薬入れてもう寝る」

自業自得やんか。でも前立腺炎って突然びっくりするほどの嫌な症状が襲ってくる病気でもあるそうなんですって。大人の男性なら誰だって罹るかもしれない病気なんですって。ってか、何のバイ菌なのかまだ判明していないようでした。けど、どうやら相方はそのことに関しては触れられたくないような感じなんですよね。どこで何してるのかわかったもんじゃないですしね^^;バイ菌に関してはおくさまからはあえて聞かないほうがいいのかもしれませんね。お互いのために・・・いらんとこでもめっちゃ、気、遣うなぁ。

この日、病院は日曜で休診。


発病して5日目。

月曜日。かなり元気に出社。会社で許可を得てから泌尿器科を受診。白血球の数値が落ち着いた模様。せっかくやから、念のため、もう一発、点滴を撃ってもらったそうです。もう大丈夫そうでしたがこの病気はしばらく抗生物質を続けて飲んでおいたほうがいいそうです。

この日、お薬が追加されたので、検査と点滴と、合計1520円のお支払い。


発病してから1週間が過ぎた翌日。

6月7日金曜日。初診時の血液検査やらの結果が出るのでこの日、会社の許可を得て営業途中に泌尿器科に受診し、午後は仕事バリバリ。夜、元気に帰宅。

「大腸菌だったよ。大腸菌!」

お声がでかい!帰ってっくるなり何をそんなに吠えてんのかなと思ったら、相方、バイ菌を自白。

なんだ、無罪かよ(笑)あぁ、よかったぁ~

身の潔白が証明されて一番ホッとしたのは何を隠そう相方自身だったりもして。やれやれ・・・

ってか、血液検査の中性脂肪の値が1060ってどういうこっちゃ。ちなみに正常値は50~150。


この日、抗生物質のお薬もまたもう少し追加してもらって泌尿器科にお支払いした合計金額は1700円。


そして発病して約半月が過ぎました。

どうやら急性の炎症だったようで、お薬も効いて、順調に回復して今は何事もなかったかのようにお仕事にお遊びに励んでおります。
何がどうって、相方が大騒動を起こす病気の原因って元をたどればたび重なる不摂生が始まりなのです。自分で、相方自身が食べること、飲むこと、遊ぶこと、少しは節制するようにほんのちょっと意識して心得ること、ほんのちょっとの我慢や努力を積み重ねてくれたらだいぶん違ってくると思うのですが・・・

そういえば、発病の日に勃発した大喧嘩のこと、すっかり吹っ飛んじゃったけど、まっ、もうどうでもいいや^^こうやって、解決しなければならないことをうやむやにしてるうちに気付かないところで大きなしこりになっちゃうんですよねぇ~

今回の病気もまた喉元過ぎればってことにならなきゃいいけど。おくさま、もう相方にごちゃごちゃと注意するのも疲れちゃいました。自己管理もできないのならそこまでのひとですし。ご自分の体のことですからご自分の責任でどうぞ、お好きなようにお遊びください。

そんな感じで相方に振り回され精魂尽き果ててしまっていたおくさまにさらなる悲劇が襲ってきました。病気にまつわる悲劇ではございません。お金にまつわる悲劇でございます(笑)まっ、お金にまつわる悲劇というのはお金で解決がつきます。そんな感じのチキンタッタ約100個分の大出費事件が勃発したのでございます。そのおはなしはまた今度・・・



いつもいつも長い長いお話におつきあいくださり、ありがとうございました。みなさまも、お体、どうぞ大事になさってくださいね。
[PR]
by pinko_okusama | 2013-06-14 19:13 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(0)
d0012167_13495078.png


クローバーにも花言葉ってのがあるんですね。四つ葉のクローバーの花言葉は『幸運』なんですって。なるほど!ですよね。やっぱりそうなんだなって感じですよね。でね、三つ葉のクローバーの花言葉が『幸福』なんですって。へぇ~?ほんまけ?ってな感じでちょっとびっくり。でもね、なんか、三つ葉のクローバーの花言葉を知ってめっちゃ幸福な気分になりました。恵まれた幸せの中で生きてるのかもしれないな~なんてふつーの暮らし、あたりまえの毎日に感謝しようって気持ちを込めて ↑のこの絵はWord2007でお絵描きしました。

もう何点かクローバーのお絵描きをしようと思っています。素材になるようなのができたらまたアップしたいと思っています。


さてっと、

5月最後の土曜日でございますがみなさま、いかがお過ごしでございますか?おくさまは雨の季節前のこの時期の晴れ間をたっぷり使っていっぱいお洗濯しまくらちよ子でございます。少々お疲れ気味です。そろそろひと雨欲しいところです。


ってなわけで、

本日は5月のおくさまのすてきな暮しっぷりを発表したいと思います。ろくに更新できていなかったけど、ブログに発表したい日々の出来事はデジカメにどうにかこうにか残していたのですが、日々スローリーでしたがここ数日ちょっと人生のスピードアップを心がけましたのでってか、実は相方の晩ごはんが要らない率が高かったのでようやく日々の出来事とブログの更新が追いついてきました。
毎日ちょこちょこ、こまめに更新してブログに発表していないと自分の日々の暮らしに新鮮味もないですしタイムリーさもないですがこのスタイルでしか更新できないってとこがおくさまのスローリーな性質がもたらすちょっと苦しいブログ事情でございますが今後ともこんな感じで『おくさまのすてきな暮しっぷり』と末永くお付き合いくださいますよう改めてお願い致します^^


5月2日。

d0012167_1629773.jpg


商品券を貰ったおくさまは阿倍野のキューズモールにお出かけしました。相方の肌着やらチキンラーメン柄のタオルやらを買いに行きました。で、ぜんぜん知らなかったのですがちょうど百貨店で北海道展をやっていましたのでこの夜は相方が晩ごはんが要らなかったのでおくさまのおひとりさまの晩御飯に1480円を奮発してこっそり栄養補給。

潮騒の宴でございます。↓は後ろ姿でございます。


d0012167_16405849.jpg


とても美味しゅうございました。ひとり宴を堪能しました。ひとりゴールデンウィークでございます^^


今年の相方のゴールデンウィークは世間でいうところのゴールデンウィーク後半戦だけがお休みでした。
4月の末は休みなしで5月の3日から6日までがお休みでした。食博に行こうと相方が言いましたが、おくさま、4年前に相方と行って恐ろしいほどの行列と混雑と選べないほどの食べ物とに目が回りへとへとに疲れてお腹がぺこぺこで相方も不機嫌で、命からがら生還したという感じで会場から脱出したのでもう二度とごめんだったから、入場券も貰わず、今年は行きませんでした。それに潮騒の宴を相方には秘密にしてこっそり宴贅沢をぶっこいたのでひとり食博を済ませた感じでしたのでぜんぜん行く気がありませんでした。案の定、食博はえらい人だったようです。行かないという選択は正解だったと思っています。そんな感じでゴールデンウィークはどっこも行きませんでした。何の思い出もございません。お金もそんなに使わなかったし相方とも喧嘩もせず平和に過ごせたのでよかったです。


5月5日。

d0012167_16491362.jpg



チーズケーキを貰いました。ご近所主婦がくれました。ありがとうございます。しんぷるなチーズケーキはめっちゃ美味しかったです。


5月ゴールデンウィーク明けごろ。

d0012167_1653959.jpg


ご近所さんの畑で採れたてのえんどうを貰いました。ありがとうございます。

その10日後もまたえんどうを貰いました。かさねがさね、ありがとうございます。

最初にもらったえんどうは殻つきで1.8kg。10日後にもらったえんどうは殻つきで2・2kgでした。
計ったんかいな!はい!おくさま、体重計に乗ってまず、自分の体重を量り、体重計から降り、ビニール袋に入った殻つきのままのえんどうを持ち抱えて体重計に乗り、量り、差し引きして導きだしたえんどうの重量でございます。

殻をむいて洗って水けを切って、ビニール袋に小分けして冷凍にして、ひと夏でえんどうを美味しく食べようと思っています。豆ご飯が好きです。もちろん2合ぐらいへっちゃらです。おビールのアテにもなります。


5月中ごろ。

d0012167_1733031.jpg


今度は、ご近所さんの畑で採れた空豆を貰いました。ありがとうございます。

空豆というのはおたふく豆とも呼びますが、くっさい豆とも呼びます。

こいつら、ふっかふっかのベットのような殻の中で育つんですね。いいなぁ~気持ちよさげにお布団の中に入っているかのようです。

空豆、うっかり計るの忘れちゃいました。でもたくさん貰いました。

d0012167_1781718.jpg


きれいに洗って水けをきってビニール袋に小分けして冷凍にします。そうこうしてたら相方が別のご近所さんから殻むいて軽く塩茹でしてビニール袋に入れた空豆を貰ってきました。少しまだ温かったです。冷めてからそのまんま冷凍にしました。これまたかさねがさねのありがたさにとても幸せでございます。ほんとうにもらいものだけで生きて行けそうな勢いでございます。

空豆はお醤油とお砂糖で甘辛煮にしてさらにくっさくして食べるのが好きです。


そんで、今日。

d0012167_17172731.jpg


ず~っと前からここってなんだろう?それにしても、なんか、きちゃないなぁ~と思いつつもお風呂掃除のたびに見なかったことにしてきた これ ↑

何だと思いますか?おまるの蓋とはちゃいますよ。

お風呂場の天井裏にテレビとかの配線があるんですよ。その部分に付いている蓋です。

d0012167_1719272.jpg


黒い楕円の部分がお風呂場の天井裏です。お写真では暗くって見にくいでしょうけど暗い部分にはテレビとかの配線でごった返しています。ここの部分の蓋の周辺と穴のぐるりがカビだらけだったのにはびっくりしました。家建てて7年、こんなとこにテレビの配線が集まってるなんて知らんかったです。先日、ケーブルテレビのハードディスクを設置してもらう工事のためにここ開けたんですよ。この暗い穴のぐるりもだし、取り外した蓋もだし、まぁ、きっちゃないこときっちゃないこと・・・ちょっと恥ずかしかったです。でもきれいにしました。お風呂場の天井の部分や天井の四隅の部分も掃除したことがないのできれいに洗いたいですがどうやって洗えばいいのかなぁ~水着でないと服もぬれるなぁ~みんなどう掃除してるのかなぁ~お風呂場の天井のいいお掃除方法ってないですか?

今月もなんだかんだと、暮らしに時間と手間をかけました。ちょこまかちょこまか、お家で、自分の好きなようにゆっくり家事して楽しい5月でした。5月も残り、1週間となりました。明日の晴れ間は貴重な晴れ間になりそうです。そろそろ、雨の季節がやってきますね。梅雨入りまでにまだやっておきたいお家の中ことがいっぱいあります。

さてっと、明日は日曜日、もう一日、夏のような一日になりそうな天気予報です。さあ、何を洗おうかなぁ~
[PR]
by pinko_okusama | 2013-05-25 18:16 | 五十路を生きる。 | Trackback | Comments(2)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama