おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

炎のメモリアル。

一番大切なことって何やろう。。。

生きているってことなんやな。って、そう思うねん。

そしたら、生きているってどういうことなんやろうか???

それは、一生懸命生きるってことなんかなって思います。

一生懸命生きること・・・
そしてその生きるにこだわり・・・
その命を救うことにこだわり・・・

家族を愛し、仲間を信じ・・・

人を救うことにその人生をかけた男達・・・

d0012167_2245460.jpg


勇気?誇り?・・・
そんなん、言葉で現せれへん・・・

災害現場で、人を救うことって・・・

美談ではないし、そこにヒーローのカッコよさもいらない。

救われた人も・・・
救った人も・・・
どうか、どうか、
必ず、無事に生きて、愛する人たちのもとへ、必ず、無事に還ってきて欲しい・・・

望むことはそれだけです。
[PR]
トラックバックURL : http://okusamayo.exblog.jp/tb/676573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 石圭 at 2005-05-25 22:33 x
お~っとぉ!「炎のメモリアル」行きはりましたね。
この映画はCGを使わなかったとか・・・?それだけにマジで迫力あったのやないでしょうか??
韓国映画に「リベラメ」というのがありまして、観はりましたか?
これも釜山の街の一角を実際に燃やして撮影されたとかで・・・・。
こちらも隊員間の人間模様、幼少期のトラウマに悩まされる放火魔、なかなか中身の濃い火事の映画でしたよ。
ハサミ男・・・・そうです、月曜定休ハサミ男です。
Commented by syo-kosan1 at 2005-05-25 22:44
あぁ~い!石圭さんに先こされてしまいましたがな(^▽^;)
つぶつぶからわずらわしぃへ戻っている間に・
最近JRの事故があってそれに関連する記事を毎日のように読んでいたせいもあったかもしれない・・男達が黙々と機敏に命を助けようとする
動きに涙がとまらなかったです・・なにを指しておいても即出動・それは仕事だからと言ってしまえばそれまでなんですが、命を生かすことって理屈じゃないのよ・・・うまく言えないけども思い出しただけでまた鼻の奥が痛い(^▽^;)
Commented by pinko_okusama at 2005-05-25 23:48
☆石圭殿へ・・・
『リベラメ』ビデオにしたんやけど、どこへ行ったかなぁ~。
なにしろ、豪邸住まいなんで・・・
ここだけのはなしやけど・・・
うちの隣のご主人、リベラメやねん。
今日はお休みらしくって庭で洗濯物干してたわ。共働きやしな。
そんなもんやな。そんなもんやねん。それが人生ってもんかもね。
『炎・・・』CG無しですか。すごいわ。それやったら・・・
ホースで放水も炎にドドッと押されてたわ。凄い映画やったわ。
見ますか?

わぁ~。。。チョキチョキおじさんやったんやね。そりゃ。どうも・・・

Commented by a_bientot at 2005-05-25 23:53
おくさま~こちらも見に行かれたのですね。
今日はファッションショーはバッチリ決まりましたか?
天災人災、最近よく目にする機会が多いように思います。
人の命を助けるのも命がけ。
命とはそれだけ重くて尊いものだと思います。
人を救うために人生をかけるって半端な気持ちで出来ることじゃないです。
命って一人だけのものじゃないですよね。
その人がただいてくれるだけで幸せに感じる人がいます。
皆そう想いあって生きているような気がします。
Commented by naokiyo703 at 2005-05-25 23:57
この映画は観ていませんが・・・
大切な事。

だと思います。
「今」を生きる。
「今」を一生懸命生きる事。
さっきでも、1分後でもなく「今」です。
Commented by pinko_okusama at 2005-05-25 23:57
☆フローレンス・翔子嬢へ・・・
めんぼくねぇ。。。。
わたくし、手柄話もいらんし、賞状もいらん。
あなたが無事に戻ってくれたらそれでええ。そのことばかり思ってた。
あかんな。あかんわ。JRのあの事故のことかって誰も責められへん。
その場にいたらわたくしになにが出来たんやろか?
情ないわ。自分自身がね。そう思った。
けど、最後の救助活動の撤収のその決断の重さだけはのしかかってる。
あの決断の潔さ・・・命をかけたもの同志だけに与えられたその決断。
トラボルタ・・・好き。首の太さがまた好き。男は50過ぎてからやな。
・・・って、支離滅裂☆
この映画も、時間がかかる。自分の中で整理が出来るまで・・・
Commented by pinko_okusama at 2005-05-26 00:05
☆emaさんへ・・・
ばっちし☆。ファッションショーは昨夜しておいた。
また遅れると見る映画ないし・・・
>命って一人だけのものじゃないですよね。
そうなのよ。この主人公には妻と幼い子供がふたり・・・
妻だったら「行ってらっしゃぃ~」してから「おかえりぃ~。」が
当たり前の暮らしを望むものですよね。
けど、ひとたび火災が起これば現場はそれこそ戦場ですからね。
人間って、生きてるだけで奇跡やなぁ~なんて、的外れな感動もありました。
Commented by pinko_okusama at 2005-05-26 00:10
☆プリンセス嬢へ・・・
「今」その瞬間なんですよね。
その瞬間のその一瞬の判断というか本能が
人の命を救えるし、そして被害も最小限に止めることができる。
そんな想いも深く伝わってくるそんな映画でもありました。
>「今」を一生懸命生きる事。
そうやわ。がんばろう。がんばれるぞっ☆
Commented by 詩織 at 2005-05-26 17:57 x
映画、長いこと見に行ってないですね^^;
この映画にトラボルタが出てたんですね。
トラボルタといえば「ナイトフィーバー、ナイトフィーバー♪」
今回の役どころとは大違い!?
映画。。。近所に来年ミニシアター!?が出来るのでそれまで待ってるかな^^
Commented by pinko_okusama at 2005-05-26 18:23
☆詩織さんへ・・・
おっ。。。ナイトフィーバーっすか。
そう。ナイトフィーバーのあの男・・・
わたくしはある程度歳を重ねた男子は骨太&首太がお好みなんです。
今回のトラボルタはやってくれますよ。
男は50を過ぎてからが勝負なんですね。
ダー様。あと数年ですね。うちもあともう一息ですが
トラボルタのような部下を信じ部下の判断に委ねる究極の決断が
出来るそんな上司になれるでしょうかと心配です。
by pinko_okusama | 2005-05-25 22:15 | おひとりさま映画鑑賞。 | Trackback | Comments(10)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama