おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

昨日のお弁当と久しぶりにゲッチュウーしたバトン。

d0012167_15565785.jpg


相方はちっちゃな村の工務店のおっちゃん
おくさまはそんな相方の稼ぎ時の日曜日だけお弁当を作ります
男前のに歯の弱い相方
お弁当のおかずも柔らいのにしています

相方はお母さんを小さな頃に亡くしてる
学生時代とかは昼食代を貰って
手作りのお弁当とかって作ってもらったことが無いと
相方の叔母さんから嫁に来たときに教えてもろてん

そやから
手作りのお弁当のささやかな悦びを相方に味わってもらいたい
そんな感じで
おくさまは相方のお弁当を必死のパッチで作るねん
濃厚な愛情をたっぷりと詰め込んで・・・

ええ話やろ (T-T) ウルウル

おくさまはとてもいい妻だ d(゚-^*) ナイス♪

ってか玉子焼きの黄色が 眩しすぎるんですけども
詰め方が 雑

ってことで

和風・豚肉の薄々竜田揚げ愛情濃厚弁当 だす!

薄々の豚ロース肉をしょうが醤油味でパリッと揚げたねん
 
ちょっと お弁当の蓋 し難かったんですけども
無理やり 蓋したら バリバリッ
聞こえたような・・・
聞こえなかったような・・・


で お帰りになった相方が
薄いせんべいみたいなのんは なに?
って 聞くねん

なに? だとぉ~


いっこも お味がしなかったのですけども


(" ̄д ̄)けっ!

お弁当って
愛情の濃厚さは少し押さえ気味にして その分お味を濃厚にしたほうが 吉



で、バトンを アレ。 様の なななさんから ゲッチューしてきました

◆この【 】には感動!!
◆直感的【 】
◆好きな【 】
◆こんな【 】は嫌いだ!
◆この世に【 】がなかったら
◆次に廻す人5人(『指定』付き

お題は【本】
【 】に本という字を当てはめます


◆この【本】には感動!!
浅田次郎さんの『蒼穹の昴』
丁度、10年前に読みました 買って(←ココ大事)読みました
ごっつい活字の大群ですけど 3度は再読していますね
ラストの一行を読むたびに もっとその先を読みたくなるほどです(笑)
物語と史実の登場人物に絡ませて浅田マジックが生み出した
架空の登場人物たちの生き方を思い出すたびに心に熱いマグマが噴出しちゃいます
動乱の中国清朝末期を舞台に未来のために敢えて困難な道を選び
若い力がぶつかり合う素晴らしさに圧倒されました
浅田次郎さんはこの後に書かれた『鉄道員』で直木賞を受賞されましたが
おくさまは浅田次郎さんは『蒼穹の昴』だけで充分満足でございます

◆直感的【本】
直感的本 難しいなぁ~
ビビビッっと来る本ってことなら
時代に翻弄された過酷な運命 
とかって本の帯なんかに書かれているとビビビッと刺激される

◆好きな【本】
小説で史実ベースの群像劇が好きかな
あんまり昔が物語の舞台だと苦手
色んな方向から物語が始まって読む最初は混乱しちゃうけど
最後にはひとつの大きな物語の流れに飲み込まれてしまう
ってのが好きなのでそんな感じの小説 大河小説かな

◆こんな【本】は嫌いだ!
う~ん・・・これも難しいなぁ~
活字を吸収しにくい本かなぁ~
答えになってないか・・・

◆この世に【本】がなかったら
L(・o・)」 オーマイガ そっ、そんな・・・
読後感想文が書けないじゃないですかっ(泣)
って、そんな問題じゃないか・・・

◆次に廻す人5人(『指定』付き
すみません
バトンは常におくさまで止まっちゃう 悪い癖ですね
もし どなたかよろしかったら お持ち帰りください
お題は もちろん 本 で・・・


久しぶりのバトン
本がお題なので ヤッタゼッ! って思ったけど
結構難しかったなぁ~
でも やってみると 面白い

そうそう
バトンって何回かやってるけど
初めの頃 バトンをバントと間違えちゃってた
バトンって打ってるつもりやのにバントって打ってたりしてさぁ・・・
コツコツ打ってどうすんの って感じですよねぇ(笑)
 
[PR]
トラックバックURL : http://okusamayo.exblog.jp/tb/4139595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2006-11-06 18:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chacha-tida at 2006-11-06 18:31
まあ、おくさま、美味しそうでしかも愛情たっぷりのお弁当ですね。
薄い竜田揚げ、頂きたいものです。
手が込んでますね。
それに彩りもキレイで。
相方さまはお幸せ者ですわ。
お弁当のお話、ホロリとさせていただきました。
なんて感動的なんでしょう。
きっと相方さまにもおくさまの気持ちは通じてますよ。
ただ、照れくさいだけなのでは。
いいなあ、愛情が溢れてて・・・シミジミ

バトン、私初めてなのですが頂いて帰りますね。
いつのことになるやら、わかりませんが(汗)
Commented by pinko_okusama at 2006-11-06 18:41
☆2006-11-06 18:24 鍵コメントさんへ・・・
ようこそ はじめまして(笑)
お声をかけていただいてどうもありがとう
怖いのね。そりゃ怖いでしょうね(笑)
ゆっくりまた伺いますのでどうぞよろしくお願いします。楽しみだじょ^^。
Commented by pinko_okusama at 2006-11-06 18:49
☆chacha-tidaさんへ・・・
こんばんは。
愛情の濃厚さでお味付けが霞んじゃいました(苦笑)
相方には内緒で叔母さんがこっそりと教えてくれたのです。
だからお弁当とか作ってあげるときっと嬉しいはずだよと
言ってた叔母さんも相方のことが可愛いのでしょうね。
いつもお弁当は全部綺麗に食べてきますのでおくさまも作り甲斐があります。
このお弁当もトマトの葉っぱと吸い尽くした梅干の種とアルミホイルだけが残ってました。
相方がおくさまに歯の浮く台詞を言ったところで結局は差し歯が浮くだけですものね(笑)

バトン、受け取ってくれたのね。嬉しい。
いつでもいいの。楽しみにしてますね。
Commented by Theo_C at 2006-11-06 21:49
こんばんは。
お弁当 羨ましいですねぇ。 
母が作ってくれるのを当たり前だと思っていた中・高生時代。。。
お互いの心のひだに そっと寄り添っているようなお二人のお姿が
なんだかジーンときました。 Theo_Cも お嫁さんになったら
おくさまのようなお嫁さんになります。
Commented by bibliophile81 at 2006-11-07 09:08
活字を吸収しにくい本
わかりますぅ!!
同じですよ。
心に 響かない本とかは これですね。
Commented at 2006-11-07 11:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanadazu at 2006-11-07 14:41
こんちはーバトン(。'I')b ナイス!
おくさまが感動して買った本なんてオイラも読んでみたいーー
メモしておこうっと♪

オイラ小さい頃、本とかTVって全部嘘の話だとばっかり思ってて
実際にあったお話しな訳ないじゃーんって勝手に思い込んでました。
だから歴史本もうそっこだと・・・・
だからオーストリアとオーストラリアが同じ国だなんて勘違いしちゃったんだなー(意味不)

美味しそうなお弁当でござるねー
おくさまの愛情で健康の為に薄味にしてるのよね?
相方さまもわかってるくせにとぼけちゃってープニュ( ´∀`)σ)Д`)
Commented by boro2n at 2006-11-07 16:38
ここでも卵焼き♪
本当だ、黄色がまぶしい~おいしそ~
これはきっとあま~い卵焼きだねんっ。
豚の薄焼きか~ ハムカツかと思ってしまいました(^^;
カリッと揚げたら、硬くはなりませんか? 大丈夫だったでしょうか、相方さん。
Commented by imoan12 at 2006-11-07 22:24
愛情たっぷりのお弁当ですもの、美味しいに決まっています!
相方さんも、「美味しい」と思っていらっしゃいますよ。
私もそんなおくさまになりたい!(笑)
Commented by michirudesu at 2006-11-07 22:56
ううっ~、ええ話や・・・
わたしなんか自慢じゃないが旦那のお弁当は作ったことがないんだよぉぉっ。
お味がうすくても愛情が濃いお弁当ならいいんです。
だって、愛情が薄くてお味が濃いお弁当って、深く考えたら怖いかも・・・・
Commented by slow-life-k at 2006-11-08 17:52
おくさま、ワタシは泣けちゃいましたわ・・・
いいんですよ。竜田揚げが薄かろうとお味が薄かろうと・・・
お弁当のフタから溢れんばかりのおくさまの愛情で充分ですわよ♥*♥*:;;;;;:*♥*♥*:;;;;;:*♥

不思議とお弁当って冷めちゃっててもホンワカ~心はあったかくなりますよね。
やはり作り手の愛がそこにあるからでしょうねo(^。^*)。。oO(愛情っ!)
いい話を聞かせて頂きました。ありがとう~


Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 10:14
☆Theo_Cさんへ・・・
こんにちは。
当たり前って一番幸せなことなんだなって大人になってから気付いた。
学生の頃、母の作ったお弁当が玉子焼きと茹でたタコだけだったことが
あって勘弁してよーって思ったことがあったけどお弁当を作ってもらえる
ってだけでも有り難いことだったんだなって今になって思います。

ふたりっきりやもん。ひだに寄り添って生きてゆきます。
暖かいご声援をありがとう。
Theo_Cさんならきっと素敵なお嫁さんになりますよ。
その日をおくさまも楽しみにしております^^。



Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 10:19
☆bibliophile81さんへ・・・
こんにちは。
本、特に小説とかは最後まで読まなきゃ良かったかどうかわかんないじゃないですか。
けど、どうしても活字を吸収できなければ読みきれませんもの。
>心に 響かない本・・・
そうそう、それですね。
活字を吸収する部分ってやっぱり 心 なんですよね。
Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 10:23
☆2006-11-07 11:16 鍵コメントさんへ・・・
こんにちは。
落ち着かれましたか。
色々と大変だったご様子で・・・
心配してましたけど優しい旦那様がそばにいらっしゃるんだもんね^^。

おくさまもOL時代は社員食堂。
だからお昼ご飯は社員食堂以外のお弁当とかは食事制限のある人たちしか認められてませんでしたよ。
けど、社員食堂があれば強い味方じゃないですか(笑)
Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 10:39
☆nanadazuさんへ・・・
こんにちは。
バトン、さんきゅぅ~ お題が 本 だもの 貰ってこなきゃ女がスタル^^

おくさまは何処までが本当のことで何処らアタリが作家さんのうそっこ
なのかのその境界線が良くわかっていないことも多いので史実がベース
になっている物語とかを読んだら同じ時代を舞台にした他の作家さんの
本とかをまた読んだりする。
意外とそれもまた面白かったりします。
実際に存在した歴史の有名人でも作家さんによってキャラが違う楽しみもできますしね。
オーストリアとオーストラリアって・・・それ、わかるわかる。
どっちかが架空の国に感じちゃいますもんね(苦笑)

健康に決して良くないものが大好物の相方・・・
しょうが醤油でお味付けしたんだけど・・・
もっと濃い味を要求しているようです。身体には悪いんだけどね^^;

Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 10:44
☆boro2nさんへ・・・
こんにちは。
玉子焼きをお写真に撮るときは焼け目の部分を表面にすればよかったわ。
切り口なのでやけに黄色が眩しいでしょ^^。
おっ、そうだわ、今度はハムカツにしようっと。
ハムカツだとハムの塩気がお味になりますもんね。
この豚竜田揚げね、時間が経ったらふにゃふにゃふんにゃり・・・
歯には優しかったようです。
Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 10:54
☆imoan12さんへ・・・
こんにちは。
作りながら愛情がいっぱい溢れてくるんですよねぇ~なんちゃって^^。
imoanさんもこんなおくさまに・・・
おくさまはimoanさんになりたいのに(笑)
さくらちゃんもびっくり!だよねぇ~
Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 11:02
☆michirudesuさんへ・・・
ええ話やろ(笑)
>愛情が薄くてお味が濃いお弁当・・・
深く考えちゃダメダメ(笑)

あらっ、一度、旦那様にお弁当なんかを作ってあげたらいかがですか。
愛情が薄くてお味が濃いのを・・・って(笑)
Commented by pinko_okusama at 2006-11-09 11:09
☆slow-life-kさんへ・・・
こんにちは。
俺、お前のせいで肥える。
とかって 相方にはちょっとおくさまの愛が重いようだが・・・
お前の愛は毛深い って言われるからちょっとこれからは
せめてお味だけでも薄めにした方がいいのかもしれませんね。

お弁当にまつわるお話って人には色々とあるんでしょうね。
愛情を相方に迷惑をかけずに(謎)どう表現するかが
今後のおくさまの課題でもあります。頑張ります^^
Commented by marine_32 at 2006-11-09 15:41
美味しそうじゃないですか。相方様、文句を言ったらバチが当たりますわよ^^;
愛情たっぷりのお弁当。うちはレンジの愛情がたっぷり詰まってます。
私の愛情は・・・別の機会に(笑)

おくさまの人生に深く関わってる本ってありますか?
きっとあるんだろうなぁ^^
Commented by match at 2006-11-10 00:36 x
おくさま久しぶりです~。
美味しそうな愛情たっぷりの相方様は幸せ者ですね~~。
羨ましい限りです。

本のバトン。
5人の枠とはまだ空いているのかな?
キャッチしそうなんだけど、渡す相手が一人か二人くらいなのでちょっと思案中なんです。
Commented by pinko_okusama at 2006-11-11 20:20
☆marine_32さんへ・・・
こんばんは。
まりんさんは、毎日お弁当を作られてるんでしょ。
おくさまなんて一週間に一度作るかどうかだもん。
一週間ぶりのお弁当なら7日分の愛を、2週間ぶりなら14日ぶんの愛を・・・
ゴッツイのが出来ちゃうのです(笑)
まりんさんの別の機会の愛情って・・・
色々と想像しちゃいました(笑)
おくさまなんてお弁当以外で別の機会で愛情表現するチャンスも
無いですから(爆)

人生に深く関わっている本・・・
そうだなぁ~
まりんさんもお好きな田辺聖子さんの『おかあさん疲れたよ」って小説かな。
何度も再読しちゃうんです。
そのたびに何度も結婚したくなってくるのです。アハハッ。
まりんさんにも人生に深く関わっている本があるのでしょうね。
またそんなお話も聞かせてね。
Commented by pinko_okusama at 2006-11-11 20:27
☆matchさんへ・・・
こんばんは。こちらこそ、ご無沙汰しちゃってます。
愛情がたっぷりすぎちゃってね。
ちょっと緩めなきゃって思う日もあったりするけどついつい
色んな思いも詰め込みすぎちゃって・・・

matchさんの本のバトンが気になります。
お時間があれば是非。
おくさまはどんなバトンでもおくさま止まり。
いけないのかもしれないけど・・・お友達少ないし(苦笑)
おくさまはブログでのバトンって渡す相手は思い当たる人だけでも
いいんじゃないかなって思ってるんですけどもね。
by pinko_okusama | 2006-11-06 18:14 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(24)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama