おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

海猫。

d0012167_1336114.jpg


今朝、相方のイナバウアはキレが悪かった。
「俺、どうやら、乳の筋肉を痛めたようだよ・・・」
いわんこっちゃない・・・

三月だというのに風が冷たいですね。

さて、本日はおくさまの読書感想文をまた披露しちゃいましょう。

実は、今日ご紹介する小説の読書感想文を書くにあたりおくさまは四苦八苦。

なぜなら・・・
女三代恋愛大河小説だから。
一番苦手とするジャンルでございます。

では・・・
なぜそんな苦手ジャンルを読んだのかと申しますと・・・

てっきりアブノーマルな世界が描かれているのだと勘違い。

映画化されているそうなのです。見てませんが・・・
禁断の愛とか悲恋の物語とか・・・
佐藤浩市殿や仲村トオル殿が出演なさってるとか・・・
濡れ場がどうのこうのとか・・・
映画はイマイチだったというご意見もちらりほらりと・・・
そんな感じで谷村志穂さんの作品を初めて読みました。
『海猫』でございます。

d0012167_13491736.jpg



「中途半端な弱さを抱えて愛だけ深くては人は生きてはいけないのだから。」
物語の前半のヒロイン・薫の母で後半のヒロインである薫の忘れ形見の姉妹達の祖母でもあるタミの言葉が印象的でした。

愛に正直に生きるというのならより強く生き抜く力が必要なんだなと思いました。


要点もつかめない感想文しか書けないわたくしが言うのもなんですが・・・
なっ、何?って感じでおはなしが意味不明に展開しちゃうときがあるんですよ。
ページを後戻りしたりする事もしばしばでしたが・・・

時代、風土、営み、男と女・・・
背景と人間関係が複雑に溶け合いながら人と人との人生が繋がり物語が展開してゆく
その上手さはなかなか読ませてくれますよ。

20数年間の北国の愛に生きた女たちの物語は後半がお勧めです(謎)。


では、物語を熱く語りましょう。
語りつくしちゃってるのでネタバレしてますし、長い長い感想文です。
いつものことです。ごめんなさい。






昭和30年代、冬・・・
港町で賑わう函館から雪深い峠を越えて南茅部という昆布漁を営む漁村に美しい娘が嫁ぐところから物語が始まります。

母・タミとロシア人の血を引く父との間に生まれた美しい娘、薫。
「海猫みたいな目しとる・・・」
24歳の漁師、邦一のまっすぐさを信じて20歳の薫は赤木家に嫁ぎます。

薫の母・タミはロシア人の血を引く青年と駆け落ちし薫と孝志が生まれた。
戦争で夫は帰らず戦後、満州から引き上げ女手ひとつでふたりの姉弟を育てました。

薫は邦一によって女の喜びを知り漁師町の暮らしに溶け込み赤木家の家族のひとりとしても幸せを感じてもいました。

やがて美しい娘にも恵まれたのですが・・・
昆布漁は夫婦の深い絆で成り立っている。
その深い絆が微妙に狂いだす。

凍えた人形のような美しすぎる妻とは対照的な魅力を感じる女性と付き合い始めた夫・邦一。

赤木家での婚礼の宴の日に初めて出会った兄嫁の薫をずっと心から見守っていたいと思っていた義弟・広次。

夫への愛を見失い自分と生まれたばかりの娘を広い心で包んでくれた広次への思い。

愛し合うふたり。身体を求め合ったふたり。

薫が広次の子供を身ごもったことから赤木家が崩壊してゆきます。

物語の前半は何かとんでもないことが起こりそうでそれほどたいした事が起こらない。

そんな中で展開される薫と広次との禁断の愛が実を結ぶ。
薫は女の子を産みます。

事実を知った邦一は・・・
事実を知られた薫と広次は・・・

海猫たちが群がる海は鮮血で染まる。

ひとりが勝手な事をすればみんなを傷つけて心を狂わし今を壊してしまう。

薫の最期は自業自得じゃない。
ってか・・・
貴女は何をしたかったの?何を求めていたの?

広次の最期だって理解できない。

ふたりのその結末が哀しくドラマチックなのにもかかわらず
なぜかおくさまが勝手に想像していた禁断の愛に対する興奮が醒めてゆく・・・。


禁じられた恋。
一線を越えるのなら強い覚悟で現実と向き合うべきでしょう。
あまりにも弱すぎたふたり。
だからって同情もしない。
だって誰もを不幸にしただけでしょ。

と、ここまでが前半なんですよ。

読むのに一週間ほどかかちゃいました。
たかが、300ページ余りなのに・・・

禁断の愛って、ちっとも面白くない。ってのが正直な感想でした。


前半は厄介で消極的な読みっぷりでした。
けどね、後半はめっちゃ良かったぁ!
あっ。だからって後半だけ読めばいいという問題じゃないですよ。
前半の登場人物たちのそれぞれの愛のかたちが実を結び後半の物語の中で確かな愛がおくさまの心に溢れて迫ってきましたから。


時代は昭和50年代。舞台は函館。
薫が産んだ二人の娘の人生とタミの人生、彼女達に関わる人たちの物語が描かれます。

赤木家とは縁が切れ、薫の母、祖母のタミのもとで大学生と高校生になった姉妹。

将来は確かな足取りで生きてゆくことを薫が残したふたりの孫娘から感じ取りながら育ててきたタミ。

タミにとっては娘の(姉妹にとっては母の)起こした許されない事件・・・
その後、寄り添って暮らしきた祖母と孫娘たち・・・
そんな彼女たちが健気でした。

姉妹達はお互いに自分に無いものを持っている人に惹かれてゆきます。

妹は、好きになってはならない人を好きになり壊れてしまいます。
不義の愛に身を置いた両親と自分の罪に惑う痛々しさが健気でした。

20歳で学生結婚し妊娠してからも姉は別の愛に走った母と伯父を海の底に追いつめた父・邦一の罪を背負いながら愛するか憎むかどちらかしかないのなら憎んで生きる。そうやって生きてきました。

彼女達がどんな思いで生きてきたのかを思ったら胸が痛みました。

愛する悦び、愛する苦しみを知って姉妹は海猫に呼び寄せられるかのように母が嫁ぎ、自分達が生まれた赤木家のある南茅部へ・・・

登場人物たちに共感できる部分と出来ない部分が半分こ。
男女の合体描写が多くってちょっとお腹一杯かな。
そんなにいいものだったのかと目から鱗が落ちました。
はい、要らんひとことですね(苦笑)。

読み応えのある物語でした。
こんなところまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://okusamayo.exblog.jp/tb/2767715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chacha-tida at 2006-03-02 18:56 x
おくさま、こんばんは。
この「海猫」、映画で見ました。だって・・・
佐藤浩市さま、仲村トオルさまのファンなので、見るしかないっ!!と。
ケダモノのような浩市さまと、インテリなトオルさまが印象に残っております。→たしかR15指定だったはず
そうです、何かを期待して見に行ったのです。
同じ思いであろう、オジサマを数人お見かけしました。
それで結局、原作は読まずじまいです。
おくさまの感想文で読んだつもりになりました。ホホホ

ところで・・・
サンドイッチのいちばん左は懐かしのハムカツでしょうか?
Commented by Theo_C at 2006-03-02 22:52
映画になって初めて知って 未だ見ずじまい 読まずじまい。。。
残された二人の娘の生き様が 読み応えのあるストーリーになっているんですね。

・・・・・・・・・ん? おくさま・・・・合体については ご存じのクセにぃ...
Commented by 翔子 at 2006-03-02 23:25 x
しんどい物語です。愛するか、憎むかの選択肢しかなかったことと、誰かを憎んで生きていくことって、憎まれてる者より憎む者のほうがはるかにしんどいし、腹に力のない人生になってしまうかと思うけれど、おくさまの感想文で、あたしの貧乳、もとい!心臓の部分がチクリ・・禁断の愛→R指定?制限ぎりぎりということで非常に興味ある作品であります。
Commented by ゆーらっぷ at 2006-03-03 09:47 x
「海猫」 私は未読なんですが 仲村トオルファンの娘が 高校生当時(2年ほど前?)ロケをわざわざ見に行ったんですよ。
高校生で仲村トオルって ちょっと渋すぎませんか?(笑)

普段は寮生活で函館で暮らしている娘が たまたま 帰省していた 
冬の朝。地元紙の朝刊をなにげなくみていたら「昨日から 海猫のロケが始まった」という記事が。
それからが もうたいへん!南茅部町という海沿いの漁師町の役場に電
話して 今日のロケ時間、ロケ場所を教えてもらい、たまたま遊びに来ていた 私の父(70うん才)と二人で 吹雪の中 JRに乗って出かけたのでした。しかし そこは ど田舎のこと。最寄り駅には 鈍行しか止らず それも日に数本。そこから バス、タクシーとのりつぎ 4時間ほどかけてようやくロケ地にたどりついたらしい。が しかし 仲村トオルの出演シーンは当日はなく 伊東美咲だけを見て また 4時間かけて がっくりと帰ってきたのでした。
Commented by bibliophile81 at 2006-03-03 15:44
へ~~読んでないし 見てないけど 予告編だけはテレビでちらりと・・・
それにしても寒いっす。雪チラついてました。
Commented by okamemo at 2006-03-03 17:50
おくさまこんにちは♪大きなサンドイッチですね。おいしそう。。。最近サンドイッチブームで、お昼ご飯は毎日サンドイッチです。そろそろやめたいのですが、今日も食べてしまいました。
「海猫」、女三代恋愛大河小説ですか^^ふむふむ。家族のつながりとそれぞれの恋愛模様、とても読みごたえありそうですね。映画もあるのですね。佐藤浩一さん、けっこう好きです。
いつもおくさまの読書感想文で、読んだ気になっちゃう私です。とてもありがたく思っています。
Commented by pinko_okusama at 2006-03-04 10:31
☆chacha-tidaさんへ・・・
おはようございますぅ~。
ご覧になられたとな。。。羨ましいぃ・・・
映像になるのならやはり濃厚なまぢわりを期待しちゃいますよねぇ~。
佐藤殿がケダモノならおくさまもケダモノになる。
ってね、原作は多分佐藤殿が演じたと思う夫にめっちゃ感情移入。
後半でこの夫に泣きました。
映画は原作の前半がほとんどだと聞いたんです。
後半をしっかり描かないとこの物語は映画では描ききれないだろうなぁ~と思いました。

そうです!左は懐かしのハムカツです。
薄っぺらすぎますがそれなりに懐かしいお味が楽しめました。
Commented by pinko_okusama at 2006-03-04 10:42
☆Theo_Cさんへ・・・
残された二人の娘たちの物語で前半の親たちの人間像が活きてきたなぁ~って感じでした。
後半は読み応えありました。
合体はわたくしの人生でそんなに悦ばしいことでもなかったような・・・(苦)
Commented by pinko_okusama at 2006-03-04 10:49
☆翔子さんへ・・・
生まれながらに不義の愛の十字架を背負ってきた娘達は痛々しくもありました。
しんどかったですがそのしんどい思いの荷を降ろしたときに泣けてきました。
わたくしの貧乳が揺れました・・・
おくさまも、禁断の愛→R指定?にはかなりそそられますが、やめておきましょう。要らん炎が燃えちゃいそうですし・・・
Commented by pinko_okusama at 2006-03-04 10:58
☆ゆーらっぷ さんへ・・・
娘さんは大人ですよ。
佐藤浩市殿がお好きならちょっと微妙ですが仲村トオル殿がお好きなら素敵な大人の女性です。
知り合いの小3の娘さんが中村雅俊が好きだといってました。
女心は色々ですね。
そちらでロケがあったんですね。
原作でも函館や南茅部の描写が素晴らしくって行ってみたい場所のひとつになりました。
娘さんも残念でしたでしょうが、お父さん(お祖父ちゃんですね)もお疲れになったことでしょうね。

そうそう、スパム、大変ですね。
対処方法はおくさまはよく知らないんですが、何とか回避できますようにと願っております。
Commented by pinko_okusama at 2006-03-04 11:01
☆bibliophile81さんへ・・・
前半は昔の昼メロ、後半はそれなりに純文学的(ちょっとキツイか?)だったような・・・
3日はめっちゃ寒かったですよね。こちらもなにか雪のようなものが舞い散ってました。
この土日は晴れて暖かいそうです。
Commented by pinko_okusama at 2006-03-04 11:12
☆okamemoさんへ・・・
こんにちはっ!
このサンドイッチはね、美味しいんだけど広くって薄いのが難点。
自分で作ると具がでかくいっぱいに溢れさすんだけど・・・
『海猫』読むのと感想文書くのでサンドイッチを作る時間が惜しくって
市販のなのよ。量的にちょっと物足りない。1分で完食。
おかめちゃんのお昼のサンドイッチはお手製なんでしょう。
おくさまもひとりの午後はサンドイッチが多いです。
佐藤浩一殿って素敵ですよね。
それほど男前でもないけど雰囲気でクラリ、クラリと悩殺されちゃいます。
読み応えのあるおはなしでしたよ。
おくさまの愛の血も流れ始めました。最近ちょっと止まってましたから(謎)
おくさまの読書感想文を読んでいただきありがとうございます。
でも決して信じ込まないで下さい。おくさまの物語に変化しちゃったりもしますし・・・
ここで読んだおくさまの読書感想文はここだけで忘れてしまってください。お互いのためです(爆)
なんちゃって、読んだ気になってくださればおくさまも浮かばれます^^。
by pinko_okusama | 2006-03-02 17:03 | Trackback | Comments(12)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama