おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

地鎮祭。

d0012167_1514649.jpg


建国記念の祝日の今朝、めでたく我が家の地鎮祭が厳かに終了しました。

思えば・・・

舅の四十九日の宴を先月に終え、節分を終え、結婚記念日を素通りし、
ようやく地鎮祭というめでたい今日の日を迎えることが出来ました。

ひとえに・・・

皆様方の暖かいご指導とご声援により・・・

なんちゅうか・・・

気の利いた講釈って上手くまとまらないですね。えへへっ^^。

ってことでようやく地鎮祭。通称、地祭り。

d0012167_1512573.jpg


朝、9時過ぎ・・・
先生と呼ばれる方とそのお弟子さんたち女性2名、男性2名が普通の感じで登場。

この神棚を組み立てお供え物をセットしてから先生と呼ばれる方が「着替える」と言い出した。

着替える?・・・なんのこっちゃなおくさま。

慌てる相方・・・
神主姿に着替える場所を提供する事をすっかり失念していた相方・・・
お隣の親戚のお嫁さんに急遽、お願いしてお座敷を一間お借りした。

いきなりだったにもかかわらず、彼女はお座敷を一間用意してくれた。
(申し訳ないです。ありがとうございます。)

ところが・・・

先生とお弟子さんたち皆がお座敷へ・・・
神主って一人とちゃうの?

ありゃりゃ。。。
たった一間のお座敷で老若男女がお着替え・・・

混浴状態。

待つこと数分・・・

先生と呼ばれる方が神主さんに変身。
お弟子さんたちもこの寒空に1枚の薄っぺらな白装束に身を包んで再登場。
影薄し・・・
寒そうやし・・・

ようやく地鎮祭が始まった。

式次第が進んでゆく・・・

おくさまも土地の神様に丁寧に慎重に無事にお家が立ててほのぼのと暮らせますようにとお願いして神棚に玉串を御供えし二礼して「パン!パン!」と拍手を二度・・・

今朝、相方に練習させられたねん。
うまくいったわ。とか何とか思っていたら
厳かに土地の神様に捧げる儀式がつつがなく・・・

あらっ。。。

お弟子さんが一升瓶ぶらさげて不安げに「せんせぃ、お酒・・・せんせぃお酒・・・」って蚊の鳴くような声で四方の聖域をお酒もふらずぶんぶん大きく手を振り上げて塩だけまきちらかし気合いっぱいで清め続け思う存分暴走する神主姿の先生を必死で追っかける。
なんや、この神主姿の先生っておくさまと共通する部分もありそうだ。

笑っちゃいけない時に限って可笑しなことが起こるのが世の常だ。

ってか、いいのか、こんな事書いちゃって・・・
事実なんだから仕方が無い。

非常に厳かに式次第が終了。

地鎮祭が無事終了。

「着替えよう」と言い出し一歩踏み出した神主姿の先生。

ところが・・・
またお弟子さんが「せんせぃ、せんせぃ・・・」となにやらごにょごにょと先生に耳打ち。

不意に神棚に向かい妙な動きをしたなと思った瞬間、「ハァッ!」と力強く気合を入れた神主姿の先生。

うわおっ!びっくしさせるなよっ!

どうやら、最後の神様へのお礼のような儀式を忘れていたご様子。
苦笑いする神主先生。だっ、大丈夫なんだろうか・・・

ってことで無事終了。やれやれ・・・

昨日はね、その準備に追われてパソコンも開けなかったのよ。

地鎮祭に必要なものを準備してたねん。

d0012167_15302884.jpg


このお赤飯はね、三角形のおにぎりにして御供えするねん。
お赤飯なんておにぎりにしたのが初めてだったから四苦八苦しちゃいました。

鯛はね、祭壇に御供えして後で家族で焼いて食べると思ってたら大間違い。
地鎮祭終了間近に土地に埋めるねんな。
新しくお清めした土をちょっと積み上げてスコップでちょこっとずつ出席者で掘り起こす。
そんでその掘り起こした浅い穴へ鯛を埋めるねん。それで終了やねんな。

でね、ここからがちょっと面白いねん。

3日後にね、この鯛を掘り出して川に流さなあかんねん。

絶対にそれを誰かに見られたらあかんねん。

ほんで、川に流してから帰るときに絶対に後ろを振り向いたらあかんねん。

そんな、掟があるねんな。

村にな、有名な川があるねん。ちっこいけど川やねん。
村の人で地鎮祭した家のご主人様でその儀式をその川で経験済みの人達がおるねん。

聞くところによると・・・
その川沿いはな、ジョギングしたり散歩したりご近所の皆さんがウロウロしてるねん。
そんなん、誰にも見られないでというのは不可能やそうで・・・

おまけに後ろを絶対振り向くなといわれたら人間、なんや振り向きたくなるものらしい・・・

さて、この大役、相方が月曜日の朝の4時ごろ決行するらしい。

「おまえも、ついて来いよ!」

って・・・
それだけは、どうか、勘弁してくださいっ!
[PR]
トラックバックURL : http://okusamayo.exblog.jp/tb/2673220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by imoan12 at 2006-02-11 21:17
お疲れ様でございました。
晴天でよかったですね。
鯛のお話、こちらではそう言う事はしないと思います。
その土地土地によるものなんでしょうね。
掘り返すのは、嫌かも~。
4時起きは、もっと嫌かも~。(笑)
Commented by Theo_C at 2006-02-11 22:04
お天気でよかったですね。 無事?終わられて 何よりでした。
鯛を埋めて 掘り起こして 川に流す。。。
しかも見られてはいけない。。。 振り返ってもいけない。。。
初めて聞きました。
いろいろな風習があるんですねぇ。 
Theo_C は きっと最後の最後に振り返ってしまいそうです。
Commented by pinko_okusama at 2006-02-12 11:13
☆ imoan12さんへ・・・
お天気がよくって助かりました。おくさまは晴れ女です^^。
鯛のおはなし、なんか、笑っちゃいけないんですけど可笑しいでしょ。
掘り返すといっても砂のような土を上からかけて猫ちゃんに取られないように上からリアカーをさ逆さまに重しにして置いてあります。
ソレもまたちょっと可笑しくって・・・。
4時起き・・・午前様の相方の帰宅時間だったりもします^^。
Commented by pinko_okusama at 2006-02-12 11:15
☆Theo_Cさんへ・・・
はい!無事?終わりました。
鯛のおはなしは初めてですか。
凄い風習でしょ。なんかおくさまは笑ってしまって・・・
いえ、真剣ですよ^^。
>最後の最後に振り返る。
人間、そんなもんですよねぇ^^。
おくさまもやっちゃいそうです^^。
Commented by marine_32 at 2006-02-13 14:46
お天気にも恵まれて無事に地鎮祭も終わったのですね。
おくさまもお疲れさまでした。
鯛のお話、初めて聞きましたわ。
そういう慣わしがあるんですね。地方によっても違うのかなぁ?
立派な鯛を埋めちゃって川に流す。
ちょっともったいないなぁなんてバチあたり? (∂。∂; アハハ…
Commented by kndkm623jp at 2006-02-14 10:17
地鎮祭~お疲れ様でしたぁ。これでやっと立派なお家が建ちますね。
しかし、まあ、、何と申してよいのやら、、、素晴らしい神主さま。
笑っちゃいけないとこで珍事が起きるのは、内心期待していないわけではないσ(^^;)だったりします。
おくさまんちの地鎮祭、参加しとうございました。
だって、久しく肩を揺らして笑いを堪えたことがありませんもの。
確かむか~し、法事でお坊さんの後ろ頭に10円剥げの後がうっすらと浮き出てた時以来。。。

ところで相方様は無事、任務を果たされたのでしょうか?
Commented by pinko_okusama at 2006-02-15 10:21
☆まりんさんへ・・・
はい!お天気に恵まれてとっても厳かに地鎮祭が終了しました。
生まれて初めての経験でしたし役者が揃ってましたので(笑)
とっても楽しい地鎮祭でございました^^。
鯛流しですが、主催する神主さんや神社さんで色々とやり方が違うようです。
鯛はね、土の中の悪いものを吸い取ってくれるそうです。
で、土に埋めて川に流すと聞いてましたので養殖の890円(税込)の
安物です。罰当りかも^^。
Commented by pinko_okusama at 2006-02-15 10:27
☆kndkm623jpさんへ・・・
素晴らしい神主さんとの出会いが一番印象深かった地鎮祭でございました。
おくさまもブログネタになるような珍事を願ってもいました。
そうそう、法事とか葬式とかで笑えない辛さがまた可笑しかったりもしますよね。

相方、無事任務を果たしました。
満月の朝だったそうです。
川に流すというよりも川に捨てた感じだったそうです。
鯛はチャポン♪と音を立てて流れハズだそうです。
おくさまは爆睡中の出来事。
by pinko_okusama | 2006-02-11 17:54 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(8)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama