おくさまのすてきな暮らしっぷり。

okusamayo.exblog.jp
ブログトップ

プリンの絵と5月に読んだ『眠りの森』のこと。

d0012167_15385218.png


Word2007でプリンの絵を描きました。プリンはぷるるん♪とした質感を意識してそれが食感につながればって、狙いで^^ちょこっとだけExcel2007で処理してみました。プリン、食べたくなったでしょ^^

背景のドット模様はWordでテクスチャを作ってみたんですけど、画像にする作業段階で苦戦。
う~ん・・・素材として発表するとこまではいかないなぁ~テクスチャ素材作りって、むずかしい。
作成手順とかはネット上にヒントがいっぱいあるのに、どっかで作業手順の見落としがあったんか、それとも、独学ではもう限界なのか・・・うまくいかない。

まぁでも自分で描いた絵の中の背景としてなら小手先でいじくり回していたらイメージ通りのができたので結果オーライ。時間はたっぷり使っちゃったけど、またひとつ、楽しいお絵描きができて満足だしうれしい^^

プリンの素材はもっといっぱい作ろうと思っている。描いていてめっちゃ楽しいから^^
そんでまたブログで発表したい。その時はお持ち帰りいただけますよう頑張りますのでよろしく~。

で、↑ の絵なんですけれど・・・

梅雨どき、おくさま、アイスばっかり食べちゃって、一年の中で梅雨時のアイスが一番美味しいって感じがする。
特にパピコはさっぱりシャリシャリしたのをチューチュー吸ってると湿気ムンムンがふっ飛びますしね。そんなパピコってひと袋ってのは2本組み。常日頃からいいオトナなんだから1本で我慢!を心がけるも、誘惑には抗えず、ついつい2本もチューチューしちゃってはお腹がP~(>_<。)
そんな感じにパリッテも大好きでしみる前歯もなんのその、寝酒のおビールのアテにもパリッテとかで肉体を冷やしきっちゃったまま寝ちゃうもんだから明け方お腹がP~(>_<。)

この梅雨どきの冷たいアイスの食べ過ぎはお腹には酷。凍ったものよりせめてお腹に優しいプリンにしたいもの。栄養も満点やし^^この時期、ちびっ子たちにもお腹に優しいおやつを・・・

まっ、そんな感じに梅雨時の冷たいものはほどほどにってことで「梅雨時のおやつはプリンと決めている」ってなお絵描きになりました^^

d0012167_16243812.png


さてっと、お絵描きにたわむれる日々ですが、近頃、おくさま軽く再読ブーム。軽ぅ~くねっ^^

先月、5月に読んだ本が3冊。東野圭吾さんの『眠りの森』と『悪意』のこの2冊は再読。そしてもう1冊は大沢在昌さんの・・・今はまだ、ひみつ。って、なにそれ?^^

この数年、ブログに読後感想文を書き散らさなくなってしまっちゃいましたけど読書は楽しんでいます^^
読後感想文を書く時間がお絵描きの時間になっちゃったってわけです。
読みたい本を月に2冊か3冊、特に読後、後味の良さも悪さも、喜びも哀しみも、いつまでもいつまでも引きずりまくるようなミステリー小説を好んでゆっくりと読んでいます。

ってことで、5月に読んだ本のこと、3冊続けて読後感想文を残しておこうと思ったんですけれど、書きだすと長いので、ってか、長くなったので、今夜は1冊だけ、書き残しておこうと思います。


それでは、東野圭吾さんの『眠りの森』。いってみよー!書きすぎて長くなった^^と、あらかじめお詫びしておきます。

d0012167_18585971.png


映画化された新参者シリーズの『麒麟の翼』を相方と観に行ったのが2012年のお正月明けのことですからもう2年も前のこと。
映画を観ながら、田中麗奈さま演じる看護師さんが映画にもまた出てたんで、なんでこの看護師さんはそこまで加賀家に係わってるんだろう?もしかして加賀刑事さんと付き合ってんの?なんで?って疑問の中でそれやったら加賀刑事さんって、あのバレリーナの女の子とはどうなっちゃったんだろうって、とても気になっちゃって、それと中学校の教師役のを演じた劇団ひとりさまに激怒し、詰め寄った加賀刑事さんの姿に、加賀刑事さんって刑事になる前は中学校の先生だったもんなぁ~と、思い出し・・・

そんな感じでずっと前に読んだバレー団で起こった事件を描いた『眠りの森』をもう一度絶対に読もうと決心を固めながらスクリーンで観た『麒麟の翼』でよもやの中井貴一にもらい泣き。そこらへん、自分でもちょっとうかつやったなと反省し・・・反省って、なんじゃそりゃ・。・ってか、中井貴一は呼び捨て^^;で、ブックオフで『眠りの森』お買い上げ。ご一緒に『悪意』も^^

東野圭吾さんの新参者シリーズは『赤い指』だけしか読んでなくって新参者シリーズの前の加賀刑事シリーズはいくつか読んだけど、もうずいぶん前のこと。それも図書館で借りて慌てて読んでお返しするってパターンの読書ばかりで『眠りの森』も慌てて読んで・・・って感じに2004年の秋に読んだ本なんです。
『眠りの森』は初めて加賀刑事さんと出会ったそんなおくさまにとっては記念すべき1冊です。それから10年・・・おくさまの人生も流れ流れて今では五十路。
そもそも『眠りの森』って1989年の作品なんですよ。結構、昔ですよね^^;って、加賀刑事さんって、今、おいくつなんでしょう^^;そんなことより加賀刑事って四半世紀も前から加賀刑事で、今の時代にもまた、加賀刑事、なんですね~すごい。

そんなこんなでせっかくブックオフでお買い上げしたのに2年間も積読放置したままにしていたらなんと、今年のお正月、『眠りの森』がドラマ化されちゃって、とりあえずドラマはビデオに録画しておいて、読んでから観るか、観てから読むかで迷いに迷っていたらずるずると5月になったってワケ。まぁ、そんなことはどうでもいいワケなんだけど^^結局、読んでから観た。そして6月も後半になってやっとこさで読後感想文を書いている。なんか、おくさま、人生の時間の使い方に問題あり。それはともかく。

『新参者』のドラマも観ているので『眠りの森』を再読していたらどうしても加賀刑事さんに阿部寛さま(以下、阿部ちゃん)がちらついて、ちらついて・・・
加賀刑事さんが阿部ちゃんで、もちろん、とってもOKなんですけれど、『眠りの森』の加賀刑事さんだけは阿部ちゃんだと、おくさま、なんか、いやなのよ。
だってここだけのはなし、初めてこの本を読んだ時、加賀刑事さんに抱きすくめられたかのような錯覚におちいっちゃって、うるっとしちゃって、とってもせつなかったんですもの。そばにいて、わたしを守って、って感じにね(さぶっ)。だってその頃、まだおくさま、バリバリのアラフォーだったしね。だから阿部ちゃんじゃない他の人がいいんです。ほな、他って誰?と、なると、誰がいいのかわかんないんだけれど。強いて言えば、相方の若い頃。ワオッ!忘れてくださいまっ、それもどうでもいいことなんですけどね。

再読しても面白い本は面白いものですね。さすがは東野圭吾さんですね。バレー団の中の独特の人間模様と謎の多い事件が上手く絡んでいて、もしかして東野圭吾さんて、まさかのバレー団出身?ってくらいの熱さと息使いを感じられるほどバレーのことやバレーダンサーたちの生き方とかが描かれていてすごく読みごたえがありました。
で、いつも描かれる女性が好きになれないだけれど、やっぱり浅岡未緒ってバレリーナ、好きになれない^^再読すればするほど好きになれない。その親友とかも。でもそこがまたクセになってしまう^^

で、ドラマ、面白かったです。
原作で加賀刑事さん、気の進まないお見合い相手とバレーを見てるんですね。事件のあったバレー団のバレーの舞台をね。で、ドラマのほうでは初っ端からそのシーンで始まってお相手があの女優さんで・・・そんな始まりがちょっとおもしろかったです。
それと、捜査で人形町を闊歩していた時みたいにチャラララッ♪って曲に乗ってニューヨークの街を捜査で闊歩する阿部ちゃんのお姿にこれぞ新参者!って感じがして良かったと思うし、ニューヨークに加賀刑事さんが捜査に行くことですごく説得力があったと思いました。事件の真相の根っこの根っこにまで加賀刑事がたどりつけるかどうかってとこも読みどころだったので原作ではそのあたりが推理まかせだけのような感じだったので。ドラマではその根っこを確実にしていましたね。
で、ちょっと気に掛かることがあって、原作では加賀刑事さんっていつもひとりで捜査しているような感じがするんですよね。捜査って2人ひと組でやるもんでしょ。なんかこう、警察組織にあまり縛られていないという感じがしすぎて、だから刑事というよりは探偵っぽさも感じてしまってたりもして。それはそれで加賀刑事さんの魅力も出しきれているのかなとも思うし、とておも面白いんですけどね。

お話を、ドラマに戻すと、ドラマでバレー団経営者の養女でトップダンサーの女性を演じた女優さんが弾力感があって健康的でとても素敵でした。。はじめて観る女優さんでした。
浅尾未緒を演じた石原さとみちゃまはとても好きな女優さんでこれからどんな女優さんになっていくのかが楽しみです。悪女も演じてほしいな。
やっぱりドラマになってもどこかバレー団の登場人物たちのことは好きにはなれない雰囲気が漂っていて、原作が活きてるな~って思いました。なんだろう、バレーダンサーのひとりひとりはそうでもないんだけどバレー団となるとなんか好きになれない人たちになってしまいます。あくまでもこの『眠りの森』って作品そのものに限ってなんでしょうけれど・・・

加賀刑事さん、あのバレリーナの女の子とは、結局、再読しても、ドラマ観ても、その後がわかんないまんまで・・・
けどこんな終わり方だと、その後の展開なんてないのかもしれませんね。あのバレリーナの女の子、可哀想だけど、またどうしようもない結末で・・・
なんでそんな終わり方しちゃうんだろうって、ずっとまえからそう。東野圭吾さんって、いつもそう。後味悪いものを残してってくれます。嫌な感じで。そんな余韻を引きずりながら次(の作品に)、手が出ちゃうんですね^^なんでだろう。

そして、加賀刑事さんって好きなんですけど、ほんまはちょっと苦手なタイプです。父子関係とかも。


続いて『悪意』のことを書き残そうと思ったんだけど、『眠りの森』を思った以上に書きすぎちゃって自分でもびっくりしている状態なので、今夜はこのへんにしておこうと思います。
長いお話にお付き合いさせちゃって、それも全く新鮮味のないお話におつきあいさせちゃって、いつも、ありがとうございます。
次、更新するときは、『悪意』と初めて読んでだ大沢在昌さんのミステリー本の読後感想文を書こうと思っています。できれば6月中に^^


では、今夜はこのへんで・・・

このブログ、書き始めてた時は24日だったのに25日になっちゃった^^;
さあ、25日!もう負けられないって戦いが始まるんですね。おくさま、ルールが、わかんなくって・・・
世界って広いですね。広い世界で伸び伸びと自分を精一杯に表現できたら幸せだろうなぁ~けど、結果を出さないといけないのがスポーツの世界なんですよねぇ~どんなに厳しくっても前へ、前へ、がんばれ!~みんな!~日本のみんな!がんばれ!おくさまはきっとそのころ、爆睡だと思う。相方は、まだお帰りになりません^^;


ご訪問ありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://okusamayo.exblog.jp/tb/20843629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by skuna@docomo.ne.jp at 2014-07-06 20:52 x
実はブログが出来てからお気に入りに入れててチェックしてたんです。

こんな風に書き込むのは初めてだし、もしかしたら承認されないんじゃないかなぁって思ったんですけど…

実は家族のこと、とくに子供のこととか、別れた旦那のことで凄くつらい思いをしてた時に、色々ブログをさまよってたら、こちらのブログにたどり着いたんです。

いつの間にかこの素敵なブログの世界観に吸い込まれて、なんだか私自身が救われた気持ちになれたのは言うまでもありません。

こんな風に自分が正直になれたり、凄く感謝してる思いです。

勝手にこんなこと言われても困っちゃいますよね?ごめんなさい。。。

もっともっと知りたくなったっていうのもあって、私の直接の連絡を入れておきました。

こんなに素敵なブログの管理してるんだから、ご自身にも魅力があるんじゃないかって・・・勝手に思っちゃって、私の連絡のせておいたのはそれが理由なんです。(もし迷惑だったら削除して頂いても構いませんからね。)

ちょっと不安定な天気が続いちゃいますけど、風邪とか気を付けてくださいね。お身体ご自愛ください。
Commented by pinko_okusama at 2014-07-20 19:49
☆skunaさまへ・・・
こんばんは。ご訪問ありがとうございます。
コメントを頂戴しておりましたのにお返事が遅くなり申し訳ございません。こんなところにまでたどり着いてくださり、うれしいお言葉を頂戴し、ありがとうございます。

わたしのブログはここへ遊びに来てくださる皆さんのおかげでゆるゆるぼちぼち続けてくることができました。
書きたいことをありのままちょっと大げさに^^書き散らかしているだけのブログですが特にリンク先のみなさまがとってもおおらかで愉快で温かくって人生を心こめて楽しんでらっしゃる魅力的な方たちで、そんな自慢のブログ仲間に恵まれてわたしのブログ人生も幸せなものになっています。
更新率も低く、コメントのお返事も遅すぎるにもかかわらず気長にお付き合いしてくださる仲間のみなさまとともに思ったことを無邪気に書き散らかすスタイルでブログを続けていますので、これも何かのご縁だと思います、どうぞ、お気軽に遊びに来てください。
こちらはもうすぐ梅雨が明けそうです。暑い夏が来ます。体に注意して楽しい夏を過ごしたいと思っています。ありがとうございます。
Commented at 2014-09-05 14:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-09-05 14:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pinko_okusama at 2015-12-23 23:18
☆ 2014-09-05 14:49  鍵コメントさんへ・・・

コメント、頂戴してましたのに、お返事が遅くなってしまって、すみません。

男って、いつまでも、男って方、いらっしゃいますよね。うらやましいなぁ~
タッチってある意味、スキンシップだと思うんだけど、相手がどう受け止めるかで
状況が変わってきますよね。
わたしはそういうスキンシップで触れ合おうとしてくれる殿方は素敵だと思うけど・・・
受け止める側が、どう受け止めるか・・・なのでしょうね。

油断禁物ですけど、あんまり、型とか数値とかに、こだわりすぎると、しんどいですよね^^
荷を降ろせる日って、来るのかなぁ~そのときは、天国ってことになっちゃってもねぇ~
生きるって、何かを背負ってるってことなのかな。でも、快適に長く生きたいですよね。

そう、健康が一番ですよね。この歳になって、切実にそう思います。
by pinko_okusama | 2014-06-25 00:33 | 暮らしっぷり。 | Trackback | Comments(5)

専業主婦・おくさまのすてきなはずがすってんころりんな暮らしっぷり。そんなえらいこっちゃでそやけど幸せな日々の記録です。


by pinko_okusama